死別から立ち直りたい・立ち直るために

配偶者と死別された方から頂いた寄稿です。「死別から立ち直りたい・立ち直るために」とのお気持ちや日々の暮らし、心がけなどを抜粋しました。

死別から立ち直りたい

40代男性
3年前に妻を亡くしました。子供も無く喪失感だけが残りました。突然一人になり、心のさみしさは言い表し様がありませんでした。仕事で孤独を紛らわしても、家に帰ると時間が止まっています。自分でもこのままではいけないと思っています。前を向いて再出発のきっかけを探したいと思います。

50代女性
主人を昨年、病気で亡くしました。まだまだ立ち直るのに時間がかかりそうです。

50代女性
先日、最愛の人をがんで亡くしました。私の楽しみといえば、毎日の仕事が終わって一緒に晩酌をして、お互いその日にあった出来事、グチなどで呑む時間がとても幸せなひとときでした。定年退職したら、キャンピングカーで旅をするのが夢でした。

今、一人になり、家族、友人は心配して優しくしてくれます。でも何か心のよりどころがなく、「この気持ちは同じ境遇でないと分からないのでは」とか、「この先何を楽しみに、何を目標に生きて行ければいいのか」と考えてしまいます。

50代女性
夫を亡くして早や9年…。長くて短い9年間でした。よく、死別女性は強く、元気になるのが男性より…と申しますが、果たしてそうでしょうか?泣く回数は減ったかも知れません。でも想い出す回数は前より増えたかも?

50代女性
6年前に主人と死別しました。今は母と生活しています。介護ストレスや今後の不安で、薬なしでは眠れない状態です。残りの人生を少しでも実りあるものにしたいです。

50代女性
寒い日ばかりで、すっかり出不精になってしまった。この季節、家の中に閉じこもっていると、2年前に亡くなった夫を思い出すことが多くなり、やっと前向きになっていた気持ちが迷路に入りそうになる。

そして若い時と違って足、腰の筋力が衰えてしまいそうで、「だめだなー、これでは」とハッパをかける。

50代男性
ここ数年というもの、とても涙もろくなってきた。TVのドキュメンタリー等で悲惨な話が映し出されると、涙がこみ上げてくることもある。若い頃はこんなこと決して無かった。そうだな、それまでは涙を流すような悲しいことが無かったからなんだ。それだけ幸せだったんだろうな。

個人的には激動の年だったかも知れない。諸々の事情より母との同居を決めた後、まず会社を辞め、家をリフォームして、母を引っ越しさせ、やっと荷物も片付いて落ち着いたなと思ったら、母が倒れてしまい帰らぬ人となった。自分の老後のためにリフォームしたみたいになってしまい、本当に虚しい。

ここまで書いたら、また悲しくなってきた。悲しいことはもう終わりにしたい。

50代男性
4年前には妻が、今年は母が、遠くへ旅立って行きました。残された者には思い出と悲しみが残りました。

でもいつまでも悲しみに浸っているわけには行きません。無念の想いで先に逝ってしまった人の分まで、残された人がとにかく生き抜いていかねばと思っています。

60代女性
秋も深まって、葉を落として樹々も一段と寒そうです。一人で登っていると、その美しさと静けさが身に染みます。小鳥やリス達も心を和ませてはくれるのですが…。

水泳仲間や他の友達も声を掛けて下さいますが、それぞれにダンナ様や家族も有ると思うと、つい、一歩引いてしまいます。

夫が亡くなってから4年余り、私も大きな病気を克服したばかり…。この辺で元気にならないと応援して下さっている皆様に、申し訳ありませんよネ。

60代女性
人の一生を四季にすると、今の自分は玄冬です。

青春~緑多いキャンパスで出逢い、恋を知った日
朱夏~就職し、結婚し、生活を営むのに必死だった頃
白秋(錦秋)~長い間積み重ねてきた人生の終盤に、沢山の実りを手にする(はずだった)日
玄冬~雪に閉ざされ、家の中で1人とじ込もる日々

(白秋を私はあえて稲穂の実る収穫の秋、山々が紅葉する彩りの秋として錦秋としました)

長い長いトンネルの様な閉ざされた冬…
いつ春が来るかもわからず、身を小さく丸めて穴の中に冬眠する熊のように…
今はじっと春を待ちます。
きっといつか、雪が融けて暖かい日差しが私にも差し込んでくることを信じて…。

60代男性
長年勤めていた会社を定年退職後、趣味と旅行などを楽しみにしていました。その矢先に家内の病気が深刻となり、一転して看病の毎日。その家内も看病の甲斐もなく他界してしまいました。

その後は気が抜けて、何事にも意欲が無くなってしまい、何か行動しなければと思うのですが、なかなか前に進めません。

70代女性
50年前の私。アルバムにいろんな思い出が一杯詰まっている。幼少から現在まで、さまざまな出来事が… こんなにも大切にしまい込んでいたのかと…。

自然の流れで楽しかったOL時代、そして結婚、子育てに専念、その後自分の時間にゆとりが出来、カルチャーに趣味に没頭できた。
あの頃に戻りたい、戻れない。この空しさ「わかって下さい」。今は、ただCDを静かに聴いている。時折の子供らの声かけは有りがたい。でも、やはり落ちつきはありません。「夫を残して先に逝けない」を口ぐせに言っていたのに、自分は、ホロ、ホロと涙で熱くなるのです。

さあ…!こんなことはしてられない。

70代女性
夫と死別、娘の近くに引越しをしてきました。慣れない都会のマンション生活にしばらく落ちこんで居ましたが、これではいけないと思い、卓球などに行き始めました。でも、家に帰ってくると一人で、早く夫の所へ行きたいと何度も思います。

死別から立ち直るために

50代女性
少しずつ元気でいる今でも、突然どうしようもなく夫に逢いたくて、夫が着ていたセーターを抱きしめ、思いきり泣いています。声を出して泣くといい。それで悲しみ、寂しさが減る訳ではないですが、がまんする事を一つ減らすだけでも、少し楽になれる気がします。

家にいても夫との想い出ばかりが残っていて、外に出たら少しはと思ってみたものの、夫婦で買い物する姿を見て、私にはもうできなくなってしまったとか、どこにいても、どこを見ても悲しいことだらけで、そしてそれをがまんしていたから、心の中がパンクした。精神的に不安定になり、今も安定剤や眠剤を手放せません。

泣く自分がいてもいいから笑う自分もいるようにしよう、そう思うことに…夫に甘えっぱなしの今までだったけど、いつか迎えにきてもらった時、沢山話すことがあるように、一人になった人生を元気に歩いて行こうと思います。

60代女性
私は主人と33年、結婚生活を致して居り、男の子二人に恵まれ、それはそれは幸福な生活でした。でも、主人が退職後1年で脳梗塞で他界。私は病気持ちになり、暗い生活が続きました。寝ても覚めても生きる業をなくしてしまい、死ぬことばかり考えていた日々でしたが…。

こんな生活をして子どもの重荷になってはいけない、と気を取り直しました。外に出て、人と接する事をしなければ、と必死の日々。私に気を向け、親切にして頂ける人達にも出会いました。また、母の介護が私のやる気を起こしてくれたのでしょう。やっとやっと一人歩きが何とか出来る様になり、これからの人生(余生)を母の事を一番にと思う日々です。

今は何とか充実した日々を送って居ります。今年で満100才に成った母を、またもう一年、絶対ケガや病気をさせず守って行きたいと願っております。私の体力の続く限り、母と一緒にいたいと思います。

60代女性
二人の子供の独立、夫との死別、色々な事がありました。

特に、夫との別れがなかなか受け入れられず、立ち直るのに、とても時間が掛かりました。寂しさを紛らわせるために、カルチャースクール、資格取得、派遣社員等々、色々試してみました。

なかでも、老化防止の為に始めた『麻雀』にはまってしまいました。いわゆる『健康麻雀』と巷(ちまた)では呼ばれているものです。昔の悪いイメージとは違って、純粋にゲームを楽しむのです。同じようにマージャン大好きの方達と、週に1~2回集まって楽しい時間を過ごしています。

60代女性
夫に突然先立たれてから2年半経ちました。兄妹も子供も無い私は、荒野に一人置き去りにされたようで、ただただ半年間泣き暮らしておりました。夫の姉妹夫婦と私の昔からの友人に助けられて、なんとか自分をとりもどしつつあります。

都会の友人に、そんな淋しい田舎に住んでいないで出ておいでと言われ、すぐアパートを借り、いつでも出かけてこられるようにしてから気持ちが明るくなりました。いずれ自宅を売却して転居するつもりです。

60代女性
夫が亡くなり2年経過しました。家で話し相手がいなくなり、休日も仕事にでてしまいます。近くに友人、知人もいないので、生活のきりかえが必要と感じます。

60代女性
痩せに痩せていた私が、少しづつ太りだして来ました。知らぬ間に元の体重を超えて、70kgの大台は目前。冬期肥え。これではいかんと、春三月末から桜旅をする事にしました。一人旅です。お友達をさそっても御主人がいる人だったり、お孫さんのお守だとか、皆さん御家族のある方々ばかり。結局一人旅になりました。

旅に出ると、しばらくは元気で居られるのですが、戻ると何もする事がないので、だんだん元気がなくなり、1週間も全然戸外に出ないでいる事も多いです。おひとり暮らしの皆様は、日頃どんな生活をしていますか?ひとりあそびの方法、楽しく暮らす方法などおしえて下さい。

60代男性
あなたは、どうして、そんなに明るく振る舞えるのですか。
こう聞かれたことがあります。

妻や夫を喪った(うしなった)悲しみは、察するに余りあります。私も同じ。何度も慟哭(どうこく)しました。でも、泣けば泣くほど辛くなるのです。その辛さ、苦しさをやわらげたいのです。だから、笑うことにしました。悲しい顔を見せるより、元気な顔を見てもらいたい。ただ、それだけです。

大好きな言葉があります。

泣いて一日
怒って一日
悩んで一日
どうせおんなじ一日なら
思いっきり笑って一日

60代男性
昨年妻を亡くし、一周忌も終えて少し気持ちの整理もついて来ました。親族が経営する会社に勤務する傍ら、不動産業をしていまして、仕事については現役です。

健康の為に始めた社交ダンスのサークルにも参加しております。何年もやっていらっしゃる方も多く、私などは始めたばかりとはいえ一番下手ですが、何とかついていこうと思っております。

一人息子は現在九州で働いています。一昨年に嫁さんをもらってそれなりにやっているので、心配はしていません。

私は学校を出てから建設会社を始め何社か替わり、三十才位から不動産関係の仕事が主になっております。今もその延長線上です。

妻とは死別です。息子が大学生の時に癌にかかりました。亡くなるまでは、比較的元気に家の雑事をこなして生活しておりました。いま振り返れば、突然ではなく癌の宣告からある程度の時間があったので、少しづつ気持ちの整理も出来たのではないかと思っています。

一生忘れる事はないでしょうが、引きずらないようにしようと思っております。

ゴールデンウィークの後にゆっくり九州旅行を計画しております。一人旅なのでマイペースの気ままな旅になりそうです。還暦を過ぎていますが、気持ちも体力も若いつもりです。

70代女性
夫に死別した直後、急につかまる所がなくなり、悲しみと言うより不安と恐怖で混乱していました。当時私は今より体重が13kgも少なくて(今の体重はヒ・ミ・ツ)、顔色も悪く、大好きな化粧をするところまで気持ちが廻らなく、尖った顔の怖い顔で亡夫のことばかり考えていました。時折、友人がお茶に誘い出して下さっても、場所柄もわきまえず、いま自分がどれだけ辛くて悲しいか、夫がどれだけ優しかったかなどを繰り返し話していました。

ある時、そんな私の顔をジッと見つめて、友人が「また、その話?」と一言いいました。私はハッとしました。周囲の人達の優しさに甘え、会えば暗い顔で愚痴ばかり並べ立てる私に、友人達はうんざりしていたのでしょう。それでも私を勇気づけようと、言葉を選びながら気長に付き合って来てくれたのでしょう。何て恥ずかしい哀れな姿をさらし、友人達に迷惑をかけているのも気付かずにいたのか、何て馬鹿なんだろうと思いました。

手負いの動物達は、山の奥深くに分け入ってひそかに傷を治すという。私も自分の心は自分の手で癒やそう、と決めました。以来、四年近く友人達とも会わず、極力外出も控えて引きこもりました。こんな立派な理由ばかりではなく、世間を歩いている人達がみんな幸せそうに見え、自分だけが惨めで不幸に思えて、誰にも逢いたくありませんでした。

その間、気の済むまで供養三昧でした。朝・夕、お経を二種類唱え、炊き立ての白いごはんを丸めて供え、精進料理やおりく膳、亡夫が好きだった甘いお菓子、生花は絶やさず、大小さまざまな仏具で飾り立てた賑やかな仏壇の前で、心ゆくまで亡夫と語り合いました。

そして、ゆっくりゆっくり、もう夫はこの世には居ないんだと自分に言い聞かせながら、夫の死を受け入れて参りました。

元気を取り戻し、笑顔で人さまの前に出られるようになった今、あの四年間は私にとって必要な年月だったと思います。

70代男性
お独り様暮しの淋しさを紛らわすために家庭菜園が大変役に立っています。わずか10坪ほどの小さな畑ですが、いろいろな種類の野菜類が順々に育っていて、その時々の新鮮な栄養を提供してくれます。

春一番は「フキノトウ」が芽を出してくれます。フキノトウが育って「京ブキ」が良い香りを食膳に添えてくれます。
「二十日大根(ラディッシュ)」の酢の物、「ホウレンソウ」のみそ汁、つづいて「サヤエンドウ」を茹でてマヨネーズで食べるのが何よりの楽しみです。どんどん育つので毎日のように食べています。続いて「ササゲ」が採れるようになります。そのうちに「キュウリ」が大きくなり、一株植えても一人では食べきれません。「トマト」「ピーマン」に早く食べてと催促されるようになります。
「ジャガイモ」も土の中で出番を待っているのが目につきます。

春になると畑の耕作を始めます。堆肥を混ぜ、畝(うね)を耕して種まきをするのが楽しみです。込み合った芽を間引きして、大きく育つように手を加えます。草取りと追肥に休む暇なくお付き合いをさせられます。

このように、家庭菜園は人生の伴侶といってもよいほどの友達ではないでしょうか。これが私の健康の秘訣だと思っています。

死別から立ち直りつつある

40代女性
闘病生活の結果、3年前に主人を亡くし、ココロも体もぼろぼろになってしまいました。お互いに価値観が一緒で、なんでも話せる夫婦で、大親友でもありました。自分の片割れがなくなってしまったようで、さみしくて、苦しくて、涙が止まりませんでした。

今は、さまざまな癒しで、悲しみから、やっと立ち直りつつあるところです。

そろそろ前に出発しなくては、と思っています。気持ちを分かってくださる、または分かりあえる方にお会いしたい…。年齢、性別関係なく、新しいお友達も作りたいです。

50代女性
夫が病で亡くなり、三年が経ちました。

子供が巣立ち定年退職したら、夫婦でのんびり旅行やコンサート、映画館や食事などへ出かけ、第二の人生を楽しもうと考えていましたが、それも叶わず、夫は働き盛りで、年金を一度ももらうことなく旅立ってしまいました。

絶望、悲しみ、喪失感、怒り。そういった感情は、家族や周りの友人の支えや時の流れが薬となって徐々に薄れていきました。

50代女性
自由で楽しそうでいいね」とか「無理して明るくしているね」と言われます。どちらも当たっている私です。楽しい時間を沢山つくるようにしてはいますが…。

50代女性
主人と死別して9年が経ちます。なかなか立ち直ることはできませんでしたが、少しずつ落ち着いてきました。お独り様にはまだ慣れずに淋しく感じることあります。

50代女性
今月誕生日だったので年齢が1つ増えました。

夫の写真に向かって「アナタの年齢に2つ近づきました。同じ年まで元気でいられるでしょうか?それとも越えて元気にしているでしょうか?どうか、ずっと見守っていてください」と手を合わせながら、昨年はそれどころではなかったなーと、振り返られる私がいました。子どもたち、孫に花やケーキをプレゼントされ、久しぶりに嬉しい涙が出ました。

夫のいない2度目の誕生日でした。

50代女性
夫を亡くし1年が過ぎ、本当に泣いてばかりだった。でも、寂しいけど、この頃泣かなくなった

50代女性
自分自身を振りかえって、いざ語ろうと思ってもとても難しく、日が過ぎました。主人が倒れたまま急逝し10年がすぎました。悲しみはいつも同じところにあり変わることがありません。そんな自分でいいのだと受け入れられたのは、ここ数年の事です。

50代男性
妻を亡くして4年経ちます。苦しい時期を乗り越え、やっと落ち着いてきました

50代男性
2年前に妻を亡くしてから、休みの日には読書をしたり、DVDで映画を見て、独りで過ごす日々が続いています。家を片づける訳でも無く、まるで2年前から時間が止まったような感じがします。

外へ出て、人の会話や活動をしたいと思うようになりました。

50代男性
今、猫と「ふたり」暮らしです。寂しくもあり楽しくもあり。
雨の日も晴れた日も、夜空の無数の星も、あるがままに感じ取れます。

60代女性
私は3年前に主人を亡くし、今は少しずつ元気を取り戻しつつあるところです。元気だった頃は主人と一緒に野球観戦、パークゴルフと卓球、カラオケ等、町内会の同好会に入り楽しんでいました。

私は30年位前から、同じ先生の元で女声合唱団に入り、充実した人生を送っておりました。しかし、主人の闘病生活から、すべての趣味を止め、付き添いの毎日でした。1年余り、共に戦ってきましたが叶いませんでした。

60代女性
死別後4年目の春、一人住いの母が施設入所となり、田舎の実家の処分が私に託されました。4~9月までかかって、一軒の家の整理が出来ました(地元の友人、知人、親戚の方々のお力を借りて)。この5ヶ月間が私の自立と自覚を促してくれた様でした。

60代女性
主人をガンで亡くし丸7年が過ぎました。私は60歳で、主人と2人、これから旅行したりして楽しもうと話していました。しかし、夫は8ヶ月の闘病で旅立ってしまいました。

悲しんでばかりいられません。気持ちを切り替え、現実を受けとめて、近頃はおひとり様生活も上手に出来る様になりました。望んだ自由ではないけれど、その自由を生かし、今は習字、卓球、水泳、菜園と、上手ではないけれど自分なりに楽しんでおります。

60代女性
私は七年前に主人を亡くし、四人の子供達もそれぞれの道に進み、四人の孫に恵まれ、今、倖せなのだと思っています。そう思えるまで、いろんな事がありました。人とのかかわりの中で学ぶ事がたくさんあります。

60代男性
昨年三月に妻を亡くして半年後、妻が一緒に連れてきたシーズー犬(13 歳)も突然亡くなりました。私自身も仕事を辞めたばかりで二重の悲しみの中、ペット・ロスになりかねないと思いました。それで、近所のペット・ショップに子犬を見に行くと、何と価格は20万円以上!もします。

なんとか、いい方法はないかと思い、市に相談すると、「動物管理センター」へ行ってみるようにといわれました。そこは、迷い、あるいは捨てられた状態の犬、猫がいました。

年齢はいろいろです。しかし、気に入るようなものはなかなかいません。帰りがけに、小さくて茶の犬(チワワ)が振るえているのを目にしました。担当の人に「この犬もらっていいですか?」と尋ねると、「明日土曜日に抽選会があります。それに参加して下さい」と言われました。

なんか気のりしなく、クジ運はまったくのダメ人間です。

翌日行ってみると、その小犬の希望者は、私を含めて6人います。皆さんは事前にインターネット等で情報を得て来たようです。初めにジャンケンでクジ引きの順番を決めると、なんと私が一番でした。それから、封筒にトランプが入れてあり、Aを引くと当たりです。当然に私が一番目に封筒を引くと見事当たり!あまりの出来事に驚く暇もなく、狐にだまされた感じとはこのことです。他の5人もアングリ状態です。推定3歳のメス犬を戴き、とても不思議な思いをして帰宅しました。飼い犬が亡くなって、わずか12日後のことでした。

~後日談。この犬は妊娠していたのです。たぶん、センターの獣医師も知っていて隠していたようです。後で「いらない」ということが出来ないシステムになっていました。また、飼い主もなんらかの事情で手放したのかも?約1月後に病院で帝王切開で出産しました。
今は黒の小犬と母犬がいます(※1匹死産、1匹は虚弱で処分してもらいました)。毎日、忙しく可愛い犬の世話に明け暮れる日々です。私も年ですし、この子達を全うしてあげられるか心配です。でも何か、「世にも不思議な物語」をみているような、あの世の妻が「そうすれば」と言わんばかりの出来事でした。~ジャンジャン~

70代男性
四年前に妻を亡くし、一時はどうなることかと思いました。くも膜下や弁膜症で病院通いはしていましたが、今日、明日の命とは考えもしていませんでしたから。ひと月くらいは何も手につかず、ただ茫然と日だけが過ぎていきました。何かしようとしても、ちょっとしたことが分からない。それだけで頭の中が真っ白になってしまうのです。

そんな状態から私を救ってくれたのは、小さな借り農園でした。キュウリやトマト、インゲン等が、雑草の茂みの中で私を待っていました。少しばかり心の中の何かが、洗い流されて行くようでした。

妻を失ってからしばらくの間は、人と会いたくないし、電話にも出たくありませんでした。朝のごみ捨てのときなど、お悔みの挨拶を受けるのが一番苦痛でみじめな気持ちになりました。

でも、菜園に行ったおかげで、この状態から早く抜け出したい、早く普通の精神状態に戻らなければと云う気持ちが強まっていきました。意を決して、休んでいた囲碁の会や、水泳教室に顔を出したのは2ヶ月目くらいだったでしょうか。あとで、仲間から「*さんは立ち直るのが早かった」と云われましたが、一年間は地に足が着いていなかったように思います。時が解決してくれると云う気分も味わうことができました。

お独り様会会員様の寄稿から抜粋しています。

お独り様会
独身の「友達」を作ることから始めませんか

独身者限定で、同性・異性の友人作りを目的とした会です。

未婚・離婚・死別の方々が「友達をつくりたい」「結婚相手を見つけたい」「同じ独身の方と気持ちを共有したい」などの目的で入会し、会報、LINE、オフ会、オンラインコミュニティサロンなどを通して日々交流しています。

会費:月額1,980円
20~34歳の女性は無料
詳しくはお独り様会