会員さまの寄稿 独身(60代 男性 未婚)④

寄稿トップへ

夢実現への努力

「夢実現への努力」について記します。
夢は夢を実現させること以上に、実現させようとする努力の過程が尊い。
夢と志を持つ事によって誇りが生まれる。
誇りは自信を培う。
苦しい峠を登り切る強さも生まれてくる。
そして気高い夢は、人生の素晴らしさをも教えてくれるのである。


ある本の一節に、次のような文章が

ある本の一節に、次のような文章が載っていました。

私たちはよく、生きがい、働きがいという言葉を口にし、耳にする。
この二つの言葉に、私たちが日常的に希求している幸福感が集約されている。
生きがい、働きがいを心に感じるとき、私たちは幸せに満たされているといってよい。
こうした生きがいや働きがいは、行動によってもたらされるものであり、ただイメージしているだけでは得られない。
生きる中で、仕事をする中で努力して追い求めることが大切になってくる。

大変感銘を受けました。


若い時から余り結婚願望もなく

テレビでこの会が有るのを知りました。
とても和やかにいい顔されて色んな世代の方が自分の思いを話されてるのを観て是非参加したく思いました。

私は若い時から余り結婚願望もなく過ごして来ましたのでずうっと未婚です。
友達とは家族の話が多く、当然聞き役ばかりで余り。。。

今は長期入院中の親の世話しながら自分の用事をしています。
これも私の役目と思い母が生きてくれてるのを感謝しながらやってます。
人は本当に色んなもの背負って生きてます。お一人の方々のそんな色んな思いも詠んでみたいです。
きっと理解できる事も有るでしょうし、意見を交換する事も出来ると思います。
一人はこれからの季節、物淋しさを感じます。
そんな時皆さんの文集を読んで力づけられるかとも思います。

私は今まで病気入院なぞした事なくて有難く思ってます。
そしてまだまだこれからだとも思ってます。

下手な文章ですがこれから色んな思いを書かせて頂きますので文集に載せて頂きたく思います。


夏の終わり、いい季節となりました

夏の終わり、いい季節となりました。

今、私は仕事に、支援センターにとスケジュール一杯の生活をしています。
土・日曜は暇なのでお独り様会の「オフ会」に出席できるのです。

希望としては五十五才から六十五才までの方を希望します。
私のパートナーとなる方が現れるのを夢見てます。


良きパートに巡り会い家庭を築いて過ごしたい

1. 参加動機
独身生活を過ごしてきましたが、今後の人生を良きパートに巡り会い家庭を築いて過ごしたいと思い。

2. 現在の生活
主に東京にて 45 年程度仕事をしてきましたが昨年 6 月末で東京の会社を退社し 7月2日より十勝(河東郡音更町)の現在の住まいにて生活をしています。
独身で今まで外食が中心でもあり、食事付で賃貸の共同住宅に決めて住んでいます。

3. 現在の生活に至るまでのこと
十勝の高等学校を卒業後、苦学して大学進学を考え東京へ行き大学浪人生活を始めましたが志望校に入れず、20 歳に成った時点で仕事を探し建築会社に就職しながら勉強が出来る環境を探していました。

建築会社では毎日が忙しく仕事だけの毎日であったので 5 年程度で退社し、商社の住宅産業部門に就職しました。
その会社は 15 年程勤めた後退社し一時出身地十勝に帰って、こちらの会社にも勤めましたが東京での仕事とは違い 5 年程度で見切りを付け、再度東京に戻りビル管理会社に入社し約 23 年勤めた上で昨年 6 月退職し 7 月に十勝へ戻って参りました。

その間結婚願望もありましたが、仕事が変わったり、住いが変わったりで、落ち着かずともかく仕事中心の生活となっていました。
又いずれ北海道へ帰る事を考えていましたので東京での婚活はあまり積極的でなかった事もありました。そんな事で結婚が遅れてしまいました、今までは結婚より生活の基盤を作る事に努めていましたが、今後は早く良きパートナーと巡り会いたいと思っています。

4. 現在の思い・将来への希望など
現在はともかく早く良きパートナーに巡り会い家庭を築きたいと思い、出来れば子供もほしいとも思っています。
十勝のある町に土地と古い家があり出来れば家を建替えて住まいたいと思っています。
そして毎日は趣味を楽しんだり・運動して過ごしたいと考えています。


独身のままでは精神的に不安なので

この年になり独身のままでは精神的に不安なので、入会したらいい人に出会えるのではないかと思い筆を取りました。
私の趣味は買い物などの為に出歩くことです。又読書をしたり、手紙を書いたり、音楽を聴くこと等です。スポーツは卓球を長年やっております。


休息のじかん その 1

休息のじかん その 1
● 学生時代、一泊旅行会があった。夜はコンパでビールでなく焼酎。ごはん用のカップで飲んだ。
18、9 才の学生、飲みほして「失敗したァ」と。そういう訳で寝ようとしない。
「小便して寝れ、小便して寝れ」の言葉に従わず教官にかかってゆく。
とうとうその教官――宿泊所の横に川流れているんだ――「川に漬けるか」と言いだした。

● 前述の学生と相棒、こういうこともあった。大学の庭で酒飲んで酔った勢いで、そこにある噴水で泳ぐ。傷だらけだったとか。そして相棒のほうは 1m 位のマンホールに腰までドボン。
次の日サカナ一匹死んでいたとか。

● この2男子学生、不正行為もしてスンナリと 4 年でゴ卒業。
所が大学の矛盾に抵抗した、レポート写しすらしないわたし、資格どころか卒業も皆うばわれる。
今でいうアカハラだ。

(再び)休息の時間 その 1
● 独り暮しの私でも又お金充分でない方でも地域での楽しみ方は探せばある。
ホームページの閲覧は 2 時間前後でできる。但し休憩時に復習し習貫化ねらう。
次は検索だ。←フリーマーケットや骨董市。掘出物あったり。
それから福祉軽食喫茶店。外国旅行より地域の社会資源をまず徒歩又は自転車で。

● 固定電話は引くと月々250 円高くなるだけと。出向いたり、〒出したりせず仕事ができる。
物品購入する時に二・三度電話入れて 4・50 円だったとしても 2 千円位得することあり。
ケータイ、全国どこでも通じるかというと、この市でもダメなことあるとか。
又今回の震災でも。身体の人とダンスしていたことあるが、彼らで簡易型でいいのでは?

● 70 才台、個人差大きい本格的老化が始まるという頃 PC は社会的にも個人的にもどうなるか?
体だけでなく頭も大分衰え、老人向け簡易 PC?値段も後進国向け百$(以前 1 万円位)のがあるはず。
老人の健康の為、簡易操作でヌードも出ることも重要でないのか?
性的に衰えても関心はあるはずで、母親の介護でそんな項目あった。
今は亡き叔父にヌード入り週刊誌入院見舞いであげた。
嬉しそうだった。孝行した。まじめな話だが女性もそうではないのか?
ヘンな話ではない。まじめな話である! 但し誘導されて被害にあわぬこと。


社会的経験は豊富です

皆様、こんにちは。
私は 40 中場まで青年でいたせいか、幅広い知識はあっても、結婚に至らなかったのです。
でも、社会的経験は豊富です。安い給料で働いてきたりしたのです。
今、60 才台。心のきれいな女性(子持ちで OK)と良い間柄をつくりたいと思っております。
死別若しくは離婚の女性がいいですね。私自身には結婚歴はないのですが。
いろいろ触手を延ばして、独りで居て倒れても発見されないということのないよう心がけています。
集う時には必ず出席しようとしております。どうぞ皆様宜しく…。 敬具


全国の食品関係の会社と運輸会社のことを色々覚えた

私は気の病で 12 年位入院している。
妹への思い込みに端を発している。それで大学の勉強を怠ってしまった。

しかし、留年の後、資本金 6000 万円の東京本店の会社に入ることができた。
包装資材の卸・小売会社だ。
ここで全国の食品関係の会社と運輸会社のことを色々覚えた。
現在もその知識が現在の自分の職業観に影響を及ぼしている。


寄稿トップへ