会員さまの寄稿 独身(30代 女性 離婚)①

寄稿トップへ

今年、4 年半連れ添った夫と離婚

今年、4 年半連れ添った夫と離婚しました。実家に戻ってきましたが、やはり心のどこかで寂しさを感じています。
子供もいないので、親亡き後、孤独になることがとても不安です。友達も結婚、子育てに忙しくしていますし、独身と立場が違うので連絡を取っていません。もう一度結婚して、前夫と築けなかった温かい家庭を作りたいです。


婚姻歴はありますが

婚姻歴はありますが上手くいかずに離婚しました。
最近、転職のため都市部に引っ越しましたが、友だちもいないし、生きる意味もよくわからないままいます。とても寂しいです。
何か変わるきっかけがあればラッキーだなと思い入会希望しました。


しゃぼん玉ノート、楽しく拝読して

■事務局より
結婚のためにこの度退会された方からお手紙をいただきました。
掲載許可を得られましたのでご紹介します。

しゃぼん玉ノート、楽しく拝読しております。
いつも郵送準備をしてくれる皆さまに感謝です。
この度、再婚することになり、こちらの会を退会いたしたく、ご連絡をさせていただきました。
離婚で私自身が経験したことをお話ししたり、会員の方の打ち明けにくい気持ちをお話ししてもらうことで、少しでもこころに寄り添えたらと思い、こちらに参加させていただきました。
ところが実際、オフ会に参加すると、みなさんの元気に私が背中を押していただいたような気がしております。
しゃぼん玉ノートでも、とても楽しそうな企画がたくさんで、写真を見たり、入会された方のコメントを読むたび、なんとなく、仲間がいてくれているんだ、と温かな気持ちを感じておりました。
あまりオフ会には参加できませんでしたが、本当にお世話になりました。
心より感謝しております。
ありがとうございました。


私は、人とコミュニケーションをとるのが

私は、人とコミュニケーションをとるのが苦手で、仕事でもプライベートでも周りの人と上手く関係を構築できず悩んでいます。
友人も数人しかおらず、浅くですら人と関われません。
ですが、本当は寂しがり屋で、人とおしゃべりすると楽しくて、本当は色んな人と接したいと思っています。
積極性もなく、出会いも全くない今の環境を変えたいと思った時に、お独り様会というものを知り、興味を持ち入会を希望しました。
20 歳~100 歳の方がいるとのことで、年齢性別を超えた関わりや学びのある出会いがあれば幸いです。
基本、ネガティブな考えの私が、お独り様会を通じて少しでもポジティブになれたら、と思います。
良い出会いを期待しています。


私は中学生の子供がいます。

私は中学生の子供がいます。
今までシングルマザーで頑張ってきましたが、子供が大きくなると親離れしていくので寂しくなり、ゆるやかにつながれる仲間を求めて入会しました。

小さなころから不思議とご年配の方のウケはとてもいいです。
道を聞かれることも多いかな。
思ったことはすぐ口にだしてしまうので、勘違いされやすいところもありますが、素直さには自信があります。
周囲からはおもしろい人だと言われます。

時間がある時は、カフェで読書をしたり、映画を観に行ったりします。(邦画、洋画ジャンル問わず)。
最近観たのは、007スペクターと海難1890です。次は、オデッセイを観に行こうと思っています。

ものづくりが好きで、家でお菓子やパン作りをしたりもしています。
編み物の靴下を作りたくて、本を買ったのですが、なかなか難しくて、苦戦中です。
普段は一人で焼き肉にも行けちゃいますが、お独り様会で、楽しい時間を過ごす仲間を見つけて、旨い酒場で語り合えたらいいなぁ…なんて思っています。

サプライズやイベントなど、考えるのが楽しくて大好きなので、企画を持ち込んで、幹事に立候補するかも!?
時間がかかるかもしれませんが、お手紙の返信は必ずします。
私のことを少しでも知ってもらえたら嬉しいです。


仕事でいつも立ち寄る銀行で

仕事でいつも立ち寄る銀行で何か人の役に立つことでも休みの日にできたらと思い、普段めったに読むことのないボラナビを手に取りました。

「お独り様会」?一体、何の集りだろうと思いました。
読むと飲み会の他に国内外の旅行まである。気軽で楽しそうという印象でした。
私自身この年齢になって休日は 1 人で過ごすことが多くなっていたので、ぜひ参加させて頂かなくてはと思いました。

10 年前にわずか半年で離婚してから知らず知らずのうちに心を閉ざしていたようで、仕事と趣味の語学学習に没頭する日々を送っていました。
しかし昨年あたりから、もっといろいろな人と交流したい、友達がほしいという思いが芽ばえてきました。

気がついたら 40 才、周りの友達も結婚しお付き合いもほとんどなくなってしまいました。
年齢を重ねると意外と新しい人との出会いのチャンスはそう多くはないのだなぁと実感しています。

またツアー旅行の広告を見る度に、1 人では参加しづらいなと考えてしまいます。
1 人旅といっても、女性だと行動範囲は限られてしまいます。
休日に気軽な飲み会や集まり、旅行があるだけでも普段の生活や仕事に張り合いが出てくると思います。

現在の休日の過ごし方は、買い物に行ったり、実家でお菓子を作ったり、家族で食事をしたり、公園に散歩に出かけたり、映画を見に行ったりといったところです。
自然の中で過ごすのが好きでガーデニング、キャンプにも興味があります。
キャンプは最近はしていませんが…。

人生は思ったより短いそうです。私もそれに同感です。私も 30 代は、あっという間でした。
この入会を機会に色々な年齢・境遇の人達とお会いして楽しい時間を共に過ごすことが出来たらと思っています。
独身でいる理由は皆それぞれですが、みんな同じ仲間であるという思いで活動に参加させて頂けたらと思います。


10年住んだ函館から北広島へ

昨年秋、 10 年住んだ函館から北広島へ転居して来ました。
今迄、生活するのに一生懸命で、自分の人生についてはあまり考えていませんでしたが、気づくと、友人たちは良きパートナーと出逢い、家庭を築いており、いつも一人で行動しなくてはならない境遇になる自分の人生を、悲しく思っています。
山へ行っても、夜景を見ても会話する人のいない寂しさ。
人の輪の中に入る事が好きですが、機会に恵まれずにいます。
心の交流を大切にし、そこから何が生まれるか愉しみにしながら参加したいと思います。
宜しくお願いします。


2年前に離婚し、子供はおりません。

2年前に離婚し、子供はおりません。
毎日仕事と家の往復で、いつまでもこのままではいけないと思い、いろいろ調べてこのお独り様会を知りました。

正直、今の私は独りが寂しいです。でもちゃんと向き合わなきゃいけないとも思っています。
孤独と向き合うことがこんなにもしんどいとは・・・
友達に離婚した人がいなく、誰にも自分の気持ちを話せません。
話をしたから、気持ちが楽になるのかはわからないけど・・・・

結婚生活は 11 年間。元主人には感謝していますし、とてもいい経験をさせてもらいました。
これからの人生、いろんな見方やいろんな考え方をし、もっと柔軟に生きていきたい。
今までの私は狭い世界で生きてきました。
離婚して再び社会に出てみて実感したのは、なんて世間知らずだったんだ・・・と。

生きているといろんなことがありますね。
いいことも悪いことも。でもそれは全部自分が呼び寄せたものと思うようになりました。

私の心はまだちょっと完全に回復はしていないと思いますが、離婚した 2 年前に比べたら、自分でもびっくりするくらい、強くなったと思います。
でも人としてはまだまだでしょうか・・・・

このお独り様会に入会していろんな人と出会い、お互いに励みになったらと思っています。
どうかよろしくお願い致します。


私は20代の頃に離婚経験が

私は 20 代の頃に離婚経験があります。離婚の原因は主人のモラルハラスメントでした。
まだこう言った事は、あまり知らない方も多く、我慢が足りないと思われる事もありました。
自分が被害者になり、結婚する前に気付けなかったことなどを後悔しています。
子供はおらず、人生をやり直したいと思っています。
今は交際して3年になる恋人がいます。相手の方も離婚経験があります。
私は、いつかは、もう一度結婚したいと思っていましたが、相手の方は二度と結婚はしないと言う意思は変わらないとの事でした。
自分の人生を真剣に考える今、結婚は諦めて好きな人と生きて行くのか、別れを選んで結婚を目指すべきか悩んでいます。
親の気持ち、子供を産める年齢なども考えると、のんびりもしていられません。
一生独身で生きるとは、どのような事なのか? 結婚の意味とはなんなのか?
いろいろな方の考え方や経験を教えて頂きながら、自分と向き合いたいと思っています。
どうぞ、宜しくお願い致します。


3年前から悩みぬいた離婚を

暑い夏が過ぎ、もう秋ですね。紅葉が楽しみな季節です。

みなさん、はじめまして。*といいます。
この会を、道新で知り興味を持ちました。

私は、3 年前から悩みぬいた離婚をようやく8月にいたしました。
悩んでいた時期がながく、また新しい出会いがあればいいなと思っていましたが、まだ気持ちの切り替えがうまくいかずに仕事に打ち込むだけの日々でした。

必ずしも結婚したい訳ではありません。
でも一人は寂しく、今までの知り合い(離婚や前の夫を知っている人など)に気を使わず遊びたい。
新しい友人ができ、良い人間関係が作りたい。
これが、私の入会の動機です。

離婚は結婚よりも難しく、肉体的・精神的・経済的に困難の連続でした。
幸いにして、私は仕事があったので経済の危機は免れました。
健康な体があったので仕事も頑張れたと思います。

そして一番に大変だったのが、「気持ち」の問題でした。
寂しさや悔しさ。嫉妬心など。
心が黒く、自分が嫌になることが沢山でした。
そんな傷ついた私を救ってくれたのは、実の両親でした。
けれども、両親とは、いつまでも一緒にいられません。
一人になった時、誰かと繋がっていたい。
心から、そう思っています。

人は一人では幸せになれない。
寂しさを誤魔化せても、お金で解決できません。
待っていても、勝手に幸せはやってきません。
大好きな両親も、いずれは離れ離れになります。
ですから、出来ることからはじめようと思います。

実は、この「お独り様会」の記事を見つけ勧めてくれたのは、母でした。

以上が、私の、皆さんへの報告です。どうぞよろしくお願いします。


寄稿トップへ