会員さまの寄稿 独身(50代 女性 死別)②

寄稿トップへ

夫を病気で亡くしました

夫を病気で亡くしました。
社会や誰からも必要とされていないような寂しさに、日々心が折れそうです。同じ境遇の方と共感できればと思っております。


残された人生を楽しく過ごしたい

12 年前に主人を亡くしまして、残された人生を楽しく過ごしたいと思い入会しました。


家には兄弟猫 3 匹がいます

家には兄弟猫 3 匹がいます。母親は野良出身の人間嫌いの猫。その躾か(?)、12 年暮らした今でもさわれない猫もいて、ほぼあきらめの境地…。一時は元野良猫ばかり、6 匹居ました。
寒いと抱っこできる猫がより恋しいですが、ひとり暮らしの今は 3 匹で精一杯。今冬もこのメンバーで仲良く(!?)暮らしていきたいと思います。


時にはおなじ思いを共感し

時にはおなじ思いを共感し、時には違った考えを語り合い、そんな中で出会いが生まれたらと思い入会しました。
私は 50 代、平均寿命を考えてもまだまだ人生は長いと考えたり、でも時間は有限と思ったり、とにかく人生の後半も有意義な時間でありたいと思っています。
どうぞ宜しくお願いします。


本当に突然に……

本当に突然に……、夫と死別してじきに 4 年。
無我夢中で毎日を過ごし、最近ようやく自分自身のことを考えられるようになりました。
友人知人には幸い恵まれてはいますが、やはり何となく閉じた暮らしをしてしまいがち。気軽な交流をしたくて参加させて頂くことにしました。
どうぞよろしくお願い致します。


残りの人生を少しでも実りあるものにしたく

6 年前に主人と死別しました。今は母と生活しています。
介護ストレスや今後の不安で薬なしでは眠れない状態です。
残りの人生を少しでも実りあるものにしたく入会しようと思いました。


人間は一人では生きていけない

さまざまな経験を通して、人間は一人では生きていけないということを実感しています。
心温め合える人々との交流で、これからの人生も豊かにしたいと思っています。


ボッカリ穴があいたようです

夫が亡くなりボッカリ穴があいたようです。
毎日何かしら用事を作って出てますが、夕方になると孤独感におしつぶされそうです。
誰か話し相手が欲しいです。
仲良くなれたらランチや美術館や映画等一人で行くより一緒に楽しめることができたらいいなと思います。
どなたかお友達になってください。


再入会をさせて頂く事になりました

この度、再入会をさせて頂く事になりました。
主人を亡くし、今年 22 歳になる娘と 2 人暮らしです。
娘の成長と共に、やがては巣だって行く事を考えると不安と寂しさを感じる今日、この頃です。
自宅で仕事をしている為、繁忙期は参加出来ない時もありますが、また、皆様のお仲間に入れて頂き、交流会やオフ会で交流出来ればと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します。


ワイワイ楽しく過ごせる時間がもてたら

平成元年に上京
夫の急死で 7 年前に札幌へ。
62 才になり定年後を考える年令になり
一日中会話をしなくても
生きていける今の社会かもしれませんが…、さみしすぎます。
これから色々な方と出会い
ワイワイ楽しく過ごせる時間がもてたらと思い入会しました。
一笑一若


同じ哀しみや淋しさをわかちあえる友人が欲しい

主人に先立たれて 4年…同じ哀しみや淋しさをわかちあえる友人が欲しいと思い、申込む決意を致しました。
読書、将棋、料理が趣味の O 型です。…宜しくお願い致します。


ひとりの食事にも少しづつ慣れてきました

夫が亡くなり、ひとりの食事にも少しづつ慣れてきました。
でも同じ淋しさを知っている「お独り様」の友だちが欲しいなぁ~と思っていたところ、先日、たまたま「独身者のココロウチ」を読んで同じ気持ちの方と出逢う事ができるんだぁ~!!と嬉しくなりました。
ヨロシクです。


少しずつ落ち着いてきました

主人と死別して 9 年が経ちます。
なかなか立ち直ることはできませんでしたが、少しずつ落ち着いてきました。
お独り様にはまだ慣れずに淋しく感じることあります。
いろいろな方とお話しできたらと思っています。


ふと我に返って、寂しさを感じるこの頃

はじめまして。
子供たちも家庭を持ち、離れ、安心したけど、ふと我に返って、寂しさを感じるこの頃です。
ゆるくお話しができると良いなと思ってます。
よろしくお願いします。


新しい事にチャレンジしてみよう

還暦をむかえ、新しい事にチャレンジしてみようと、申し込み。
いろんな方たちと交流をもてると伺う。
参加を楽しみにしてます。


1人、取り残されるように感じる事が多くなりました

主人は10年前に亡くなりました。
子供は、社会人で、友達と交流が多くなり、1人、取り残されるように感じる事が多くなりました。
人付き合いが、苦手で、とても迷ったのですが、楽しい事を見つけられたらと思い入会しました。
おいしい店、すてきな店など、食べる事に興味があり、特にパンが大好きです。


さびしい独りぐらしをしています

はじめまして。2 年前に夫を亡くしてから、自分の時間が持てるようになったものの、昼夜、週末を問わずに会える友人が少ないので、さびしい独りぐらしをしています。
食事をしながらおしゃべりをしたり、温泉や花火大会等のちょっとしたイベントをいっしょに楽しんでくれる友人や仲間ができたらいいなと思い入会しました。
よろしくお願いします。


北海道の女性の平均寿命

北海道の女性の平均寿命が丁度一年前の厚生労働省の都道府県別の発表で、86.30 才、全国 25 位との事でした。
私は現在両親と同居しており、いずれも後期高齢者で、やがては「独り身」の生活が訪れるであろうと思い、貴「お独り様会」の入会同意書を読ませて頂き入会する事と致しました。
会員になることにより、会報誌や会合等での情報や、「皆様との会話」の中から将来に向けての「糧」になれば良いと思います。


これからの人生少しでも明るい方向へ持っていけたら

これからの人生少しでも明るい方向へ持っていけたらと思い入会をさせていただく事にしました。
同じ悩みを持つ方とお話しできる日を楽しみにしております。


ようやく前向きに生きる気持ちに

主人が亡くなって 20 年以上経ち、大病を患い、療養生活も経験し、60 才となった今、主人との思い出に生きる(過去にばかり生きる)のはやめ、ようやく前向きに生きる気持ちになりました。
療養生活中に、生涯未婚だった友人 2 人が病気であいついで亡くなり寂しい思いをしていたのも一因です。
いろいろな事をお話しできる友人ができると良いなと思い入会させて頂きたいと思います。
アレルギー体質でアレルギー性の喘息があるので喫煙を伴うオフ会には参加する事ができませんが、どうか宜しくお願い致します。


いろんな話をしたり、聞いてみたい

私の夫は 11 年前に亡くなりました。
3 人の子どもに支えられながら、ここまで歩んで来ることができました。
夫が元気な時は気づかず、亡くなってから平凡な毎日がどんなにか幸せだったか、という事を毎日思って過ごしています。
映画を見たり、コンサートに行ったり、札幌ドームで日ハムの応援に行ったり、楽しく過ごそうとしているのですが、どこかむなしく、心細さが埋まらないのです。
他の人たちはどう過ごされているのか、知りたいと思うようになりました。
いろんな話をしたり、聞いてみたいのです。
よろしくお願いします。


子育ての責任も一段落したのかな

主人が病気で亡くなって 16 年目になります。
中 3、中 1、小 4 だった子どもたちも、今ではその子たちが父親、母親になっています。
私の子育ての責任も一段落したのかなと思うようになりました。
そして、これからの人生を考えていかなければならないなと思うようにもなりました。
同じ思いの方たちのお話を聞いてみたいと思い、入会させて頂きたいと思います。


私も支えてもらっている

2 回目の投稿をします。

しゃぼん玉ノートに書かれている文章を読み直してみました。そこで、9 月号に掲載されていました 246 番さんのコメント、目にとまりました。
私も、夫を亡くした翌年から、介護の仕事を、始めて、今年丸 6 年になります。

47 歳という妙齢?でしたので、自分の物覚えの悪さと記憶力の低下で、仕事を覚えることは、とても大変でした。
最初は、何か 1 つ、良い事をしてみようとか、お年寄りを、助けようとか、そんな気持ちで、始めたのですが、今振り返ると、身体の不自由なお年寄りに助けられていたのは、私のほうでした。

夫を、亡くした悲しみを、充分理解している方が多く、いつの間にか私の悲しみを包み込んで、救いあげられていたように思います。
私の、介護の信念は、利用者さんに、お世辞を言ったり、嘘を言ったりしない事です。
認知の重度の方でも、流石に長年生きてきただけあって、私達が信頼のおける者なのかを、常に見ていて見破るからです。

1 度、ミスを、してしまい、先輩に注意をされたことがありました。
それを見ていた、認知の利用者さんが、「貴方のことは、私が守ってあげるから、大丈夫 」と言ってくれた時は、涙が出そうになり、人と
人が繋がっていくということは、片方だけが、お世話に成っているのではなく、多面的にみると、私も支えてもらっていることにきづかされたりします。

私は、銀行とか、書店とか、仕事に就いていましたが、接客業というのは、自分の人生でとても役に立ったと感じています。
でも、この仕事が、1 番自分らしくいられると感じています。
仕事は、きれいなものでもないし、体力も必要ですが、私は、もしかしたら、明日は、会えなくなってしまうかもしれないんだなと思いながら、利用者さんたちと、悔いなく、楽しんで過ごしています。

何事も、楽しんで、過ごせるよう、頑張って、参りましょうか。


本当にささいなことでも勇気をもらえることがある

今冬はとても寒い日ばかりで、足元がすべることで私はすっかり出不精になってしまった。
この季節、家の中に閉じこもっていると、2 年前に亡くなった夫を思い出すことが多くなり、やっと前向きになっていた気持ちが迷路に入りそうになる。
そして若い時と違って足、腰の筋力が衰えてしまいそうで「だめだなー、これでは」とハッパをかける。

そんな中、初めてアリオの集まりに参加してきた。
場所のせいなのか、時間のせいなのか、とてもアットホームな感じで楽しかった。
来月も楽しみ…。

しゃぼん玉ノートが毎月届くのを楽しみに待ち、自分も休むことなく寄稿文を出すこと、心の中にあったはずなのに、あらら…1 ヶ月の何と早いこと。守られずに来てしまった。

夫を亡くして毎日泣いてばかりの私が、お独り様会のことを見つけ、説明会に行き入会、そして、1 年ちかくたくさんの方たちとの交流で 1 人で生きていく元気をもらった。
アリオに行くバスの中で、私は何と夫に頼りきっていたことかと感じていた。
いつも車の助手席にすわっていれば目的地まで行ける日々だった。

きっと 1 人にならなかったら、北口からバスに乗ることもなかったと思うし、しなかったと思う。
1 人で行き 1 つ見つけたちいさな嬉しさを抱えてのアリオ行きだった。

おかしいでしょう? でも悲しんでいた毎日から少しづつ抜け出そうとしていると本当にささいなことでも勇気をもらえることがある。
心の中は、色々なことを思い感じてぐるぐる回っているから…。


いろんな問題をこれからも何とか乗り越えていきたい

今日もまた雪で、毎日雪はねで本当に参ります。
通勤にも公共機関の遅れが予想され、どれにするか毎朝考えてしまいます。

先日は道路の除雪車も入らない中、雪をこいで、足元に泥除けのスパッツをして地下鉄まで20分ほど歩きました。
駅では、なんとなく人の視線は感じましたが、雪が靴に入らず、パンツの裾も濡れずになかなかお勧めですから皆さんもお試し下さい。

そして先日は急に気温が下がり、家の空き部屋の水道が出なくなり、おひとりさまになって初めての水道凍結かと思うと、さらに参りました。
幸い昼間暖房を入れ続けたのが良かったのか、まだ凍結が軽くて済んだのか、仕事から帰って直ぐに確かめると水が勢いよく出て、安堵しました。

12 月に入り、腕時計は動かなくなる、ブルーレイは写らなくなる、そして水道凍結。
おひとりさまはいろんなことを自分で対処しなければなりませんね。

アクシデント続きで一つずつ解決するしかありませんでしたが、きっと私だけでなく、みんな同じようにこうしていろんなことを乗り越えているのでしょうね。

まだまだ続く雪と、いろんな問題をこれからも何とか乗り越えていきたいと改めて強く思います。


「アナタ」へ

「アナタ」へ
今どうしてますか?
どんなところにいるのですか?
考えても考えても想像がつかない
それほど、遠くに行ってしまったんですね。
知ってるでしょう
私は毎日、泣いていました。
ふっと思いました。私が残って良かったと…。
この悲しみ、アナタにはあげたくないから
「私のことだけ心配だ」って云ってたんだってね。
ありがとう、でもね、ホラッ!
笑ってる私がいるでしょう。
お独り様会でたくさんの人に逢って
心の中が楽になったんだよ。
そして、新しい家族に犬がやってきました。
「命」とかいて「メイ」と名付けました。
毎日、ふり回されています。
だんだん大きくなる「メイ」を見て
アナタと闘った 8 か月とは
こんなに違うんだと感じています。
時々やって来る寂しさに
涙はこらえるようになりました。
すぐそばにいるようにも感じ
ずーっと遠くにいるようにも感じ
アナタのいないことがとても不思議でなりません。
私の笑顔がパワーとなるといってたアナタ、
これからは、たくさん笑って自分のパワーにします。
もう、だいじょうぶかな?
やすらかなアナタでいられますように!
※久しぶりに主人に手紙かきたくなりました。
犬の様子をみて、またオフ会に参加します。


寄稿トップへ