会員さまの寄稿 独身(70代以上 男性 未婚)

寄稿トップへ

短歌を 11 首 寄稿します

短歌を 11 首 寄稿します。

何事も そつなく多才 君なれば 付いて行きたし 共に学びて

テーブルに 飾りし花の麗(うるわ)しき 生(い)けし花瓶(かびん)も 吾(あ)が作(さ)くなりと

送られし 墨絵(すみえ)に籠(こも)る優しさは 心に響き 我も素直に

貰(もら)いし我は アラセブン 送りし人はアラシックス この掛け算に 答えあるらん

穏やかに 尋(たず)ねし人は 隣席に 我は遅刻し 交流会

諦(あきら)めし オフ会なれば 尚(なお)さらに 胸に刻みし 思いは深く

場はもつか 話続くか 気になりし 終わりてみれば 至福(しふく)の時ぞ

スマホ鳴る 待合室の 片隅で 今着きました、と メッセージあり

風邪引きし 気丈なりし その人は お粥(かゆ)啜(すす)りて 除雪励(はげ)みし

玄冬の 心閉(と)ざして 堪(た)える日の いつの日か来る 春を信じて

仏前に 手向(たむ)けし花の 今は只(ただ) 冥福(めいふく)祈る 清明な我れ


私は今年離農することになり、

私は今年離農することになり、昨年までの多忙な日常からは解放され、言うなれば毎日が日曜日のような思いでいます。
大巾に増えた自由時間は、今迄で取り組んできた趣味に費やしており退屈と言うことはないのですが、パソコンの前に座っている時間が長くなり健康的とは言えません。
そんな自分を振返って思うのは、やはり大勢の皆さんと交わりその中から人それぞれの考え方を織り、刺激を受け、又、感化され、共に喜びや人との繫がりを深められたらと強く思うようになりました。
『お独り様会』の仲間に加えて頂き、皆さんと喜びや悩みを共有出来たらと思っております。


自身の思いや経験を書きます

-自身の思いや経験を書きます-

20 代に、病気になり、長期の定職に就けなかったのです。よって定収入を得れるのも短期的でした。

30 代になりアルバイトはしてまして、結婚も考えたが仲ヶ旨くいかなかった(やはり長期的定収入が得れなかったからか)

40 代になり就職活動に失敗して精神病になり長期入院のはめになりました。

50 代、退院後、アルバイトでの一人暮らしの生活と四年間程の食品会社数社での勤務にありつけましたが、やはり長期の定職がもてないことによって、満足のいく収入にもならず精神的に、不安定感があり、生活破綻のため又入院生活となりました。

60 代、やっと入院生活より離れて、年金と生活保護費で、障害者と高齢者のための下宿に入れて貰いました。

今では一般企業にも籍を置き、作業所でも働いております。

やはり生活面に於いてお金の少なさと伴侶がいないということで、安らいだ生活には到っておりません。

今の仕事場を大切にして、コツコツお金を貯めていこうと思っている次第です。そうすればもっと豊かで楽な生活も実現できると思っています。

以上


20代から50代までは入院生活

20代から50代までは入院生活の繰り返しで、正社員で働いたのは一社だけです。あとは毎月の生活のやり繰りもアルバイトが主でした。60 代になり一般企業での仕事もしましたが、後は福祉的就労で小遣いを稼ぐ状態です。70 才を超えた今も福祉的就労を続けています。良き伴侶を探しております。どうぞ宜しくお願いします。


同性、異性の友達が作れたらいいなぁ

同性、異性の友達が作れたらいいなぁと希望します。
馬の合う友達、“そだね”と言い合える友達と一緒に活動、旅行、ハイキング etc 出来たら嬉しいです。
私は心身健康です。兄弟姉妹は健在です。両親は 10 年程前に亡くなりました。

寄稿トップへ