会員さまの寄稿 独身(50代 女性 未婚)⑤

寄稿トップへ

わきあがる自分への疑いと痛み

「翼をください」と夜11時過ぎ。独りきりの食事の後片付けを終えてすぐに就寝の支度をするのもつまらなく、少しだけ椅子に腰をおろしてホッとしたかったのでしょう。
座ってテレビのチャンネルを変えると、白い両肩も露なドレスを着てすっくと立った山本潤子さんが、画面の真ん中で歌いだしました。
歌は学生の合唱曲でよく歌われる「翼をください」。

私には 13 歳の頃を思い出す歌です。
艶やかに、きらびやかなライトの下で、充分に大人である山本潤子さんにしっとりと歌われる思春期の歌は、懐かしい気持ちを超えて私に別な気持ちを呼び起こしていました。
あの頃。思春期の頃は心の不自由さに、この歌の祈りの心を重ねていたはず。
なのに50歳になった今、「翼をください」の歌詞に、涙が浮かぶほど切実に祈っている自分を見つけたのです。

ひとり、部屋の中でぼんやりと打たれる自分の姿を、祈り届く天上の人がいるならば、どんな目で私を見ているのだろうか・・・。
子供の頃の不自由さはなんだったのだろう?翼がほしいまでに願った幸せとは?
そして今の私は幸せだろうか?私は今までの道を翼で飛んできただろうか?
方向を見失い、 さ迷った?方向さえもはっきりしていなかったのではないか?

わきあがる自分への疑いと痛み。
そう、私は流されてきた。充分とは言えないまでも無事すごしてきた。
でも人生の答えが見えない。

「今」ほしい。私は「今」翼がほしいと思いました。翼とは勇気と熱意。
生き生きと羽ばたく力、エネルギーそのもの。
今後の人生を生き抜く目標を得て、翼を思いっきり羽ばたかせたい!
歌い終えた山本潤子さんは、瞳も頬も唇も輝き、美しかった。


これから出会う方に歌をおくります

お独り様会を通じてこれまでに会った方たち、掲示板でお話した方たち、そしてこれから出会う方に歌をおくります。
「新しい季節に一歩ふみ出さん春色の靴見つけた時に」
それぞれ自分に合う春色の靴が見つかりますように!


「素敵なお独り様」とお近づきになれたら

「しゃぼん玉ノート」と掲示板は、いろいろな方々の独り言や生活が伝わってきて…何だか本当に嬉しくなります。
読みながら、一緒に泣いてしまったり、「えっ?むむー?」って思ったり。
そして心がじわっとしてきます。
現在、おんなじ時を生きていて、皆いろいろあって、共感したり驚いたり励まされたりです。
そんな中、誰もが当り前にひとりひとりで生きてはいても、もはや私は「一人ぼっち」ではないのかも
~なんて勝手に感じてる今日この頃です。
その上、この「お独り様会」は、実際に皆さんとお顔を合わせてお話し出来る「オフ会」があるのが楽しみです。
本州の会員の方々は、なかなかチャンスを作るのは難しいかと思いますが…
なおさらに是非!お会い出来たらと願ってます。
私は現在 50 代半ばになりますが、これからもっともっと欲張って?
たくさんの「素敵なお独り様」とお近づきになれたらと期待してます。
(もちろん男性女性問わずにです!)


あらためて自己紹介のつもりで

初めてオフ会に参加したのは 9月ですが、最近2桁の会員の方をあまり見かけなくなったので、あらためて自己紹介のつもりで書かせていただきます。
・出身地:旭川。20 年近く前に札幌に移ってきました。
・趣味:読書、映画・絵画・音楽鑑賞、短歌 etc
・好きな食べ物:ハンバーグ、最近は和食も(おいしいものを少しずつ食べられるのが好き)果物、和菓子、ケーキ、チョコレート
・最近読んでおもしろかった本:「おやすみラフマニノフ」中山七里、 「シンデレラ・ティース」坂本司
・最近心に沁みた曲:太田裕美 「金平糖」
・行ってみたいところ:国内はディズニーシー、(完成したら)スカイツリー、大原美術館(20代に行きましたが、もう一度)、外国はパリとフィレンツェの美術館めぐり、カナダ(オーロラを見に)。
・会ってみたい人:姜尚中、榎木孝明
・好きな時間:気のあう友人とおいしいものを食べに行く。プレゼントをする人を思い浮かべながら買い物をする時。
・苦手なこと:人前で話したり、歌ったりすること
・苦手な食べ物:ほや、なまこ、生の肉、大蒜(にんにく)、
・お独り様会に入った動機:母が昨年亡くなって、一人暮らしになってしまい、これからの人生の心のささえになってくれる人に出会えたらと思いました。
・好きなタイプ:気がやさしくて力持ち、話していて退屈しない人、音楽が好きなので、できれば何かひとつ楽器ができる人ならいいなあと思っています。
・20 年後の自分:たぶん、気持ちだけは今とあまり変わらず、元気なおばあちゃんになっていると思います。


良き出会いがあれば心豊かに生きて行ける

現在五十六歳。高齢の母と二人暮らし。
五年半前に突然姉を事故で失い、母一人子一人となってしまいました。

若き日は怖いもの知らずでひたすら前向きのプラス思考。
どんな困難も高い壁も歯をくいしばり乗り越える強いエネルギーに満ち満ちていました。
しかし近頃は弱気な自分が見えかくれ。
年を重ねる程にきびしさを増す人生を痛感しています。

若き日は恋愛もし、友人との時間を楽しみ好きなように生きてきました。
けれど今は一人自分と向き合う時間をもつたびに淋しさと将来への不安を感じるようになりました。
同じ意識を持った人達と支え合い、助け合い、楽しさを共有しあえたならこれからの人生どれほど心強い事でしょうか。

一人の力は小さいけれど、一つ一つの力が重なり合えば大きな力となります。
男女問わず良き出会いがあれば心豊かに生きて行けると思います。

今迄も人との出会いを大切にしてきましたが、これからも更にこの会を通して多くの人と出会い繋がって行けたらと思っています。
お互いを思いやり絆を大切に育てて行けたらと思っています。
そしてこれからの人生を大切に生きて行きたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。


多くの人と出会い繋がって行けたら

現在五十六歳。高齢の母と二人暮らし。
五年半前に突然姉を事故で失い、母一人子一人となってしまいました。

若き日は怖いもの知らずでひたすら前向きのプラス思考。
どんな困難も高い壁も歯をくいしばり乗り越える強いエネルギーに満ち満ちていました。
しかし近頃は弱気な自分が見えかくれ。
年を重ねる程にきびしさを増す人生を痛感しています。

若き日は恋愛もし、友人との時間を楽しみ好きなように生きてきました。
けれど今は一人自分と向き合う時間をもつたびに淋しさと将来への不安を感じるようになりました。
同じ意識を持った人達と支え合い、助け合い、楽しさを共有しあえたならこれからの人生どれほど心強い事でしょうか。

一人の力は小さいけれど、一つ一つの力が重なり合えば大きな力となります。
男女問わず良き出会いがあれば心豊かに生きて行けると思います。

今迄も人との出会いを大切にしてきましたが、これからも更にこの会を通して多くの人と出会い繋がって行けたらと思っています。
お互いを思いやり絆を大切に育てて行けたらと思っています。
そしてこれからの人生を大切に生きて行きたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。


違う人達との出合いを持ち、世界を広げてゆこうかな

異性との付き合いが苦手で独身ですが、淋しいと感じる時もあります。
やりがいのある仕事をし、それなりに趣味もあり一人でいる事も好きですが、これからはまた違う人達との出合いを持ち、世界を広げてゆこうかなと思います。


ひとつの共通項だけで繋がった不思議な場所

お独り様会のみなさま!こんにちは!
私は11月に勇気を奮って、この会に参加させていただきました。

そして12月24日の忘年会でオフ会デビュー致しました。
若い頃は自分では「人見知り…?」かと思ってましたが、どうした事か、いきなりオバサンパワー炸裂ですっ。
初対面の方々ばかりなのに、(しかもお酒も入ってないのに)言いたい放題しちゃったかも…と只今反省中ですっ。
ご一緒させていただいた皆さま方は、どうぞ広いお心でお許し下さいネ!

若い方も「職場などのしがらみが無いから」と嬉しそうに話されてました。
何か今までには経験したことのない安心感の中でお一人お一人と接することができたのは、本当に「お独り様」というひとつの共通項だけで繋がった不思議な場所だったからかなぁと感じてます。
そう考えると、この「お独り様会」って却って新しいひとりひとりとの絆が可能なフィールドなのかもしれませんね!

掲示板でも教わりましたが、職場や家族やご近所などの縛りからは全く解き放たれて、自由で真新しい個人どうしのコミュニティの場所が生まれてるんですよね?
そして私としては今まではかたちに出来なかった心の奥の見知らぬ自分を見付けていけるかも!? って期待してます。
となると…あーぁ、「独り」で良かったわァ(笑)
そして、こういう場所を創り出してくださった事務局の方々への感謝と共に歩んで行きたいですっ。
では、また!!


毎日、寂しい日々を送っています

毎日、寂しい日々を送っています。
独りで寂しいなぁと思う方がおられればお話ししたいですが、北海道の方が多いし会いにいける訳もないし、電話でお話ししてもそれで終わりだし。
私は京都にいますが、いつでも京都から出る決意をしています。

もう 50 年以上も京都にいたのですから。お祭や情緒としては良い所なのですが、住むには住みづらいです。
夏は蒸し暑く、冬は底冷え。
それに住居は「うなぎの寝床」で、くっついている家なので横の生活音がすぐに聞こえてきて、けっこう住みづらいです。「住みづらさ 42 位」を実感できます。

こんな私を引き受けて下さる方がおられたらお話し相手として、又はお手伝いさん、お茶飲み相手、体が弱っておられる方のお手伝いのおともにお願いします。
ボラナビ倶楽部様宛にご連絡くださって、52 歳のずっと生まれてから未婚の女性に共感する方がおられれば、よろしくお願いします。
どこでも行きます。
1人で住んでおられて毎日毎日寂しい思いをしておられる方、よろしくお願いします。

(再投稿)
こんにちは。これを掲載してもらえる時は、年が明けて平成24年になっていることでしょう。
いつも拙い文章を読んで下さってどうもありがとうございます。
私はしゃぼん玉ノートが来るのを楽しみにしています。
私の想いは今年はマイホームを買うこと。
そこで誰かいっしょに住んでもらえる人がいたらいいのになぁと思っております。
そしてできれば看取ってもらえたら、とても嬉しいのですが・・
楽しい事ばかり想像しています。
私の好きなタレントは、ダイゴさん、楽しんごさん、アンガールズの田中さん。
そして、ロト6月曜日、木曜日抽選の宝くじで高額当選すること。
スクラッチ、ミニロト、ロト友が欲しいなぁと思うこともあります。
モーニングを食べに行くこと。エビフライ、サラダ、天婦羅、おでん、何しろ食べることが大好き。
カニも好きタコ、イカ。
お独り様会の方と食べに行けたら嬉しいのになぁ と思いながらペンを走らせています。
こんな私と友達になって下さい。
いっしょに私のお家で仲良くしましょ。


2011 年を振り返って

2011 年を振り返って

① 母が亡くなってしまいました
究極のおひとりさまになり、「お独り様会」に入るきっかけになりました。

②東日本大震災!
テレビ中継の想像を絶する被害を見て、価値観が変わりました。

③初めてオフ会に参加しました!
これからもたくさんの人たちとの出会いを楽しみにしています。

☆2012 年の目標 「今までより行動範囲を広げたい!!」
食事や映画、コンサート、旅行 etc など一緒に楽しむことができる人・友人・仲間を★募集中です!★

*シャボン玉ノート先月号で気になった投稿がありました
「お独り様会専用マンションがあったら・・・」

私も同じ意見です!そして、それは決して不可能なことではないと思うのですが・・・
住んでいる人たちが一緒に食事をしたり、オフ会を開くことが出来る共同の食堂やカフェ
がある、シングル専用のマンションがあったら、私もぜひ住みたいです!


様々な独身のかたと交流したい

年令・性別を問わず様々な独身のかたと交流したいと以前から思っておりました。

今は、インターネットやメールなどでも交流出来る時代ですが、それで本当にお互いを理解出来るでしょうか。
直接会って、相手のお話しをよく聞く事から本当の交流が始まり、理解が深まると私は思います。

また、三月の大震災の後は、人との結び付きの大切さを強く感じるようになりました。
お互いの存在を気に掛け、連絡を取り合える仲間がいる安心感があると大変心強いと思います。
職場や、たまに会う友人や知り合いとの付き合いでは得られない精神的な満足感があると素晴らしいと思います。

知らないかたばかりの世界へ入る不安もありますが、勇気を持って参加しようと考えております。
どうぞよろしくお願い致します。


寄稿トップへ