会員さまの寄稿 独身(50代 女性 離婚)⑩

寄稿トップへ

少しでも自分のためにもステップアップしたい

道新の記事で拝見致しました。
土曜日ですが、少し仕事をしようと思いましていつもの様に広げると、お独り様の記事が心に入りました。

子供が二人おりますが、ほぼ自立しており仕事も定年まで後わずかとなりました。
子育と仕事のみで、振り返れば20年も過ぎ去っておりました。

介護の問題も抱えていた頃、娘とやっと大人の会話ができるようになり、少し安らぎの時間がもて始めた時、喜んでよいのだが。
恋人が出来た娘との心の距離やひずみができ始め、私の心は泣いた。
おつきあいして1年もせずに妊娠し、今はおばあちゃんになってしまった。

確かに仕事もあり、幸せであるが、無趣味の自分は仕事が無くなったら、残された自由である筈のの人生を楽しく送れるの人生を楽しく送れる自信がない。
成人した子供達の良いおばあちゃんでいたいのですが。執着しそうで恐ろしい。

札幌住民ですが、平日は地方で仕事。引っ越しなどもあり、なかなか友人もできない現状であります。
買い物や映画など一人ではやはりつまらない。何かしら心繋がるものが出来たらいい。
又友人が出来るような人間に成りたい。

今は昨年野良チャンの猫と一緒ですが、それはそれで大変な毎日です。

集団のお付き合いは不慣れなのですが、少しでも自分のためにもステップアップしたい今日この頃です。


これからの生き方を考えられるきっかけがほしい

これまで、ほとんど子育てと仕事だけに生きてきて、ちょっと息切れを感じています。

これからの生き方を考えられるきっかけがほしいと思っていた時に、この会の存在を知りました。

同年代・境遇の方たちの考えを聞いてみたいと思っています。


愛猫との二人暮らしです

はじめまして こんにちは!!
昭和 29 年生まれの 11 月 27 日で 57 才になります。

子供はひとり愛娘で 7 年前千葉にお嫁に行っちゃいました。

愛猫との二人暮らしです。名前は「ブラピー」といいます。
今年で 13 年目の真っ黒な猫ちゃんです。
朝早くから「ニャオー」「ニャオー」と私の睡眠の邪魔をします。
私を寝かせたくないのか私が起きるとブラピーはイビキをかいて寝る困った子ちゃんです。

休日はじいさま宅の家事援助で一日がつぶれちゃいます。

お天気のいい日は山登りです。
山が最優先です。念願だった富士山にも登りました。
田代岳。大千軒岳にも登りました。どこの山も最高!!
近場だと支笏湖の紋別岳が好きです。一番きつかった山は富士山より羊蹄山でした。

カステラを焼くのも好きです。ただし気がむかないとしないタイプかも…?
料理は田舎料理が得意かな?最近はドライカレーにはまっている私です。

どうぞ宜しくお願い致します。


「おひとり様歴」はや6年目

同じ道を誰かと一緒にのんびり歩きたくて、遅ればせながら結婚。
彼も初めはそのつもりだったようですが、気がつけば、他の女性と歩いてました(笑)。

結局一人が一番!と思い至り「おひとり様歴」はや6年目。
一人で判断し、一人で決着をつけることは、しがらみもなく気楽なようですが、その反面、指摘されないことで、自分勝手な判断が正しかったのか、或いは他者の意見を知る機会をなくしているのではないかと、不安を感じることもしばしば。
また、職場と塒(ねぐら)を往復するだけのメリハリのない毎日に、年齢的な疲労感だけではない疲れを感じる今日この頃です。

人生はもうとっくに後半戦に突入していますが、まだまだ知らないことがたくさんあります。
こちらの「お独り様会」で、いろいろな意味での新しい仲間作りができて、忘れることの方が多い脳みそへの刺激になるのではないかと思い、忚募いたしました。

・・・蛇足ですが、本当は、この会をたまたまHPで拝見したとき、ボラナビさんがこういうこともされていたんだと嬉しく思ったのですが、いざ「作文」するとなると、自分自身で己が見えていないことに改めて気づき、やっぱり止めようかと思ったりしました。
「書く」ことは、自分を見つめることにもなりますね。
ブログで勝手なことを書いているのとは違って。


何か始めるスタートラインに立つきっかけになるのでは

私は「お独り様」になって 17年です。

仕事と子育てで 40歳代が過ぎ、更年期で体調を崩し仕事を辞め、まだまだ子供の心配事を抱えも平凡で幸せな日々を過ごしています。
しかし隣の芝生は良く見える物で、つい今以上の事を望んでしまいます。

現在、両親と同居していますが、親は知り合いに娘と一緒に居られる事は安心で幸せねと言われています。
でも私は、高齢の両親と、自分のやりたい事だけに目を向けている子供の中に入り、自分がしっかりしなければいけないという意識の中で「私だって誰かに甘えたい、愚痴を聞いて欲しい」と思う時があります。

家族や友人、近隣の人だけでなく社会に出て話をしたり仕事をして色々、学びたいと思うのですが身体に自信がなく一歩踏み出す事が出来ません。
そんな時、ボランティアから始めてみようか。
何か私にも出来る事があるかもしれない…と HP で、この会を知りました。

以前、独りになった時ある方に言われた事を思い出しました。
子供が独立した時「自分の人生は?」と自分に問いかけた時、子供の為に過ごした子供中心の生活だったとならず、自分自身も何かを楽しみなさいと言われたのです。

この先、子供は独立し両親は高齢なので(今は元気で良いのですが)、夫も兄弟もいない私は何をするにも独りになるのだろう。
と考えると寂しくなり「何か始めたい」と思う気持ちと同時に、老夫婦がいたわりながら散歩している姿や姉妹で仲良くしている方を見かけると、羨ましく思えるこの頃です。

人生半分以上過ぎたけど様々な経験をした方と話をする事も大切だし何かの役に立つはずです。

以前、子供が悩んでいる時、泣いても笑っても一日は過ぎて行くのだから笑って過ごした方が得だよと言った事がありました。
それを今の自分に言いたいのです。
今後の人生笑って楽しく過ごしたい。泣きたい時は思い切り泣いて我慢しない。
とは思っているのですが中々、現実はそうは行きません。

そんな私が何か始めるスタートラインに立つきっかけになるのでは…と、この会に参加してみようと思いました。
様々な経験談や今思っている事、実際にやっている事など数々のお話を聞かせて頂く事により、私のこれからの元気の源になる様な気がします。


色々な人とのつながりを持ちたい

初めまして。

お独り様会の記事を読み、子育てが終わり、これからは自分のために生きて行かなくてはと思っていましたが、いざ自分を考えた時に、目標が見つけられず、何もしないでいると不安というか、焦りというか、今まで子供を送り出すことが私の人生だったというのがわかりかけていた時と重なって、入会を希望しようと思いました。

一人でいることに慣れていたはずでしたが、これからの人生を考えた時に、子供には、なるべく頼らないで過ごすためにもう一度、立ち止まり、親というより一人の人間として生きて行く為にも、色々な人とのつながりを持ちたいと思います。

宜しくお願いいたします。


独りではできないことをできるといいな

はじめまして。とても苦しい結婚、離婚を経て子供2人を必死で育てて20年近く。
はっと気がついたら、子供達は自立して1人ぼっち。
しみ・しわ・贅肉がお友達?鏡の中にいる「このおばさんはだれ?」状態の最近です。

早くなんとかしないと「おばさん」を通り越して「おじさん」になってしまいそう(笑)で恐ろしいです。
長い間、仕事を掛け持ちして働いてばかりだったので、これから少しずつ自分に優しくしてあげたいと思い入会を決めました。

一緒においしいものを食べたり、楽しいおしゃべりをしたり、時にはつらい気持ちをうち明けたり、独りではできないことをできるといいなと思います。

長引く不況やあの痛ましい大震災、本当に大変な時代ですけれど、同じ時代に生まれたご縁を大切に仲間をたくさん作って明るく生きていきたいです。

どうぞ宜しくお願い致します。


あぁー 幸せだなーと感じる瞬間

あぁー 幸せだなーと感じる瞬間

天気の良い日の青空、オレンジ色に輝く朝日を見た時、春の柔らかな光、美味しい物を食べた時、髪型が上手に決まった時、子供の笑い声、家族が健康で過ごせること、とびきり美しいお月様に出会えた時、一日が無事に終わり眠りに付く時…・

そんな、なにげない日々のふとした一瞬が沢山ある。
まだまだ数えきれない、あたりまえの様な小さな幸せが、本当は当たり前ではないのだと思い知らされた 3月11日の大震災は、日本全国民、世界中の人々に大きな衝撃でしたネ。

仕事に行く、お風呂に入れる、食事ができる、水が出てくる、スイッチ 1つで明かりが付く、寝るベットがある、雤や風を凌ぐ家がある、排泄ができる、家族と笑いあえる、車で出かけられる。その他、もろもろ、あたりまえと思っていた事のすべてが自然の猛威に為すすべもなく奪い取られてしまった。
この事実に、打ちのめされ、あまりにも大きな物を失い、立ち直れずにいる人はまだまだ沢山いらっしゃるでしょう。

そんな時、人間に一番必要な物はなんでしょうネ…・
人と人の絆、思いやり、励ましの言葉、あたたかい寄り添いの手、支援、娯楽、色々沢山あると思います。
そんな中でも自分も苦しい中で、人はやはり支えられるだけではだめなんだなぁーと言う事を、こんかいのでき事で改めて再確認させられた想いです。

人はどんな時もやはり支えられると共にだれかの支えになって、1 人の人間として生きられるのだと…だれかから必要とされ、役に立っている事を实感できるから、立ち上がり明日に向かって頑張る事ができる。
まさに生かされている。どんなに生活が豊かになっても、どんなにお金があっても、1 人では生きられない。
人が人として生きるには、夢や希望がライフラインやお金と同じくらい必要不可欠な物であると思います。

住む場所を与えてそこで終わるのではなく、そこから 1 年先、3 年先の希望と光が見えなければそこにあるのは、はてしない絶望と孤独感。
これは、人が生きる中で耐え難い苦痛でしょうネ。
そんな辛い日々が 1 日も早く解決できる事を願わずには、いられません。


人とのつながりを求めて

私は今年 7 月より一人暮らしになり、これから社会とつながり、人とのつながりを求めてこの会に入ろうかと決めました。
年代、性別を問わない関係で仲間ができるよう願っています。

これからよろしくお願いいたします。


これからの自分のアドバイスなど聞いてみたい

私は今犬(シーズ犬)13 才と手稲に住んでいます。

息子が1人いますが、7年前に結婚してから、犬と二人で過ごす時間が多くなりまして、いわゆる、ひきこもりみたいな日々でした。
何かサークルみたいな同じ様な立場の方とお話ししたりして、これから先、前向きに生きれる様にと思っておりましたが、なかなか機会がなく、妹にインターネットで調べてもらいましたが、何という項目で調べればいいのかいろいろ試してもらったのですが、たどり着きませんでした。

たまたま何の雑誌なのかともらってきたこの雑誌で知る事が出来ました。
私は 50 代なのですが、これから先ただこのまま、年を重ねて行くのは、つらいなと思いまして、同じ様な方とお話しなどして、これからの自分のアドバイスなど聞いてみたいと思っています。

趣味は音楽と編み物なのですが、今腱鞘炎になり手が痛いので何も出来ません。犬がいるので入院して手術もできないので困ってます。
息子娘が動物アレルギーなので預ける事も出来ないし、息子も仕事が忙しいので仕方ないなと思ってます。

これから会員になりますので宜しくお願い致します。皆さんと会える日を楽しみにしてます。


自分らしい人生を楽しんでいけたら

私は現在、転職のため資格取得を目指し勉強している毎日です。

20代で結婚し30代で離婚、40代で父の病気介護のため長年住み慣れた東京から北海道に帰郷しました。
残念ながら父は他界し、母と二人暮らしです。北海道出身とはいえ、生まれ故郷ではない所に帰ってきたため、慣れるのには時間がかかりました。

友人・知人も少なく心細い思いをしましたが、病気もせずなんとか暮らしてきた次第です。

でも、50 代半ばにさしかかった時にふと、これまでの人生や生き方について考えてしまいました。
家庭や様々な事情から、自分の納得できる生き方をしてこなかったことへの後悔です。
日々の忙しさから考えることを後回しにしてきましたが、自分の人生にやりきれなさを感じました。
これまでで、やり残したことは何だろう?これから本当にしたいことは何だろう?と真剣に考えました。

その結果、頑張ってある資格を取り、できれば新しい仕事に挑戦してみようと決めました。
人の役に立ち、自分の勉強にもなるからです。

それと同時に、仲間や友人をつくりたいという気持ちが強くなりました。
これまで人間関係でいやな思いをし、引っ込み思案になっていた私ですが、人ともっと交流を図りたくなりました。

そんな矢先に、新聞で「お独り様会」の存在を知り、勇気を出して入会することにしました。

いろいろな方々との交流を通して、自分らしい人生を楽しんでいけたらと思っています。


同じ境遇のかたがたと少しでも楽しい時間を持てたら

私は、53 才 女性です。
20 才になる娘との二人暮らしです。

3 年前に離婚しました。原因は俗に言う性格の不一致です。

結婚当初からけんかが絶えずこれまでに何度も離婚しようと思いましたが、子供の事や経済的な面を考えると決断できなくて、ずるずると 25 年の歳月がたってしまいました。
今はストレスもなく、娘と 2 人穏かに暮らしています。

現在の私の毎日は、月曜から土曜まで事務のパート務めです。
職場は女性は私一人ですが笑いもあり楽しい職場です。

でも休日は特に趣味も無いので寂しい時間を過ごしています。
特にゴールデンウィーク等の連休は最悪です。
元々、転勤族で道外から引っ越してきたので学生時代の友人もこちらにはいませんし、人見知りなのでこちらに親しい友人もいません。

今は仕事をしているので気が紛れてますが、この仕事も上司が高齢なので、あと 2 年くらいで引退すると、私も職なしになってしまいます。
再就職も私の年令ではなかなかむずかしいかもしれません。
もし毎日が日曜日になったら・・・と考えるだけで、気持ちが沈んでしまいます。

子供達はもう札幌で働いているし、友人も沢山いるので、私の故郷に一緒に戻るのは無理です。
私も一人故郷に戻っても子供達と会えなくなるので老後も札幌になりそうです。

私は運動神経も鈍いし、手先も不器用なので、さっきも述べた様に夢中になれる趣味がありません。
毎日毎日一人で孤独な時間を過ごすのかと思うと、うつになりそうです。

この会に入会して、同じ境遇のかたがたと少しでも楽しい時間を持てたらと期待しています。
生きる意欲と希望を持ちたいです。お友達になって下さい。よろしくお願いします。


寄稿トップへ