会員さまの寄稿(30代 女性 未婚)⑤

寄稿トップへ

先月初めて色々な年代の方々の文章を読ませていただき

こんにちは!二回目の投稿です。
先月初めて色々な年代の方々の文章を読ませていただき、今まで自分だけが独り寂しく、悩みだらけなんだろうか??と考えてしまい更に悩んでしまうというエンドレスな悪循環の中にいたのですが、そうじゃないんだよなぁと少し安心しました。
また、同年代の方々もいて嬉しくなりました!
先日、映画を観てきました。一人で。(泣)
「アーティスト」です。すごく良かったのです!が、本当はその後にお茶でも飲みながら「あ~でもない こ~でもない」と話せる友達と一緒ならもっと楽しんで映画を観ることができるのになぁと感じました。
私はパートタイマーで働いていて、シフト制の為、休みが定まっていないのですが、休みになれば買い物やブラブラ歩くのが好きです。
休みが合えばオフ会にも参加したいです。
もし同じような事を考えている方がいれば、どうぞ仲良くして下さい。


同じ悩みを集まって、わかちあうのは良い事と思います

私は 284 番さんの一人ぐらし、孤独感などのテーマでミーティングというのは良い事と思います。
同じ悩みを集まって、わかちあうのは良い事と思います。
私個人は婚活男女の出会いを企画したものがほしいです。
みんな出会いがないんじゃないでしょうか。そうゆうきっかけを作ってほしいです。


現在の私は仕事を辞めて学生をしています

3 回目の投稿です。

最近しゃぼん玉ノートとミクシィをきっかけに、何人かの方と時々メッセージの交換をすることができ、大変嬉しく思います。
いつかオフ会でお会いできる日を楽しみにしています。
と言っても、私は会員番号こそ古いですがオフ会は未経験です。
参加経験のある方の報告、感想を寄稿して頂けると幸いです。

先月の寄稿文では少し自分語りをしましたが、今回はその続きです。

現在の私は仕事を辞めて学生をしています。
そのため、以前とは真逆な質素な生活を送っています。
でも仕事をしていた時のイライラ感はなく、「お金は少ないけど心は豊か」な状況です。
同時に、仕事をしてお給料を得ることの有難さも再認識しています。

今後は、仕事とプライベートのバランスを考えた人生設計をしていこうと思案中です。
昔から結婚願望に乏しく、気がつけば 39 歳!
未だに結婚したいとは思えないのですが、互いの本質を理解し合えるパートナーを求める気持ちはある、矛盾した心境です。

ひょっとしたら私は、考え方の甘い人間なのかも知れませんね・・。
もし同じような思いの方や、今後の人生設計について自分なりの考えをお持ちの方がいましたら、ぜひミクシィの*宛にメッセージを寄せて頂けると嬉しいです(時間帯はいつでも構いませんよ)。
できるだけコンスタントに交流を図っていければと思います。
よろしくお願い致します!


まわりの友達はほとんど結婚してしまい

30 歳を過ぎてからまわりの友達はほとんど結婚してしまい、なかなか遊べる友達も少なくなってきました。
いろいろな年代の方と友達になれそうかと思い入会させていただきました。
もちろん好きな人ができればもっとうれしいです。
よろしくお願いします。


何度か婚活イベントと呼ばれるものに参加した事はありますが

銀行に行った時、何気なく目についたチラシで、この会の事を知りました。
何度か婚活イベントと呼ばれるものに参加した事はありますが、まだお独り様状態です。
年齢もそれなりになってきて、若い人達が中心のそのような活動にも縁遠くなりつつあり、だからと言って普通に仕事をしているだけでは出会いもなく…という事で、今回思いきって入会してみようと思いました。
もちろん、これからの時間を一緒に笑って、悩んでくれるパートナーが見つかれば、この上ないのですが、年齢・性別を問わず色々な方のお話を聞いて凝り固まりつつある考え方がやわらかくなればと…。
それに大好きなお酒も、一人よりたくさんの方がおいしく飲めます。
この会でパワーをたくさんいただき、最終的には、のほほんおじいさん&おばあさんになれるような素敵な出会いがあるとよいです。


気づけば‘独り’という感じでしょうか

気づけば‘独り’という感じでしょうか。
転職をしたことでより孤独を感じるようになりました。
今までは長く同じ仕事をしてきて、ある程度自信もあり、日々充実していましたが、事情があっての転職。
今は慣れない仕事の上、少人数なこともあり、一人きりで過ごすことも多く、誰とも話さないという日も少なくありません。
誰かと関わり合いたい、話したい、というのが本心です。
年齢問わず、男女問わず、多くの方たちとお会いして、たくさんお話できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


本当に御縁…ってあるのだなと思ったのですが

皆さん、こんにちは。
*番 2 回目の投稿です。オフ会には 3 回参加しました。

11 月に入会したときは、まだ就職活動中でした。
1 年半のブランクが出来、本当に技術面での不安が大きく、また病気で手術を何度かしている私は、なかなか履歴書を見てもらうことすら厳しくて…。
再就職前、実習に行った病院では、採血・点滴もできたのに病気をしたということで、履歴書をきちんと見てもらえず、他の 10 年以上のブランクの主婦の方は履歴書を出さずに即決でした。悔しかったです。
病気の人を看る看護師が病気になると、本当に理解が得られない…そんな現実を知りました。

現在本当に御縁…ってあるのだなと思ったのですが、 5 年程前全国版のテレビの健康番組に当時かなり明るめの髪の色をされたユニークな女医さんが出ていました。東野幸次にツッコミを入れられていたその女医さん。
「こんな全国版に出ている Dr、北海道の人じゃないよな…。1 度で良いから会ってみたいな…」と思っていたら、現在の職場の院長先生でした。
本当に緊張して面接に臨み、また不採用を覚悟していました。
「本当に病気をしてたくさん辛い思いをしたね。うちでその経験を活かして下さい。」と拾って頂けました。おたんこナースですが日々奮闘中。

人の御縁って不思議ですが、旅先でたまたま同室だった方と道で何度もお会いしたり、以前介護福祉士として働いていた時同じフロアー担当だった看護師さんとずっと連絡してなかったのに、看護師になってから同じ病院で再会したり…。
現在就職活動中の人も、これから就職活動をされる方も、御縁ってあると思いますし、色々な事があっても理解してくれる人は必ずいると思います。だから諦めないで下さい。
そしてこの会でお会い出来た方との御縁も大切にしていきたいです。

現在も内服治療は続いていますが、ストレスをためずに自分の今できる限りの力で頑張って行こうと思います。
常時腹痛で痛みから解放されず、 寝られず歩けずの時期もあったので、今普通の生活が本当に有り難いです。
今、仕事では総合病院で経験した事のないレントゲン設定に四苦八苦しております。
胸部レントゲンが、背の高い人、首の長い人では上手に設定できません。
クリニックで働いている看護師の方、放射線技師の会員の方がいらっしゃったらアドバイスして頂きたいです。

春ですね♪ 今年は、是非円山公園でお花見したいです。
オフ会、幹事の方いつも有難うございます。
今年はたくさんの方とお会い出来たらいいな・・♪


今回が久々の 2 回目の投稿になります

皆さん、こんにちは。
私は昨年の 5 月に入会し、 VOL.3 に文集が初掲載された者です。
今回が久々の 2 回目の投稿になります。
私が入会した頃に比べ会員数が増え、さまざまな催しも企画・運営されていて毎回楽しく文集を拝見しています。
最近ミクシィにも*のネームで登録しました。
ただ、どちらかと言うとアナログ人間なので上手く活用できるかわかりません・・。
文集を拝見していると、皆さん自分の趣味のことなどを書かれていてとても興味深かったので、今回は私も自己紹介を兼ねて少し自分の話をします。
私は昨年の 3 月末まで医療関係の仕事をしていましたが、現在は学生です。
来春に卒業後は、また仕事を再開する予定です。
趣味は「体と心が喜ぶことをする」です。
友達とワイワイも好きですが、落ち着きたい時は一人でプラッと緑の多い所に出かけます。
自然が大好きなので、夢は都会を離れた暮らしです。
この会に参加するたくさんの皆さんのお話を聴かせて頂きながら、今後の生き方などについて考え実践していければと思います。
最近「ハガキ転送サービス」も始まりましたし、いろいろ活用しながら年代を問わず皆さんと交流を図ることができると嬉しいです。


今まで結婚する機会がなく、縁もなかったので

今まで結婚する機会がなく、縁もなかったので 33 年独身できました。
この会の事は以前から NHK ニュースなどで知り、気になっていました。
入会理由は、札幌市内で孤立死された姉妹を報道で知り、自分でも色々と考えるところがあったからです。
現在は家族と同居していますが、将来の事を考えると独りでは不安になります。
私は元々、札幌生まれではないので、身近に気軽に相談できる親しい友達もいません。
同じように独身同士の悩みなど色々と話せる仲間がいればと思います。
私の趣味は編み物や映画をみることです。オフ会にも参加してみたいです!
年齢や性別に関係なくお友達が増えればいいなと思っていますので宜しくお願いします!


新たに人間関係を築くことが出来たらいいなあ

スーパーで買物をした時に、ボラナビを何気なく手にとりました。
何年も前に、ボラナビを通じてボランティアを行ったことがありましたが、そのボランティアをやめてしまってから雑誌からも遠のいていました。
久々に読んでみて会のことを知り、興味を持ちました。
職場や趣味の仲間の他に、新たに人間関係を築くことが出来たらいいなあと思い、入会を決めました。
どうぞよろしくお願い致します。


今まで営業職や介護の仕事を経験しました

私がお独り様を知ったのは、ボラナビを見てからでした。
今まで営業職や介護の仕事を経験しました。
私自身30 歳を過ぎたのを機に、1人ではなく仲間の方と一緒に様々な経験が出来る会があれば良いなあと思っていた矢先に、会の存在を知り、 ぜひとも入会したくご連絡させて頂きました。
まだまだ人生経験が浅いので、当会の方々は年齢層も広いので、いろいろ勉強させて頂き、色々な体験が出来れば大変うれしく思います。
また、毎月様々な行事が組まれていますので、積極的に参加したいと思います。
簡単ではありますが、入会の文書にかえさせて頂きますので、よろしくお願い致します。


マスコミ関係の仕事をしております

マスコミ関係の仕事をしております。
「お独り様会」に興味を持ち、取材で事務局を訪れましたところ、独身ということで逆に勧誘していただき、この度会員になりました。
どうぞよろしくお願いいたします。
現在の会社に入社したのがきっかけで、5 年ほど前に札幌に移り住みました。
30歳を超えてから、家族も友人もいない見知らぬ土地で暮らし始めました。
「お独り様」には慣れているものの、もちろん孤独を感じることもあります。
皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。


結婚はおろか、異性とのお付き合いも

はじめまして。私は35歳の未婚の女性で、Mと申します。
結婚はおろか、異性とのお付き合いも、一度もしたことがないオクテです。
13歳頃からある病と付き合いはじめ、「恋愛や結婚は、自分で自分のお世話(病気のコントロール等)が出来るようになってから。
でないと、パートナーに迷惑が掛かる」そう思いながら、なかなか成長せず、気が付けば歳月ばかりが過ぎていました。
「お独り様会」には、様々な年代や立場の方がいらっしゃるとお聞きし、交流のなかで自分自身も色々な気づきや学びが得られればな、と思います。
今のところ、特に結婚を目標にはしておりません。
宜しくお願いいたします。


このような会に参加させて頂くのは人生で初めてです

このような会に参加させて頂くのは人生で初めてです。
今まで、仕事中心の生活を送っておりました。毎日激務の中、会社と家の往復のみ。
休日は外出する気もなく、身体を休める事で精一杯でした。
その上、友人とも休みが合わず、合ったとしても仕事の疲れで面倒くさくて外に出る気力もありませんでした。
疲れを理由に、何もせず、毎日同じ事の繰り返しに嫌気もさしておりました。
このままでは身体を壊してもいけないと思い、昨年末思い切って会社を辞めました。
今は、有給消化の為、1月2月とのんびり過ごしております。
仕事を辞めてから、約 2 ケ月間、自分の事をみつめなおすよいきっかけにもなり、もっと外に出て、色々な方と出会い、色んな考えを聞き、色んなことにチャレンジするのもいいのではないか?と思い自ら何か行動しなければ、何も変わらない事に気がつき、思いきって参加させて頂きました。


自分のことで精一杯なまま、ここまで来てしまいました

初めまして。札幌市厚別区在住の39歳、独身です。ただ今求職中です。

今までに何度かボラナビを読ませて頂いてきましたが、毎日の生活に流され、自分のことで精一杯なまま、ここまで来てしまいました。
少々現実離れしている性格からか、周りの友達が結婚をし、子供を生んで…と変化していく中、自分は自分…とマイペースに生きてきました。
ただ、ここにきて、以前よりも積極的に行動せず受け身で出不精になっていく自分に気づき、このままではいけないな…と思っているところで、ボラナビの「お独り様会」の記事を目にしました。

異性の方との出逢いや幅広い年齢層の方と出逢える場に参加してみたいと思い、今回申し込みさせて頂きました。
もともと、自分の話をするのが得意ではなく、好奇心旺盛な性格でもないのですが、相手の話を聞くのが好きなので、ボランティアやお独り様会で色々な方のお話を聞くことができたらすごく嬉しいです。

最近、図書館で、ふと目が止まり借りた本が、マザー・テレサの「愛という仕事」という本でした。
人間にとって一番辛いことは、自分を必要としてくれる人、気にかけてくれる人がいない孤独という海に冒されること…と書いてありました。

普通に食事ができて、眠るところもあり、会話をして笑い合える存在がいることが当たり前だと思って生きてきたように思います。
2012年は、自分自身の「怠け者」の改善と、人のために小さなことから行動していくこと…を目標に生きたいです。
まずは仕事を決め、お独り様会に出られる様にがんばります。
どうか、よろしく、お願い致します。

寄稿トップへ