会員さまの寄稿 独身(50代 女性 離婚)⑥

寄稿トップへ

「笑顔」「思いやり」「自分」

こんにちは
今年はまだ一度もオフ会に参加できず、う~ん寂しい限りです。
あと半年、何とかオフ会に参加してみなさんと楽しい時間を過ごし、気の合う友達に出会い毎日の日々を活気づけたいと思っている、この頃です。
最近の私は一般常識の本を毎日少しですが勉強しています。(頭の体操に)
あと麻雀にも最近は興味があり、覚えたいなぁ~と思っているけど、私にできるかな(笑)
好きな事は韓ドラをみる。韓国料理も習いに行きた~い。
音楽を聴く、ウィンドウショッピング、お菓子作りなどなどです。
スガシカオ、原田信二、槇原敬之のライヴに行きたいですねぇ。
大事にしているものは「笑顔」「思いやり」「自分」。
みなさまよろしくお願いします。


元気を取りもどしたい

離婚後、10 年になりました。
当初は、とても元気(笑)でしたが、父を亡くし、友人を亡くし、年々…元気がなくなってしまいました。
「お独り様会」に入会をして元気を取りもどしたいと思いますので、どうぞ、宜しくお願い致します。


ピアノのおけいこのおさそい

※ピアノのおけいこのおさそい♪ いかがでしょう※

よさこいやお祭りも終わり、初夏の気持ちの良い季節があっという間に過ぎてしまいました。
多くの方の、「笑う事」や「楽しむ気持ち」が少なくなっているという投稿の文面に触れ、元気になることが今は、むずかしい時期です…という方々へ、ピアノを教えてこられた 40 年の経験を通して、少しでも、今、お力になれたらと思います。

私から、お宅へ月に 1~2 度、30 分位、お伺いし、ピアノや歌などで、御一緒に音楽を楽しんだり、笑い合える場を共有できたらと考えています。
眠っているピアノなど楽器があればなおいいです。
少しの興味がありましたら、どうぞ、お気軽にハガキまたはメール(*)へお気持ちのほどをお願いします。
ゆっくり、やさしく、たのしく過ごしていけますよ。

☆☆近況1☆☆
最近「ジャズ・バー」への初体験をしてきました。
ミュージシャンの卵達(君)のフレッシュな演奏とウィスキーを古ぼけた Bar で緊張しながら楽しんできました。
ジャズがお好きな方、又、サークル活動されている方、いらっしゃったら参加させていただきたいと思います。誘って下さい。

☆☆近況 2☆☆
近頃、私がよく作るメニューは(餃子)と(ラーメンサラダ)です。
とにかくニンニクがモリモリ入っていて、おいしいんですよ~!!


不規則な仕事の辛い所です

参加してみたいな(^w^)と思うオフ会は 何故か都合が合わないんですよ… 不規則な仕事の辛い所です。
猫カフェのオフ会、静かなオフ会。などなど、また機会が有ると良いな。
趣味の一つは読書で、最近は ジュンク堂書店が お気に入りです。


「マオイの丘陵の里山散策と春の野で食事オフ会」に参加させていただいて

『5/26(土)298 番さんの「マオイの丘陵の里山散策と春の野で食事オフ会」に参加させていただいて』

前日からの天気予報は雨。当日は早朝からの雨。
「今日は雨の中の山歩きかな」と…。雨具の準備…。
でも集合時間が近づくにつれ、メンバーの中に最強の晴れ男と晴れ女がいたのでしょう。
どんどんお日様が顔を出し、着く頃には晴天。
初夏の新緑のしっとりとぬれた葉にさす光まぶしく、緑の匂い深い中と…
長靴をはいて歩く小川の足をくすぐる水の流れと…。
里山を走り回っていた遠い昔のなつかしい時間に戻ったようでした。

ほどほどに(?)急ながけあり、ついこの間まで冬眠していた(?)ベアーホールあり…と、ちょっとスリリングな気分も味わうことができ、山歩きはしたいけど本格的な山登りはちょっと…という私にとってはとても満足させていただけるメニューでした。
ゴールに着く頃にはうっすらとかいた額の汗に、とどめは黄色の菜の花畑からのさわやかな初夏の風…と、これで終わりではなく、この農場でとれた、とれたてのチンゲン菜と、とれたてのニラ、そしてこれも自家栽培の肉厚プリプリの生しいたけ入りの焼肉。
そして全粒小麦とトマトを練り込んだ手作りのパンにこれまたこの農場で飼っているにわとりの卵入りの卵サンドとハーブたっぷりのトマトスープと、超豪華昼食付き。

心もお腹も大満足の極上の時間をすごさせていただきました。
いたれり、つくせりの細かい心使い、本当に感謝しています。ありがとうございました。
最後に、わがままを言わせていただけるなら紅葉のとき(時期)も見てみたいなあ…などと。


この言葉に救われました

札幌が一番良い季節を迎える5月末叔母が家族、姉妹に見守られながらあの世へ旅立ちました。
孤独死が多いと云われている今、叔母は病との闘いは大変でしたが大勢の人に見送られ幸せだったと思います。
私は子供がいてもいずれ離れて暮らし家庭を持つと、自分の時はどうだろう…と考えてしまいました。

毎月ノートを読んでいると私よりずっと悲しい思いをされた方、辛い思いをされた方、本当に今孤独を感じている方それぞれの思いが綴られています。
「私は甘えている。私なんか苦労したうちに入らない。もっと辛い寂しい思いをしている人がいるのだから」と思うようにしていました。

でも以前 NHK の朝ドラ「おひさま」の中で とても心に響くセリフがありました。
うっすらとしか覚えていなかったのですが、やはり感動された方がいらしてその言葉が分かりました。

二人の会話で苦労した人に、ねぎらいの言葉をかけると
「私なんかちっとも……もっと大変な人は大勢いましたから」と言うと
『苦労の重さは比較して決める物ではありません。
よその人に比べて自分の辛さや大変さは、たいした事ないだなんて思う必要はありません。
あなたは大変な思いをした。辛かった。悲しかった。それだけでいい。
だれかと比べる必要なんてない』

私はこの言葉に救われました。それ以来自分も辛い、悲しい、頑張った、と自身に言い同時に楽しかった事も思い出しています。
でも誰かに話しを聞いてもらい「頑張ったね」と言ってもらうと、もっと嬉しいし励みになりますよね。


これからの人生を少しでも豊かな気持ちで

離婚してから 10 年経ちました。
この 10 年間は二人の子供(当時高二と中三)を無事卒業させることと夫の残した借金を払っていくことで無我夢中で過ごしてきました。
そして子供たちも今では社会人として仕事につき、借金も完済し、やっと自分自身について考えられるようになりました。
今は仕事で忙しい毎日ですが、これからの人生を少しでも豊かな気持ちで暮らしていきたいと思っています。
「お独り様会」に参加させていただき、いろんな方たちとの出会いで、これからの私の人生を豊かで楽しく過ごしていきたいと思っております。
どうか宜しくお願いいたします。


同じ価値観の人と、お友達になれたら

昨年 8 月に早期退職しました。
23 歳で離婚して、子育てと仕事を頑張ってきましたが、今一人になってもっと自分を、開放して違う楽しみを見つけてもいいんじゃないかと、思い始めてきました。
望んでいた、のんびりした生活ですが、あと今の生活がずっとこの先も、こうなのかと思いだしたら、ちょっと寂しくなりました。
今、筋トレと、 認知の母とお昼を食べるのが生活の大半です。
病気になったとき、そばに居てくれる人がいたら、心強いよなって思います。
同じ価値観の人と、お友達になれたら…って思います。


同じような不安を抱えた方々と出会うことで

離婚して 11 年目になります。
これから先、仕事をするだけの人生で終わってしまうのではないか、という漠然とした不安の中、友人からこの会の存在を聞かされました。
私と同じような不安を抱えた方々と出会うことで、心強い仲間を得ることができるのではないか という思いと、自分も誰かを少しでも励まし、お役に立てるのではないか、という思いで入会しました。
このような会に参加させて頂くのは初めてですが、どうぞ宜しくお願い致します。


たくさんの方の、たくさんの言葉、あふれていた

初めて手にしたしゃぼん玉ノートわくわくして読んだ…むずかしかった…
会の中身、よくわからなくて、困った

予定されている食事会は、日曜日が少ないから、仕事のある人は参加したくても無理だろうなぁ。
どんな交流になるのかと、不安が大きくなった。
でも、いつか、日曜日の企画をさがして、出かけてみよう。

それにしても、たくさんの方の、たくさんの言葉、あふれていた。
「言葉・想う・人生・友達・一人・時間」って、たくさんあふれていた。

Vol.12 の 4 月号で 57 才だった私は、58 才になった。
まりも 芋もちを作った。ちょうどよいねばりが出ない。
Bestの分量・手順を誰かに教えてほしい。もちもちの芋もち。食べたい。。。

手稲山にはまだ雪が残る。
陽の当たる戸外と、雪景色の山。
なんだか、春らしさに、ほっとする。
足が痛いので、駐車場のあるところへ、食事に出かけたい。車に乗って。
日曜日に、チャンスがあれば参加しよう。

“しゃぼん玉”ってタイトルは、暗くて、消えていくイメージなので 重くてびっくりした。
「ひまわり」に変えてほしい。
明るい光に向かって、伸びて笑うひまわりに!!


心と心を通わせることができたら

① 参加の動機
最近、ひとりで生活していると、色々な面で心細さを感じることが多くなってきました。
このままじゃいけないと思っていた時に、この会の存在を知り、同じように感じているであろう方たちと出会いたくて、入会しました。

② 現在の生活
離婚後、一人で暮らしております。
子供にも恵まれませんでしたので、仕事中心の生活をしております。
ただ、自分の出来る範囲でボランティア活動をしております。
趣味は、旅行と絵画鑑賞です。
特に絵に詳しいわけではありませんが、綺麗なものをみると単純に感動を覚えます。
旅行は、感動を分かち合うには一人より二人のほうが楽しいと思うこの頃です。

③ 現在の生活に至るまでの経緯
10 年前に離婚しました。
子供がいなかったので犬を飼っておりましたが、その犬も3年前に亡くなり、その3ヶ月後には大好きだった父も亡くなりました。
離婚と最愛の人達を亡くし、つらい時期を過ごしましたが、今は、その悲しみもなんとか乗り越えて、生活しています。

④ 現在の思い
最近、ふっと「わたしの人生これでいいのかな」って思うことがあります。
街中で仲のよさそうなご夫婦やカップルをみるとちょっぴり羨ましくなります。
自分で選んだ人生なんだから、人と比べても仕方ない。
「自分は自分。人は人」って思って生きてきましたが、この頃少しだけ、「強くなくたっていいよ。弱いあなたも素敵だよ」って自分を励ましています。
何気ない会話をとおして、「そうそう、そうだよね」って、同じように思える同性・異性の友達に出会いたいと思っています。
オフ会にも参加して、いろんな方たちと出会い、語らい、楽しい時間を共有して、お互いを理解し心と心を通わせることができたら、いいなと思っています。


独り身同士、説明しなくとも通じる部分があると思います

お独り様会入会の理由は、このごろ一人の生活にいい様のない寂しさを感じるようになったことです。
若い時は一人で生活していて、何も感じませんでした。
そのような時この会の存在を知り、入会してみようかと思いました。
独り身同士、説明しなくとも通じる部分があると思います。
色々な方々とお友達になり、お話しや旅行など参加もしてみたいと思います。
私は若い頃から色々な資格を取ってみましたが、これからは資格を生かして、みなさんの集りを企画したいです。


お友達をたくさん作りたい

私は昭和 31 年 6 月 30 日生まれ 55 歳です。星座はカニ座。血液型は A 型。
趣味は読書(1 週間に 1 度図書館へ行くのが楽しみです)、映画鑑賞。
スポーツは苦手ですが、体を動かす事は好きです。
性格は内向的で人見知りするので、学生の頃から友達は少ない方でした。
職場でも友達がいなくて、いつも淋しい思いをしていました。
23 年間札幌に住んでいましたが、昨年離婚しました。
子供がいなかったので、仕事も辞めて実家に戻って来ました。
今は母と二人暮しです。
将来の事を考えると毎日とても不安です。
でも頑張って仕事を探し、そして仕事が決まれば、いろいろな行事に参加して男女問わず、お友達をたくさん作りたいと思っています。


仲間がほしいです

自己紹介をします。
離婚して4年が経ちます。子供は長女 27 長男 24 次男 21 の 3 人です。
1人ずつ東京へ行き、今はダックス 2 匹と暮らしています。
結婚してからの 25 年は一度も働いたことがなく、離婚した翌年に思い切ってパートを始めました。
何もしていない自分、社会とのつながりのないことへの孤独感や焦燥感に駆られてのことでした。
昨年母に末期癌が見つかり、通院、入院を優先している中で仕事も休みがちになり、今は家にいて両親を一日おきに訪ねています。
以前にも新聞で『お独り様会』の記事を読み、羨ましく思っていましたが勇気が出ず、また、イイエワタシハヒトリデダイジョウブ とどこかで思いたかったんです。
昨年末っ子が家を離れ、それほどの寂しさも感じなく数ヶ月が経ち、ワタシハダイジョウブ と思い始めた矢先、ある日突然何をするのも億劫になり笑えなくなりました。
仲間がほしいです。皆さんに会いたいです。
よろしくお願いいたします。


もっともっと呼ばせてください

・2 月号 春花さんへ
「わたしは、あなたに呼びかけられてわたしになる、たくさん呼ばれて私になる」と何かで読んだことがあります。
ハンドルネーム「春花」さんの由来は、「心が冷たく寒く冬のようでも、いつかは必ず春が来て花が咲く、辛くてもいつか花が咲く」なんですね。
たくさん「春花さん」と呼ばせてもらっていいですか?
春花さん、春花さん、春花さん、春花さん… もっともっと呼ばせてくださいね。
春花さん、春花さん…春花さん、可憐で優しげな「春花さん」という花が満開に咲く春が、もうすぐそこまで来てくれていますよ。


寄稿トップへ