会員さまの寄稿 独身(50代 女性 離婚)⑦

寄稿トップへ

何か救われた思いがしました

前略
いつもの、ある日の朝テレビでお独り様会の事を知りました。
何か救われた思いがしました。
私は三十五才で離婚をして一人歴二十四年です。
九年余りの結婚生活があっけなく主人の女性関係でこわれてしまった事のわびしさ、むなしさが、一人で生きて行くという生活を選ぶというか、自信を持てない自分になってしまったのかと思います。
子供もなく一人で生きて来ました。
今、この年になって、これまでの人生そしてこれからの人生を考えるようになりました。
兄姉もいます。友人も何人かは確かにおります。
でも、皆にはそれぞれに家族配偶者がいて、いつもじゃまにならないように気を付けながら、一人でもしっかり者ねと思われるように頑張って来てみたのですが…
時々、言いようのないさびしさに落ち入ります。
私は独りなのだと折にふれ、感じるようになっていました。
でも、会の事を知り、同じ気持ちの人達と、できたら友人関係を築き、集いがあるなら参加させていただき、この先の人生が少しでも楽しいものにできたらと思っています。


仕事以外の自分の空間を持ちたい

はじめまして。 21 歳で独りになって、両親に助けられながら夢中で子育てと仕事に没頭しているうちに、あっという間に今になりました。
最近は気持ちの余裕もできて毎日が自由と快適に!!結婚願望には乏しい私ですが、自分にも(仕事仲間以外の)長くおつきあいできる男女問わない仲間が居たら、心強いなぁと思っていました。
平日は遅くまで職場で過ごし、帰って来ると冷蔵庫のビールが友達です。
土日は運が良ければ(笑)休みで 同僚と女子会(美味しいもの、温泉等!!)ですが、大抵は独りで過ごしています。
そろそろ両親の介護や自分のこれからの事等人生の先輩のお話を聴きたいなとも思う今日この頃です。
仕事以外の自分の空間を持ちたいと思っています。宜しくお願いします。


一人を意識しないで自然に生きてみたい

仕事関係の人との付き合いは仕事を離れた時に終わってしまうような気がしています。
今から知り合いをつくりたい、 違う価値観や新しい空気に触れたいし、私以外のお一人様はどうして過ごしているのか知りたく入会を考えました。
スーパーで買い物をしている時、特にお米 10kg を買った時は、「誰か~お米を持って~」と心の中で叫んでいます。
家族やパートナーと買い物をしている人を見るとやっぱりちょっと羨ましく思います。
一人を意識しないで自然に生きてみたいです。


お独り様会によせて

お独り様会によせて

私は離婚して、早 18 年が経ちました。
当初はこんなに長い間一人で生きて行く結果になろうとは思ってもいませんでした。
いつかまた出会いがあって、結婚はできるだろうと思っていました。
ところが 50 代に入ってもまだ一人でいるとは思いもよらなかったのです。

今は焦りと同時に、もう無理なんだろうかと不安になる時があります。
ただ食べていく為に働き、それでとうとう終わるのかなと思うと悲しく、空しくなります。
当初は結婚相談所などで見合いもしましたが、なかなか縁がありませんでした。
友人はいても結婚をしていたり、未婚でも、もう結婚する気はないという友人だったりと、なかなか思いが一致する人がいないので、いま一つ話が合わない時があり、寂しく感じる時があります。

今回は、まだ結婚をしたいという同じ気持ちを持つ人同士と知り合い、お話しをしたり、お茶会やいろいろな催し物を通じてコミュニケーションがとれれば、また楽しくそれだけでも有意義かなと思って入会致しました。

そして友人でもできればと思っております。
もちろん結婚ができれば、なお幸せです。同じ気持ちを語り、慰めあったり、希望を持ったりとしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。


これから素敵な人生にしたい

アウトドア・ドライブ・映画・旅行・・・
どれも私にとっては一人では楽しめない事なんです。
同じものを見て心の底から笑ったり・涙したり・うなずいたり・・・
これから素敵な人生にしたいと強く思っています。
いろいろな方のお話を聞き、 また自分の事を話せるようになった時には聞いていただきたいと思います。
よろしくお願いします。
オフ会にも参加できればと楽しみにしています。


わいわい楽しく、色んな事に参加出来たら

離婚して早10年過ぎようとしています
子供達もそれぞれ巣立ち ふと気が付いたら
一人で過ごし、会話も愛犬とする日々に寂しさも感じてきました
同じような思いを抱えている方達と交流を持てたら、日々の生活が彩られるような気がして入会したいと思いました。
わいわい楽しく、色んな事に参加出来たら嬉しいと思います
宜しくお願い致します。


小さいけれど確実な一歩を踏み出したい

離婚して二十五年になります
当時は小学二年生だった娘との生活を守るために必死でした
辛いこともありましたが娘に支えられて生きてきました
娘が独立し寂しい一人暮らしとなり十数年・・・
生活に張りが無く、ただ職場と家の往復で休日は家に引きこもり、 人と話をしない事も珍しくありません
何か生き甲斐を見つけなければ、そのためには一歩踏み出さなければと思っていました
ボランティアにも興味はありますが、なかなか実行に移せないままこの年になると出来ることなど限られていると自分に言い訳ばかりしています
『お独り様会』の事は知り合いの女性がテレビで紹介された放送を見たとの事で是非にと薦めてくれました
私もHPのお独り様会 設立趣旨』に感銘を受けました
『お独り様会』への入会をきっかけに小さいけれど確実な一歩を踏み出したいと思います


一人行動が多いことを実感

私は離婚して20年のお独り様です。
以来、自分が思い描いた人生とは少々違う人生を送って来ていますが、仕事にプライベートにその時その時で自分ができることを精一杯やってきました。
しかしいつも同じような行動範囲の中では出会いのチャンスもなかなかないのが現状で、日々の生活に何となく流されて今日まで来てしまいました。
最近、何をするにも一人行動が多いことを実感します。
外食やお茶をするのも、あらゆる外出も。それは気楽な半面、実はとても寂しいやら空しいやら…。
老若男女問わず集う、楽しく参加できるサークルのようなものはないかなとかねがね思っていたところ、お独り様会の存在を知り、是非参加させていただきたいと思いました。


仕事を探しています

仕事を探しています。
「人生、楽ありゃ苦もあるさ~」 まさに!
50を過ぎて念願の職に就き、定年まで勤めようかと思ったが叶わず、プータローの身である。
(おばさんは、プータローというのかな? )

昨日、“観光業界合同説明会”なるものに行ってみました。
黒い服の人ばかりでピンクの私は自分でも奇異だと思った。
それは、某社の人にもどんな仕事をしたいのかもはっきりしないおばさんは?…だったでしようね。
話を聞いてくればいいものだと参加した恥知らずでした。

石巻専修大の事務課掛長(カケチョウって?)によると、自分を矮小化せず積極的にアピールを行った方が良いとのことだ。
求人は年齢制限と資格の必要なものを除けばたくさんある。
その中で出来そうもないこと、時間的に無理なことを消却していくと介護か清掃か調理員って選択肢しかなさそう。
自己アピールより体力鍛えなきゃの世界です。

私の希望は、通勤時間が1時間以内・勤務時間は週35時間程度を基準に探している。
旅行業やNPOにも興味がある。気軽に誰でも旅行に行けるお手伝いが出来ればいいな。

春めいてきたので、「泣くのがいやなら、さぁ~、すーすーめ~」よりは、
♪Lies the seed that with the sun’ s love
In the spring be comes the rose ♪
の気分で行きたいね。


これからを楽しみたい

友達から聞いてボラナビHPをみてお独り様会を知り、男性、女性ともに同世代の知り合いを増やし、今まで知らなかった趣味を増やしてこれからを楽しみたいと考えました。
いろんなオフ会に参加してみたいです。


一緒に歩んでいけるパートナーも探せたら

皆様、はじめまして!
昨年から この「お独り様会」のことは知っていましたが、 4 月から入会しようと考えていました。
独身になり早22 年、23才の息子との二人暮らしです。
この「お独り様会」はオフ会の回数も多く、予定が早くわかるので仕事の関係上、とても嬉しいです。
男女問わず、お友達も欲しいし、これから一緒に歩んでいけるパートナーも探せたらと思っています。
色々な方と趣味も含め、会話を通じ繋がりができる事が今から本当に楽しみです。
どうぞ、よろしくお願い致します。


ご縁があれば結婚も考えていきたい

父母を亡くし、若い頃に離婚もしております。
ステキな男性でしたが、やむなく別れてから、再婚もしないまま、この年になりました。
姉妹もおりませんので一人ぼっちになりました。
周りの方々には支えていただいていますが、一人の時間は寂しさを感じます。
友人をたくさん作って、楽しい時間を多く持ちたいですし、ご縁があれば結婚も考えていきたいと思います。
ボランティアにも興味があります。


一人の生活は、とても淋しい

4年前に夫と性格が合わず離婚。一人の生活は、とても淋しい。
気の合う友達又は、男の人でもいれば親しくしたい。


自己紹介いたします

自己紹介いたします。
・好きなもの:人の話を聞くこと。笑うこと。のんびり一人で過ごすこと。多くのものに興味があること。
・楽しいこと:これは、たくさんあって書ききれないけど、基本、人と会って会話をしながら、のんびり食事をすること。(café、バイキング、森・海のレストラン)街の中でも、郊外へ出かけるのでも、どこへでも Go!!
・しゅみ・しゅみ・しゅみ:たくさんある中で、
No.1 バリ島旅行 No.2 おふろ(露天風呂) No.3 ピアノ他にも多くの趣味を持ってやってきたものたくさん。
・今好きな TV:アルプスの少女ハイジ(毎回泣かされてしまっている)
・仕事:日々、人と接する仕事なので、印象・笑顔が大切。
・過去を振り返り、先を案じて不安になるより、今を毎日、毎日を一生懸命生きることに集中


皆さんのお話を聞いてみよう

お独り様会 に入会するに当たり とても迷っていますが とりあえず 行動を起こさないと始まらないと思いメールしました。
これから宜しくお願いします。

ボラナビ倶楽部のお独り様をテレビのニュースで見たのが、知るきっかけでした。
が、その時は仕事も忙しく、親の面倒を見ていましたのでそういうものがあるのだなと、思ってパソコンで調べる位でした。

そんな時の2年前の年末に親が脳梗塞で倒れ病院で運ばれました。
その帰り道に歩いているとき、なぜか「これで一人になってしまったのかな」と、今までにない寂寞(せきばく) とした寂しさを感じました。
が、それからの昨年1年間は、自宅と病院の往復でしたので、なにも考える余裕はありませんでした。

今年にはいり、半身不随の親も特別養護老人ホームに入所が決まり、 2 月に入居しました。本当にありがたかったです。
この親を抱えてこれからどうなるのかと思っていただけに、一安心できました。
金銭的にはまだまだですが、それでも病院にいると思うよりは安心して仕事に向かえます。

それでこれからは、自分の事をもう少し考えようと思いました。
定年まであと4年となり、今は仕事が私の生活の中心ですが、定年以降の生活が見えてきません。
ので、定年以降ゆっくりと楽しく生きていけたらいいなと、漠然と思いますが、それがどういう事なのかは今も、答えは出ていません。
子どもはいますが、本州にいますので当てにはしていないので、自分の事は自分でしようと思っています。

そこで、いつか目にしたテレビを思い出し、気楽に話せる仲間が出来たらいいなと入会を決めました。
老後は楽しく過ごしたいと思っていますので、趣味の写真撮影をしながら旅行が出来ればいいかなと思っています。
気持ち的には入会してどうなのか、面倒くさくないか等考えてしまいますが、いろいろ考えていても始まらないので、申し込みを決めました。

それに入会金の 2000 円はどこよりも手頃で、私のような者には、親近感があります。
いろいろな企画がされているので、楽しみです。
まずは参加して皆さんのお話を聞いてみようと思います。
私自身が気難しがり屋なので、入会して上手く交流できるのか心配ですが、皆様、宜しくお願いします。


期待を持って参加

先日の新聞記事でこのような会があることを初めて知りました。
多くの方々といろいろなお話できるかな~~と思い、期待を持って参加させていただくことにしました。
両親を見送り、パートナーとの別れもあり 今はひとり気楽な生活をしています。
強がっていますが、ほんとはとっても寂しいのです。
日中はお勤めをしているので寂しさは感じませんが、家に帰ると話相手がいなくテレビの音声に反応?してしまいます〈笑〉
気軽に会ってお話しをしたり、ちょっとした旅行などにも一緒に行けるお仲間さんができるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!


男女問わず、趣味友達を持ちたい

離婚して、8年。子供も手元を離れた現在、幸い健康で仕事をしていますが、時間の不規則な勤務のため、休日は家でのんびり趣味を楽しむ事が多いこの頃です。
音楽、読書、映画、お笑い系など好奇心は有る方です。男女問わず、趣味友達を持ちたいと思います。


小・中学校時代の文集を思い出しました

「しゃぼん玉ノート」を手にして小・中学校時代の文集を思い出しました。
身近な級友達のいろいろな思いや考えに共感したり、感心したり、奮起させられたり。
身近だからこそ成長途上の私にとって、とても刺激的なものでした。
そんな文集に、社会人となりしかも第二の人生を今まさに歩もうとしている時に出会えるなんて…
社会に出ると、作家でもなく著名人でもない身近な人達の心の中の様々な思いや考えを知ることなどほぼ不可能なことでしょう。
それをこんな形で手にすることができた幸運をかみしめています。
読むことで刺激を受け、書くことで自らをふるいたたせる大切なものになりそうです。


寄稿トップへ