会員さまの寄稿 独身(50代 男性 未婚)②

寄稿トップへ

パートナーとして友達として

人と人とのつながりを大切に参加し、友人としてパートナーとして友達として、会話などできることをしたいと思っています。


交流といったプロセスなくば

マッチングアプリにて伴侶を探しておりましたが、どうも上手くいきません。
こうしたものに思うことは、結局便利な道具の機能で大事なお相手を探そうとするのが違うのかなと。一番大事なことを面倒くさがっていたことに気づきました。
交流といったプロセスなくば、伴侶を得るといった結果には到達しません。よろしくお願いします。


ここでの時間が大切な時間になれば

札幌に越してきて知り合いもいませんでしたが、お話しできる仲間ができたら良いなと思います。
ここでの時間が大切な時間になれば良いと思います。


たくさんの方と知り合って、いろいろな話をしたい

体験参加させていただきました。初参加ながら、リラックスして会話できたと思います。
さらにたくさんの方と知り合って、いろいろな話をしたいので、入会することにしました。
宜しくお願いします。


気がつけばお一人様でした

いつも一歩を踏み出せず気がつけばお一人様でした。
この状況を変えたく、交流の輪を広げたく入会しました。
どうぞよろしくお願いします。


残りの人生を共に過ごせる伴侶が見つかれば

インターネットで検索していて興味を持ち入会させていただきました。
周りの人からは、見た感じ若いとよく言われます。
独身のままでいると何かにつけて不安なので少しでも多くの人との出会いを通じて残りの人生を共に過ごせる伴侶が見つかればと考えています。


最近「ひとり」であることを実感

両親が他界し、親戚とも疎遠になってきて、最近「ひとり」であることを実感しています。
職場でも所帯持ちとの人とは話題が合わず隔たりを感じることも少なくありません。
この会を通じ同じ境遇にある方と気兼ねのない交流が出来ればと思っています。


男女を問わず幅広い年齢層の方々と

男女を問わず幅広い年齢層の方々と集まってお話しできる機会が、普段の生活では減ってしまって、そういう場があればいいなあと思っていたところ、偶然この「お独り様会」を知りました。
関西出身で、もともとは話好きですので、皆さんと色々なお話が出来ることを楽しみにしています。
よろしくお願いします。


つれづれ日記

つれづれ日記

最近「レコード」がブームになっているとか。

ソニーもレコードのプレス機を再度導入したとか言う話題がありましたね。
某週刊百科ではビートルズのLPを発行し始めましたが、ビートルズのファンはもともとLPレコード世代だったので買う人いるのかな?
若い人はやはり興味を持つのでしょうか。

あとカセットテープも復権しているそうで、本当の「ラジカセ」も発売されているみたいです。
(カセットプレイヤーが無いのにラジカセって言ってましたから)
CDが出る前は、車で音楽を聞くとき、LPレコードをカセットにコピーして聞くしかなかったし、カセットにもこだわりがあって、TDK派、ソニー派、マクセル派などが張り合っていました。(ちなみに私はフジ派)。
レコードやカセットをひっくり返したり、めんどくささとか、アナログ感が何とも楽しい。

今では死語になった感がある、エアチェックもずいぶんとやりました。
FM雑誌も何種類か発行されていましたが、今はすべて休刊。
こちらも復活してほしい。私は未だにオープンリールデッキを持っています(若い方、わかります?)

知り合いの小学生がアマチュア無線の免許を取りたいと言うので(詳しくは8月号をご覧ください)、おじさん(私のこと)言いだしっぺだから先生やってよと頼まれて夏休みに講習会?を開催。

何しろ免許を取ったのは20年以上前で、免許さえ取ればあとは忘れてしまっても大丈夫だと思っていたので大変なことになりました。
私も2級を受ける予定なので復習になったから良かったけど、まあ小学生は頭がまだやわらかいので覚えが早い。
問題集見ながらわかったふりをして教えるのが精いっぱいでした。
勉強よりも他のことに夢中になっていた気もするけど。
みんなちゃんと勉強したから大丈夫でしょう。

余談 ウルトラマンについて余談・・じゃなくてフォローをしていただきありがとうございました。


実家で独りで暮らしています

※事務局より/会員さまの掲示板に投稿された文章をご本人さまの許可をいただき転載します。

初めまして。今まで入会するかどうか迷っていましたが、このたび入会いたしました。

私は函館に住んでいる地方公務員です。反復性うつ病性障害と心原性脳塞栓症という病気になりましたが、何とか仕事には行っています(かなり疲れますが)。
もっと早くに結婚しておくべきだったと後悔している私です。
もし、私に興味がある方がおりましたら、コメント、メールをいただければありがたいです。
よろしくお願いします。

自己紹介です。

釧路生まれの函館育ち。小、中、高校と函館で過ごしてきました。
その後、進学で登別に 2 年ほど住んで、再び函館に戻ってきて、民間企業に就職しましたが、体調を崩して退職。
3 年ほどフリーター生活をして、ある時、ふと目にとまった北海道職員採用試験のお知らせという冊子を読んで、ダメ元で試験を受けたら、合格してしまいしました。
その後、江差町、岩見沢市、江別市と引っ越し、また函館に戻ってきました。
20 年ほど前に過重労働から反復性うつ病になり、5 年前には心原性脳塞栓症という病気になりましたが、幸い軽い書字障害が出ただけで、うつ病の方も今は落ち着いています。
2 年半前に母が悪性リンパ腫で亡くなり、父も認知症で市内の施設に入所しています。

今、私は実家で独りで暮らしています。とても淋しいです。
今思えば、チャンスは沢山あったのですが、悲しいことに気がついたら50を過ぎていました。
この歳になると、いわゆる合コンも年齢制限で出られなくなり、結婚のチャンスはますます狭まってきています。
大手の結婚相談所に入会しようかと思いましたが、入会していた知人が全く理想の女性に巡り会えなかったという話を聞いて、入会をやめました。

もし、私に興味がある方はぜひ連絡をください。電話番号は*、LINE ID は*です。
よろしくお願いします。


知り合いのジンギスカンパーティー

6 月某日、知り合いのジンギスカンパーティーに招かれて、参加しました。
大人約 10 人、その人たちの子供7人。

食材の用意(買物)から、終了後の後片付けまで、子供たちにも手伝ってもらって(社会勉強?)楽しい時間を過ごしました。
で、たまたまメンバーの中にアマチュア無線の免許を持っている人がいて、私(免許あり)と無線の話で盛り上がり・・・。「じゃあちょっとやってみようか」と言うことになりました。

その人が車を運転して運用(モービル・ハムと言います。モバイルの語源ですね)、私が現地で?運用することにして、交信開始。
実は私、約 20 年交信していなかったのですっかり交信方法を忘れてしまい、手に汗握って運用したのでした。

交信の様子を見て、聞いていた子供たちの目はキラキラ。「おもしろ~い」と興味津々。
「私もやりた~い」と言われたけど、「免許ないとだめなの」と、ルールはキチンと守らせました。
モービルが帰還してから「みんなで免許とろう!」と全会一致で可決。

4 級なら小学生でも勉強すれば取れるので、じゃあ夏休みにみんなで勉強しましょうとなりました。
まずは免許を取って、いろんな人たちと交信して、海外とも交信となればもっと楽しくなると思います。
こんなふうに大人がきちんと楽しさを教えてあげれば興味を持ってもらえるんですよ。
私が無線から遠ざかってしまったのは、「無線ごっこ」みたいな感じで、一人で長々とおしゃべりをしたり、ルール違反を見て見ないふりをしている人たちが増えて嫌気がさしてきたのが原因でした。
子供たちが長く続けてくれれば良いなと思います。

私も 4 級から 2 級へスキルアップしようかなと思ってます。
&前にもこちらに書いたかもしれませんが、私の拙い夢は、リタイア後ワンボックス車を買って、写真と無線をやりながら全国を旅することです。(できれば二人で・?)。

いつになったらリタイアできるかわからないし、その頃は免許返納している年齢かも。
やっぱり夢で終わるかな・・・


出会い、友人づくりの為に重い腰を上げました

50 才を過ぎ、ひとりっ子で親の介護で恋愛もせずに生きてきました。
昨年父が亡くなり、出会い、友人づくりの為に重い腰を上げました。
地方からの参加ですがよろしくお願いします。


「独り」で居てふと孤独を感じ

「独り」で居てふと孤独を感じ、年代を重ね無を感じただ々、人恋しくなり気さくな集まりをさがしていました。
人に会いたい、話がしたい。友達、パートナーが出来ればと思っています。


プライベートの充実を図っていきたい

いままで高校卒業後、社会人になり、仕事もやりがんばってきましたが、友人達もお孫さんがいる方もいて、私生活において来年 60 才になり、老後の事も考えて近い将来結婚も視野にいれて、この会にはいり、プライベートの充実を図っていきたいです。


ポッカリとすきまが

2 年付合いしていた人も居なくなり、ポッカリとすきまが、あいて、休みの日は毎日、ぼんやりと過ごす日が、多くなってしまいました。
友人、知人も少ない状況ですので、一緒に話し、出掛けれる人を探したいです。


とにかく「自分から」いろいろやってみよう

9 月になったら、急に涼しくなったような。夕方も暮れるのが早くなりましたね。
8 月からお独り様会に入会させてもらって、交流会にも参加しました。
9 月も参加予定です。

とにかく「自分から」いろいろやってみようと思い、テニスを始めることにしました。
たまたま家から車で 10 分くらいのところに、テニス教室があるので、行ってみようかなと。

30 年ぶりくらいなのですが、当時はまだ 20 代!今、還暦まであと 2 年半!
人生いろいろあったけど、あっという間に過ぎていきますね。
これからは「自分のために」生きていくことを優先。
それがいつか人のためになるならば・・・


いろいろな方たちと会ってみようかな

8月から入会させていただいてます。
いろいろと大変なことがあって、病院まで通って、やっと落ち着いたところです。

まわりには心配してくださる人はいるものの、やはり、一人なんですよね。
写真の趣味があるのですが、これも一人ですよね。

「考えてみたら、俺って友達いないよな・・」なんて思い、こちらに入会させてもらいました。
一人で何が悪い!なんて強がりを言っても、なんだかんだ寂しい。
4年前までは犬もいたけど、あちらへ行ってしまったし。

あまり、積極的には動かない性分なのですが、いろいろな方たちと会ってみようかなと思って、交流会などにも参加する予定です。
よろしくお願いいたします。


友達がほしくなりました

結婚の話がダメになり、病院に通うくらいのショックを受けています。
友達がほしくなりました。


結婚のタイミングがずれてしまい

結婚のタイミングがずれてしまい一人暮らしでしたが、やはり一緒にいてくれる方がいると、色々な気持ちを共有できたり楽しみも2倍になると思い、応募致しました。
どなたか、お友達にさせて頂き、そこからスタートしてみたく思います。
性格は、明るく、好奇心が多いので、話題はたくさんあるのかなとおもいます。
音楽、ドライブ、映画見、キャンプしたりとか色々楽しみたいと思います。
どなたか、お友達になって頂けたらと思います。
よろしくお願い致します。


たまには誰かと仲間になりたい

1986 年学校を出て就職し、以降愛知、東京、大阪、香港、中国と勤務して来ました。
27 年務めた会社を一身上の都合で退職し、札幌に帰ってきて気づく札幌での人脈(友人)のなさ。
たまには誰かと仲間になりたいと思い入会しました。


共通の趣味・趣向を持つ仲間が出来れば

知人の紹介でボラナビ倶楽部を知り、会員になる事を決めました。宜しくお願いします。
共通の趣味・趣向を持つ仲間が出来ればと思います。
私の趣味・趣向
カラオケ(宴会も勿論 OK)、ゴルフ、ボーリング スキー(ここ数年はやっていませんが)
映画鑑賞(洋画・邦画どちらも ok)
旅行(海外・国内を問わず行きたいですね。)
英会話 等々です。


同じ思いの方々と語れる機会があればいいな

はじめまして、53 歳になる男子です。

どちらかと言うと人前にでるのが億劫です。
人前にでるとしゃべる方なので意外と言われますがうちに帰るとヘトヘトになることもあり、かなり緊張しているのだと思います。

今まで結婚の経験はありません。と言うか、まともに女性とつき合ったことがありません。
20代のころは、勇気をだして告白するもことごとく振られ、何人かの女性からは告白を受けましたがつき合うには至りませんでした。

30 代以降は独立開業した仕事が軌道に乗らず廃業、生活も安定せず職場と家の往復が日々の生活パターンになりました。
そんな環境の中、自然と友人とも疎遠になり人のつながりも狭くなっていきました。

近年はこんな自分を変えようと、いろいろチャレンジしたい気持ちが湧いてくるようになりました。
例えば通信制の大学に入り福祉を学んだり、スクーリングでいろいろな年代の人々と語り合うことで久々に充実した楽しい気持ちになりました。
現在は、社会福祉士の受験資格を得るため再び通信制大学に行く予定です。
また、仕事もパートですが障がい者福祉の職につき日々、障がい者の方と一緒に作業したり商品を作ったり、なんだかんだと忙しくしております。

また、昨年より 20 坪ほど土地を借り家庭菜園を始めました。
小松菜やにんじん、スイカ・メロンと思った以上に収穫できまた美味しく、今年も家庭菜園を是非やろうと決めています。
以前からボラナビ等で「お独り様会」のことを知っておりましたが、どうも参加して交流の輪に入るには億劫さが先立ち・・・でしたが、今回は思い切って参加してみようと思いました。

いろいろな方々と文章やオフ会を通して交流できたらと思います。
例えば、私は 83 歳になる母と二人暮らしですが、母は随分耳も遠くなりました。
高齢の母親のことについて不安や心配もあります。

同じ思いの方々と語れる機会があればいいなと思います。
また、自分自身も老後に不安がありますが、そんな気持ちを共有・共感できる方々とつながって行けたら、そして残りの人生を共に過ごせるパートナーと出会えることができたらうれしいな。と思っております。


寄稿トップへ