会員さまの寄稿 独身(50代 女性 死別)④

寄稿トップへ

同じような思いの人がいることを知り

夫を失い 4 年になります。それは突然のことでした。
それからずっと暗いトンネルを歩いているような気がします。
男の子が二人いてまだ学生で一緒に住んでおりますが、それぞれの人生を歩んでいくことでしょう。
おひとり様の寂しさは経験した方でないとわかり得ないと思います。
新聞でこの会の事を知り、同じような思いの人がいることを知り、勇気づけられ一歩踏み出してみようと思います。
よろしくお願いいたします。


根の部分で抱えているものが同じだから

6 月の会員交流会に参加しました。
オフ会と合わせて 3 回目となりましたが、初めて訪れる所に、知らない人の中に、1 人で行くことの緊張感はとてもあります。
でも、誰かと話したとたん、消えてしまった。

夫を亡くし 1 年が過ぎ、本当に泣いてばかりだった。寂しいけどこの頃泣かなくなった。
20才で結婚してずーっと専業主婦でこれといって趣味を持たない私が活動したことは、子供の学校のPTAくらいです。
カラオケ・日本ハムの応援・パークゴルフ・旅行、全て夫と一緒だったから 1 人になった時どこにも行けず家の中にいて、可愛がっていた犬も亡くなった時は、半端なく落ちこんだ。

きっかけになったのは、大好きだった沢田研二のコンサートに行った事。
全てザ・タイガースの曲だったから会場全体が昔に戻って 1 人で行ったのに周りの人と楽しく過ごしてきた。
その後です。この会に入会して外に出る機会を持とうとしたのは…。

会員皆、それぞれ違った事情があるけど、根の部分で抱えているものが同じだから、初めて会ったのに楽しく話ができるのかなーと私なりの感想です。
ただ、皆さんは仕事を持っていたり、何かの活動をしていたりとかで、それなりに交流の場があるけど、私にはないということもわかった。ボランティア活動したいと区役所へ行って調べたりしたけれど、車の運転できないことが結構、マイナス面になっていて、なかなか希望のものが見つかりません。参考になるものがありましたら教えて下さい。

会員 577 番さん、子供以外に 30 代の人と話ことはめったになく、アナタにとっては周りが年配者ばかりだったでしょうが、懲りずに、また話しましょう。
そして、少しづつ元気になれれば良いですね。

交流会に参加した時、何人かの人と再会でき、覚えていてくれた事、とても嬉しく思いました。


「笑顔のすすめ」

「笑顔のすすめ」

かなり前の話ですが、TVを見ていると美人のモデルの店員と笑顔の一般の店員からクッキーを買う人を比較する番組がありました。
「笑顔に吸い込まれるように行った」「笑顔が気持ち良い」「心地良い」と反応がありました。
笑顔は白い歯が見え、歯と口元でコントラストが出来、遠くからでも表情が識別でき、40m離れていても笑顔が分かり、その結果笑顔の人の方が早くクッキーを売り上げました。
笑顔の力は、楽しい気持ちを伝えることが出来るそうです。

先日の道新には「女性の疲れ顔は 5.5 歳老ける」の記事を目にしました。
初対面の男性に対しての好印象は肌、姿勢、髪の順でしたが、逆に男性から女性を見た場合、仕事の後の疲れた顔は 5.5 歳老けて見えるそうです。

引きこもりの時期に私の友人は「笑顔でいれば可愛く見えるよ」と、言ってくれました。
その後いろいろありましたが、いつからか笑顔を心掛けるようになりました。
口角を上げ、歯を見せるだけで自分も相手も幸せな気分になるのです。

今では写真はもちろん「笑顔」です。
今私は 57 歳です、友人は「いゃ~若く見えるよ。56 歳位に見えるよ。」と、私をからかいますが、
56歳に見えるのと 58 歳に見えるのは大違いです。
若く元気が良い 57 歳でありたいと思います。
みなさんも笑顔を心掛けましょう。


沢山の人からの手紙が届いた様で嬉しかった

会員になり第一号のしゃぼん玉ノートが届きました。

13 歳~20 歳まで文通(古いですね)をしていた事があり、その時をなつかしく想い出し沢山の人からの手紙が届いた様で嬉しかったです。
でも、ごめんなさい。やはり同じ立場の人たちからの文面に先に目が行ってしまいました。

今月誕生日だったので年齢が 1 つ増えました。
夫の写真に向かって「アナタの年齢に 2 つ近づきました。同じ年まで元気でいられるでしょうか?それとも越えて元気にしているでしょうか?どうか、ずっと見守っていてください」と手を合わせながら、昨年はそれどころではなかったなーと、振り返られる私がいました。
子どもたち、孫に花やケーキをプレゼントされ、久しぶりに嬉しい涙が出ました。
夫のいない 2 度目の誕生日でした。

会員番号 445 号さん、どうしていますか? 私も同じです。
痛いほど貴女の気持伝わってきます。
少しずつ元気できている今でも突然どうしようもなく夫に逢いたくて夫が着ていたセーターを抱きしめ、思いきり泣いています。
泣く事がまんしていませんか。
声を出して泣くといい。それで悲しみ、寂しさが減る訳ではないですが、がまんする事 1つ減らすだけでも少し楽になれる気がします。
家にいても夫との想い出ばかりが残っていて、外に出たら少しはと思ってみたものの、夫婦で買い物する姿を見て、私にはもうできなくなってしまったとか、どこにいても、どこを見ても悲しいことだらけで、そしてそれをがまんしていたから、心の中がパンクした。
精神的に不安定になり、今も安定剤や眠剤を手放せません。
泣く自分がいてもいいから笑う自分もいるようにしよう、そう思うことに…
夫に甘えっぱなしの今までだったけど、いつか迎えにきてもらった時、沢山話すことがあるように 1 人になった人生を元気に歩いて行こうと思います。

旅行が好きです。まだまだ行きたい所があります。
1 人旅にもあこがれますが、 1 人で泊まることには自信がありません。
いつか、知り合った方と行けたら良いなと思っています。
今は癒してくれる花が見たいです。
カラスのカー吉君、どうなるのか楽しみにしていま~す!!


何かほっと安心している自分です

3年半前に夫が脳出血で突然亡くなり、その後二人の子も結婚し今は夫の母と二人暮らしです。
これからの人生をどう過ごすのか、ボランティア等について調べていてお独り様会に出会いました。
夫の死後、「気ままで自由でいいよ!」と強がって一人でツアーに参加したり温泉に行ったりしていますがやっぱり淋しいです。
家族のいる友人は気軽に誘えないし時間も合いません。
男の子二人で今後同居するつもりは全くなく、老後何処でどう暮らすのかなども考えてしまいます。
色々な話題で話し合えて、食事や旅行、野球観戦なんかも一緒に行ける気の合う仲間がほしいと思いました。
そして退職したら自分の楽しみだけではなく、何らかの社会活動もしていけたらと思っています。
この会の存在を知っただけで何かほっと安心している自分です。
オフ会にも参加させていただきますので宜しくお願いいたします。


ドライブ仲間募集

「ドライブ仲間募集」

4 月号の「シャボン玉ノート」に、待っているだけでなく行動することを勧めてくれた方がいましたね。
私もこの1年間でここに投稿も含めて、自分が出来ることをしたいと思います。

オフ会にも参加したいと思いますが、ドライブと言うのがなかったので、仲間を募集したいと思います。
今までは、一人で長距離運転はかなり必要に迫られた以外はしませんでした。
行きは良い良いですが、帰りは居眠り運転すれすれでドライブを楽しむ状態ではなかったのです。

今回募集仲間に
1、50 歳代の方
2、普段運転されている方(車を持っている方ですとありがたいです)
3、おしゃべりを楽しめる方
と、こんな感じで後は集まってから相談しませんか?
だれも賛同者がいないかも知れないし、あるいはバスを借りなければ無理かもしれませんし。
ここに呼びかけることも、会の内容が分からないのに無謀なことかもしれませんが。
とにかく、せっかく縁があってここに集まったのですから、行動してみましょう。

● 集合場所 JR札幌駅 北口鐘の広場 (団体の集合場所)
● 集合時間 5 月 22 日(火曜日) 午後 6 時 30 分
● 持ち物 当日集まった方たちと連絡をとりあえるように、氏名と電話番号とメールアドレスを書いた物(複数枚)

当日、「黄色いハンカチ」としたいのですが、さりげなくお待ちしていますので膝に「黄色いハンドタオル」を広げています。
合言葉は「仲間さんですか?」と声を掛けて下さい、「仲間です」とお応えします。
これから 5 月 22 日までドキドキしながら待っています。


どの様にのり越えていったらいいのでしょう

二度目の投稿をします。

昨年の九月、夫を病気で亡くしました。
喪失感、さみしさ、むなしさ、すべてが私をおそいました。
優しく、いつも私を大切にしてくれた夫。今でも、あいたくて、あいたくて…。

この気持ちをどの様にして次に進めていったらよいのかが私の現在の課題です。
何をもっても、うめつくせない心の空洞。
早く夫のところへ行きたいとも思っています。しかし、私も生きていかなくてはならないのです。

どの様にのり越えていったらいいのでしょう。
大切な人を亡くした人たちへ、ぜひ「のり越え方」を教えて下さい。
日々、いろいろな書物を読み、からだを動かし規則正しい生活をしなくては…と心がけてはいるのですが、何をしても、むなしく、一人のさみしさは、たとえ様のない程、苦しさがおそって来ます。

大切な人を亡くした方々でぜひ集いませんか。
私はひと様に愚痴をこぼしたりがあまりできませんし、好きではありません。
この会に入りましたので同じ境遇の人とぜひお会いしてお話をしてみたいです。
札幌市在住。ご連絡お待ちしております。


私の笑顔がパワーになる

新聞で見つけた「お独り様会」の記事。
今までの私だったらきっと、関係ないと通り過ぎてしまったでしょう。
でも、昨年春に主人を亡くした今の私には、とてもひかれるものがありました。
ガンと告知を受け、手術をして 5 ヶ月の自宅での闘病生活。
残ったのは寂しさと悲しみと苦しみだけでした。
こんなつらいことだとは、思ってもいなかった。
病気になってからの主人との事が毎日のように頭の中をかけめぐり、もっと笑顔でいてあげたかったとか、こうしてあげれば良かったとか、とめどなく涙が流れ、天国の主人に「ずるいよ、先に行って」と泣きながら訴えたことも。
毎日は長かったけど、1年はあっという間でした。
今もまだ時々、主人のいない現実を受け入れられなくなり、どうすることもできない寂しさに泣いている私がいます。
このままではいけない、このまま老いに向かってはダメだと、自分なりに理解しているつもりでも、その1歩をどうやって踏み出そうか迷っている時に、出逢ったのがこの会です。
その1歩が2歩、3歩になるかまだ分かりませんが、時々泣きながらでも前に進んでいけるよう、そして、「私の笑顔がパワーになる」と書き残して逝った主人の言葉を心の中に受け止め、「お独り様会」から元気をもらえたらと思っております。


多くの方とお知り合いになれたら

ひとり暮らしはきままで、仕事や趣味など楽しいことをしている時は何もかも忘れることが出来て良いのですが、寂しくてTV、ラジオの音がなければ生活できず、誰とも会話しない日もあり、たまに、とても悲しくて、涙を流すことがあります。
先ごろ新聞でお独り様の会を知り自分と同じ気持ちの方がいて共感できるのではと思い入会させて頂きました。
“オフ会”には積極的に参加し、多くの方とお知り合いになれたらと思っております。
食事、旅行など大好きです。よろしくお願い致します。


今後の人生のプラスになるよう願っています

全く知り合いのいない、この北海道へ移住して 10 年になりました。
来道して 2 年目、夫がガンを発病。手術、抗ガン剤治療、入退院のくり返し。
慣れない土地で仕事と介護だけの日々でした。

そして 2 年前、夫の希望通り、自宅で最期をむかえることができました。
希望をかなえてあげられて良かった。後悔はあまりないはず…。でも淋しい、空しい。
自分が生きていることに目的も意義も見いだせず、職場と自宅を往復するだけ。
眠剤に頼らなければ眠れない、空っぽの自分。
たまに外出してもカップルばかりが目について、もっともっとあんなふうに過ごせたのに。
もっともっと北海道の暮らしを楽しめるはずだったのに。
泣き、叫び、怒り、引きこもり、このままじゃダメになる。

そんな時に目に止まった、お独り様会の新聞記事。
夫が「もう、前を向いて、自分の人生を楽しんだら?」と言ってくれている気がしました。
これといった趣味もなく、何の取り柄もない私。
人見知り、口ベタ、でも、人とつながりたいって思えるようになりました。
「おいしいね」って言い合える、それだけで幸せを感じられる。
そんな日がくることを信じて、勇気を出そうと思います。
この会との出会いが、今後の人生のプラスになるよう願っています。


一緒に行ける仲間が出来るとよい

自分の体験したことを語り合えたり、又、旅行が大好きなので、一緒に行ける仲間が出来るとよいと思っています。


私と絵友になって下さいませんか

私の趣味は、水彩画を描く事です。
ひとりになってから、楽しむ時間を持ちたいと、始めました。かれこれ 3 年程になります。
好きで始めたはずなのに、何度か中断して、結果、腕前は推して知るべしです。
昨秋から、絵のサークルを始めました。
けれど、サークルを離れての絵友が少ないのが、寂しいところです。
お独り様会に入ってから、同じ趣味の方はいないかと、何人かに聞きましたが、残念ながら会えておりません。
しゃぼん玉ノートで呼びかけてみてはどうか、とアドバイスされて、書いてみる事にしました。
どなたか、私と絵友になって下さいませんか?
5 月から 9 月上旬くらいまで、外でのんびりスケッチするのは気持ちの良いものですよ。
既に水彩画を描かれている方には、私がアドバイスをして欲しいです。
未経験の方には、ごく初歩的な事なら、私でも教えられるかもしれません。
一緒にスケッチに出かけましょう。おはがき、お待ちしています。


寄稿トップへ