Toggle

お独り様会とは

 

お独り様会とは

お独り様会は、未婚・離婚・死別で独身の方々が、文集やオフ会を通して想いを共有し、同性や異性のお友達を作る会です。「独身」という共通点をもつ方たちがゆるやかにつながることができるのが大きな特徴です。 結婚紹介所との違いはこちら

お独り様会の主な3つのサービス

1. 会報誌「しゃぼん玉ノート」お独り様会 シャボン玉ノート
毎月、郵送等でお届けする会報誌には、主に「オフ会や交流会の予定」と「会員さんの様々な思いや日常の寄稿」が掲載されています。

 

 

2. 事務局主宰のオフ会や交流会交流会オフ会
オフ会は、会員4人以上の参加で開催が決定するもので、ランチ会、飲み会、女子会、世代別のオフ会など様々です。事務局スタッフが企画と店の予約を行いますが、在席はしません。参加は会員さん限定で、食事代実費以外は無料です。

お独り様会の様子(北海道)

交流会は、多くの会員さんが一堂に会するイベントで、年代不問の「お独り様交流会」と、20~50代限定の「2345交流会」の二種類あります。事務局スタッフが進行を務めます。非会員の独身者も有料で参加できます。

昨年2016年度は、北海道ではオフ会と交流会を計 91 回(事務局主催82 回、会員有志主催 9 回)実施し、参加者は、のべ 1,327 人(あたま数 193 人)でした。

体験交流会について(北海道)

3. 会員主宰オフ会7月21日 祝日の会員交流会
会員有志は、仲間と一緒に楽しみたいオフ会を企画できます。これまでに、日帰り温泉、小旅行、パークゴルフ、クリスマス会、食事会や遠足、バーベキュー会などが開催されました。

 

お独り様会の沿革

2011年4月 北海道庁の補助金を経て、住民の孤立を防ぐ事業としてNPO法人ボラナビが「お独り様会」をスタート。
2011年9月 NHKおはよう日本で、「会報誌」をメインにお独り様会が全国に紹介される。
2013年4月 補助金期間が終わり、自主事業として継続。
2014年9月 NHK全国放送「ゆうどき」でお独り様会が10分間特集される。
2017年5月 NPO法人ボラナビの総会決定を受け、NPO法人ボラナビ代表理事の森田が、東京でお独り様会を展開するために合同会社エラを設立(NPO法人ボラナビのノウハウを活用する代わりに、東京の売上の一部をボラナビに支払う契約)。

これまでに、マスコミさんにも何度も報道されています。こちら

事務局メッセージ

みなさん、こんにちは。

お独り様会は、「独身」という共通点をもつ方たちがゆるやかにつながる会です。

同性・異性の友人づくりと思い出づくりを支援するため、オフ会や交流会の開催、毎月の会報誌発行、会員専用インターネット掲示板の運営などを行なっています。会員さんの年齢はさまざまなので、同年代同士の交流もできるように工夫しています。

私たちのミッションは、独身者のアドボケータ―(権利擁護・代弁者)となり、「お独り様」時代における絆(きずな)を追求することです。非婚で長寿の時代であり、離婚率も高止まりのため、お独り様は日本史上で最も多くなっていくと予想されています。

既婚者も、いずれは死別か離婚により、(少なくとも自分か配偶者は)独身に戻ります。そのため私たちは、お独り様会を楽しく盛り上げることで、全ての人に対するセーフティーネットの役割も果たせると考えています。

独身の方は、ぜひ入会してみませんか。

ページトップへ戻る

Return Top