会員さまの寄稿 独身(60代 男性 死別)④

寄稿トップへ

まだ他界した妻を愛していますが

4 年前に妻が 54 才で他界し、結婚してから、一度も夫婦喧嘩したことはなく、近所からも仲のいい夫婦だねって時々ひやかされる程でした。
妻も私も趣味は多才で、すべて同じ趣味でした。
まだ他界した妻を愛していますが、異邦人のような私から少しはまともな??私に戻りたいと思い会に入りたいと決心しました!
性格は明るいです。


一人になり何か寂しさを感じています

妻を亡くして一人になり何か寂しさを感じています。
最近は会社、地域、友達関係も思っていたより疎遠な感じがして、もう少し社交的だと思っていたのですが妻の役割が大きかったと思い知らされました。
これからの生活にもう少し親しく話し合える仲間がほしいなと思い、この会を知って参加したいと思いました。
地方にいるので近くに仲間がいるといいなと思っています。
よろしくお願いします。


昼間が寂しさを感じる

妻を亡くして 6 ケ月を過ぎた頃から、昼間が寂しさを感じる。
夜はTVみてまぎらわしていたが何とも空虚、昼間家にいないで街へ出よう。
中央区のパソコン教室に半年通いました。
ワード、エクセル、パワーポイント等を習得して東京の業務配信会社と委託契約取り交わし、サーバーにアクセスして画像の制作、修正(CG)、病院の医療費レセプトの検索、学校のテストの添削等アルバイトで僅かですが報酬を頂いております。
しかしながら楽しくない。
昨年の9月から陶芸教室に通って居り、陶器、磁器(白磁)ポーセラーツアート等の手ほどき受けました、自家用の電気窯を設置するかどうか迷って居ります。


いろいろな方との出会いをたのしみに

これからいろいろな方との出会いをたのしみに、いろいろなオフ会に参加したいです。
バスツアーなど新聞で見ますが、なかなか行けないものです。
第 2 の人生を楽しみにしてます。


妻と二人の第二の人生を楽しもうと色々計画をしていた矢先

初めまして、このたび貴会に入会すべく手続きを取らせていただきます。
定年退職を迎えこれから妻と二人の第二の人生を楽しもうと色々計画をしていた矢先、妻は病に倒れあっけなく逝ってしまいました。
あれから早 2 年半という歳月があっという間に過ぎました。
私は、貴会の存在は 2011 年全国放送をたまたま見ていましたので承知していました。
インタビューに答えられている方のお話を聞いて、心の支えになっているのが伝わってきました。
私も落ち着いたら何時か入会しようとおもっていましたが、何かと色々な整理に追われ今日になりましたが、この度、入会の手続きを取らせて頂きますので宜しくお願いいたします。

会員さまの寄稿(年代別)
20代   30代   40代   50代
60代   70代   80代   90代
最近の寄稿(東京お独り様会)
41歳 男性 未婚 埼玉県(2019年7月)
29歳 女性 未婚 東京都(2019年6月)
33歳 女性 未婚 東京都(2019年6月)
22歳 女性 未婚 東京都(2019年5月)


1 人生きていくのにたえられなくなりました

1 人生きていくのにたえられなくなりました。話し相手がほしくなりました。


今後は、自分の時間を持ちたい

妻を亡くしてから 20 年になります。
子ども 2 人もりっぱな大人になり、又、私の仕事(サラリーマン)人生も 8 月末日で卒業となります。
同じ業種(会社)で 44 年勤務し、今後は、自分の時間を持ちたいと思っております。
今後、同じ時間を共有できる仲間ができれば、又、今までと違った人生を歩む事が出来るかもと考えております。


趣味は山登り

*とか、全国組織の*に加入しています。
年寄りだけの旅行会に 4 年いました。
学校の教員の互助会の*、*に入っています。皆、私より年長です。
趣味は山登り(三角山、円山、藻岩山に 1 日で登ります)、1 日 5 万歩、歩いたこともあります。
小樽、江別、北広島、定山渓まで歩きます。去年は自転車でも移動しました。
写真を取ることも好きです。音楽(クラッシック)も聞きます。
妻が亡くなったのは 7 年前です。


一人の生活は、もう6年も過ぎてしまった

数えてみると、一人の生活は、もう6年も過ぎてしまった。
お一人様も良いけれど、たまには、二人で連立ち、居酒屋で気兼ねなく美味い酒でものみたいな、と思うこのごろです。

最近は仕事のペースものんびりしてきて、以前のスピードの 5 割り増し。
緊張感が薄れてきたのかもしれない。あるいは、脳の回転が遅くなったのかも?
そんなことを考えると、人との付き合いが大切だと思う。

異性との会話も少なくなり、人生の喜びが薄れてきたのかもしれない。
時々、夫婦で仲良く話したり、笑顔で、睦まじく並んで歩いているのを見ると、羨ましくなります。
子供たちも独立し、ほぼ心配がなくなり、これからは本当にお一人様です。

好きな事は、旅に出てその土地の美味しいもの、地酒めぐり。
5、6 年前から歴史に興味を持ちあちこち訪ねてみたいと思っています。

最近、お一人様食事などとマスコミでよく聞くようになり、それならネットでお一人様の集まりみたいなものがあればと思い、検索するとこのサイトがありました。
サイトの説明を見るとなんとなく加入してみたい、と思い申し込みます。


供に語り、食事や旅行が出来れば

妻の死後 3 年も経過した中で、1人身の寂しさから、婚活もと考えていただけに、フェイス・ブックで信頼する森田さんが代表と知り、今回申込みました。
シングル同志が供に語り、食事や旅行が出来れば素晴らしい会だと思います。


若くして妻を亡くしました

若くして妻を亡くしました。
その時、下の娘は小 6、上の男の子は中1 でした。それからは、俗に言う「男手一つ」で育てましたが、昨年の 3 月一杯をもって、65 才で退職しました。
早速、昨年の 5 月に香港、マカオに、そして 6 月には台湾に行ってきました。
又、9 月にはタイに行く計画を立てていましたが、例のチャオプラヤ川の氾濫で、止む無く中止となりました。
来年の 6 月で再度、計画しています。
しかしながら、いずれも一人参加のため、食事の時のテ-ブル配置とか、観光地の道すがらの話相手を見つけながら、少々遠慮しながらの旅でした。
つくづく伴侶の居ない事の寂しさを痛感させられました。
私は、これからの人生に於いて結婚は望んでいません。
一緒に旅したり、ドライブしたり、食事したり、観劇したり出来る友人が居ないか、と思っています。
今回、何気なしに検索していましたら、このお独り様会を知りました。


復活ボーリング大会報告

【復活ボーリング大会報告】

2/6(土)ボーリング大会は 7 レーン 27 名(男性 11 名、女性 16 名)参加の個人別及びチーム別に分けて実施致しました。

「ワ~すごい!!」「キヤ~!!」「ワ~惜しい!!」の黄色い歓声があちらこちらから聞こえる中、あらかじめ用意していたストライク賞「お菓子」50 個は、2 ゲーム途中で無くなる始末。
バレンタインディーが終わったのに、なぜかチョコレートに人気が集中。
ストライク賞が出ると走り出してもらいに来る女性もいました。

個人戦優勝は 529 番さん、ハンディ込 376 点(上位 5 位まで女性群が占めました)
団体戦の優勝は26レーン Eチームハンディ込アベ( アベレージの略)149.56点でした。
以上優勝おめでとうございます。
幹事の私は、全体の 6 位でした。(初幹事デビューで緊張したのかな)

懇親会場では(懇親会のみ参加男性 2 名を含めて 29 名)宴会が始まる前に成績発表をし、あとは自分達が持ち寄ってきた景品を物々交換。
その後盛大に宴会を始めました。

尚、ストライク賞を配って下さった 558 番さん、594 番さん本当に有り難うございました。
なによりも嬉しいのが、当日、大雪の中(遠いところは函館、江別)から参加してもらいオフ会が出来たことに感謝しつつ、皆様に深くお礼申し上げます。

今度は、気楽なボーリングオフ会(成績度外視)を企画して皆様にご連絡いたしたいと思っております。


今回も飽きずにお酒の事を

11 月 15 日(木)大親睦会が 19 時よりアサヒビール園で開催(ボージョレ・ヌーボーの日)
セイコーマートのボージョレ・ヌーボーの CM している男優は私の高校の後輩です。
何かイベントがあると、○○様だけ実筆で後は印刷分で依頼がきます。
今まで、お酒に関する事ばかり書いています。

今回も飽きずにお酒の事を、特にワインについて嘘のような事を書きます。

カナダの医師によってインシュリンが発見されるまでは、“死の病”といわれ、恐怖の対象になっていた糖尿病も、今ではコントロールできる病になっている。
ヨーロッパでは、患者の食事に欠かせないものとして、また心理的幸福のために、辛口のテーブル・ワインをどしどし使っている。
糖尿病にかかっている人で、一日に辛口のテーブル・ワインをほぼ一瓶飲んでも、血液中の糖分の水準は、ほとんどあがらない。

ただ一つ、糖尿病の人がアルコールを飲む時に気をつけなければならないことは、カロリーの計算である。
総カロリーを考えてその範囲内で飲めば、特に辛口のワインは大丈夫である。
西洋の諺に、「ぶどう酒は老人のミルクである」といわれ、酒は長寿をもたらしてくれる。

ワインもアルコール飲料であるから、たくさん飲めば肝臓の病気も心配になるが、ほどほどに飲めば食前酒として理にかなった飲み物であり、少量のアルコールは胃を刺激して胃液の分泌を盛んにする作用がある。
我々が食べた食べ物を消化してくれる胃液中には、ペプシン、胃酸といったタンパク質を消化する消化液が含まれているから、肉料理の多い欧米の食事には、ワインが胃の良薬にもなるわけである。

年をとるとどうしても消化力が弱って、職が細くなりがちになるが、少量のアルコールを食前に飲む事は、大変理想的な食事法といえる。「老人のミルク」とは、よく云った物だと感心する。

ワインには「赤」と「白」があるが、肉料理には赤ワインと決まっている。
日本の軍艦島が撮影された今回の“007”であるが、シリーズの中で一番好きな「ロシアより愛を込めて」の列車のコンパートメントでの格闘は、アクションもさることながら、あのドンデン返しは手に汗を握るものだった。
あの映画で、イワン・フレミングの原作小説になかった部分が、映画になっていたのにお気づきの方は。
ジェームズ・ボンドが味方だと信じているソ連情報部のスパイと、これまたソ連側の女スパイと、魚料理を食べるシーンがある。
ボンドと女スパイはワインの白を注文したが、「そちら様も白で…」とボーイに聞かれたソ連情報部のスパイは、―――「いや、俺は赤だ!」・・・・観客席は、ドッと来た。
いくらソ連のスパイだからといって「赤だ」はない。これは映画屋さんの洒落だった。

このように食事の時のワインの習慣はよく知られているのだが、はたしてそれでいいのかと疑問である。
ワイン道となるものがあるかどうかは、私は知らないが、食事は楽しく食べるもの、酒も楽しく飲むものと思っている。
そのほうが美味しいはずだ。
少なくとも、気のあった仲間で食べる時ぐらい、魚料理でも「赤だ」と答えるシャレ心を持ちたいものである。
ダニエラ・ビアンキーに乾杯!! グビィーと

すすきのの風来坊


国が変われば考え方もいろいろで

9 月 28 日(金)18:30~ 40 歳以上の居酒屋 おうちでごはんの居酒屋
札幌市中央区南 5 条西 3 丁目、5 條ビル 3 階
リヴァプール出身のフォルクスワーゲン、タイプ 1 の店、わかりました。
連絡待っています。

前号で、アイルランド、スペインの居酒屋のことを書きましたが、世界は広い。国が変われば考え方もいろいろで。
イタリアのピエトロ・ガッフヒィ博士は「酔っ払い運転を厳しく取り締まるばかりが、交通安全の基本ではない」この博士によると自動車に乗る前にグラス 1 杯のビールを飲むと、かえって運転がスムーズにできるとか。
研究の結果、アルコール度の低い飲み物を適当に飲む事は、運転手の知覚を鋭くして、反応も敏速にする効果をもつというデーターが出たそうである。

早合点してもらっては困る。これはイタリアのそれも研究データーであって、これを警察や行政当局が奨励しているわけではない。
アメリカにはこういう話がある。ユタ大学ペルチア博士は「骨を折ったらウイスキーをチビチビおやりなさい。回復を早めますよ」と述べている。

日本では、ケガをしたらまず「酒を我慢しなさい」が常識。
骨折した 1 週間、4 時間ごとにウイスキーのシングルを飲むと血のめぐりが良くなり、骨を折るとよく起きる危険な脂肪血が防止できるそうである。
同時に患者の気分と身体がゆったりとくつろぎ骨折の回復を著しく促進するそうだ。

イギリスでは、「虫歯の予防にはビールをどうぞ」という話。
この説はハッタリとか冗談ではなく、イギリスの歯科調査会の実験によって、ビールが歯に良いと証明されたものである。
この調査会が行った実験では、ビールからジュースまで 14 種類の違った液体の中に入れた若くて健康な歯を 6 週間も浸しておいたところ、ジュースに入れた歯は、空洞ができてしまったのに、ビールの中に入れた歯は、入れた時とまったく同じで変化が見られなかったそうである。

クレオパトラに乾杯!! グビィーと
すすきのの風来坊


夫婦で第二の人生を楽しもうとしていた矢先

札幌生まれです。
大学を卒業後、東京で就職。数年前に定年を迎え、これから夫婦で第二の人生を楽しもうとしていた矢先、妻に先立たれました。
晴天の霹靂。今後どうやって生きていくのか。
迷った末に、二人の古里である札幌に帰ることを決め、昨年末に単身転居しました。
ほぼ40年ぶりの古里生活です。
生活は落ち着いてきたのですが、周りに男性女性問わず話し相手が誰もいません。
時々、東京にいる二人の娘とメールをするぐらいです。
家に閉じこもっていては精神的にも良くないので、就職活動を行おうとネットを検索中に、偶然お独り様会を知りました。
ホームページのNHK 紹介番組で、仲間たちがとても楽しそうに話し合っている姿を見て、お独り様会への入会を決めた次第です。
よろしくお願いします。


寄稿トップへ