会員さまの寄稿 独身(60代 女性 死別)⑤

寄稿トップへ

転送ハガキが届きました

2 回目の投稿です。9月に入会して2~3ヶ月経った頃、転送ハガキが届きました。
“セーヌ河クルーズの旅友を探しています”に対して賛同する旨の文と住所、氏名、電話番号も記入してありました。
その後トントン拍子に話が進み 5 月には実現する運びになりました。
彼女とは2~3度電話で声のご対面となりましたがお顔は拝見できていません。
もうまもなくお会いできます。
このたびのご縁がこれからの旅へと継続して行けますよう心から願っています。
「お独り様会」に入会して本当に幸運でした。
“念ずれば花ひらく”動かなければ出会えないですね。


おひとり様はむなしく、寂しい時間が過ぎ

おひとり様はむなしく、寂しい時間が過ぎ、生きてゆくのが辛いなーとくじけています。
笑顔を出せるよう力を抜き、独りではない、と自分に言い聞かせたいです。
楽しい話題の中へ入れて下さい。
夫が迎えに来てくれるまで前向きに生きてゆきたいです。


お友達に救われる日々です

前略

平成 10 年に主人を亡くし、現在、娘夫婦と同居しています。
3~4 年前より元気になり、今は女友達と月 1 度 5~6 人で会い、食事やカラオケをしています。
お友達はプロ並みに上手です。そのお友達に救われる日々です。

ペギー葉山さんの歌に「朝の光が差し込む前に目覚めて孤独な時間が過ぎる」という歌詞があります。
本当に歌の通りの暮しです。再婚は考えていません。
日々暮らしの中で娘、孫がいて、との話とは別のものと思うのです。
1 対 1 じゃなくて良いのです。○○会、集まりでどなたかと会う。お話しが出来る。
それだけで満足です。

これからの季節、秋から初冬にかけて怖いほど孤独感に押し潰されそうになり、頑張れって自分に言い聞かせています。
皆さんはどうしているのかしら。
窓から見える陽が樽前山に落ちる風景が、また今年もこの季節が来たって怖くなります。
何で私だけ、こんなに寂しいの。
私が何か悪い事をしたと言うのって自問自答し、誰にも会いたく無く、外に出られない状態に落ち込みます。

お友達に話すと「信じられない」と。
そのお友達にお独り様会を教えてもらいました。
勝手気ままな性格のため、上手くやっていけるか心配です。
宜しくお願いいたします。ありがとうございます。


このごろは外出の機会も少なくなり

友人の知人より、お独り様会の事を知りました。
このごろは外出の機会も少なくなり、何かしなければと思っていました。
これからは楽しい外出が増えることを期待しています。
今年は、主人の七回忌を無事に済ませました。


札幌に来て、もう早や四十年経ちます

皆様へ
はじめまして、青森出身の*と申します。
どうぞ宜しくお願い致します。
今回、皆様の「お独り様会」に入れていただく事に成りまして、幸せに思います。

さて、私事ですが、札幌に来て、もう早や四十年経ちます。
その間、色々なことが有りました。
子供が二人誕生し、その子供も三十七才と三十八才に成ります。女子と男子です。
夫は、平成十年にこの世を去りました。五十三才でした。

今、現在の生活ですが、娘と二人暮らしで楽しくやっています。
好きな事と言えば。旅行と野菜採りと、家の中では、バック(カバン)作りに夢中になっています。
料理するのも好きですよ!(食べるのが好きだから)
後は、歌のボランティアもやって居ます。
これは自分の心のケアにも成りますし、何より楽しいです。

色々やって居ますが、この会には、今、以上に楽しい人生が有ると思い、入会することにしました。
六十才でお酒に弱い私ですが、宜しくお願いします。


このままでは自分がくじけてしまう

八年前、夫が亡くなり、稚内から札幌へ来ました。
五年前に、子ども達は私の元からそれぞれ巣立ち、私一人になりました。
現在、職場と家との往復で何の変化もなく友人もいなく、一人の寂しさを常に思い、日を暮していました。
「生きるのってつらいなー」とこのままでは自分がくじけてしまう。
そう思っていた所に、ふっと目にしたボラナビで、お独り様会を知りました。
何も行動しなくては何も変わらないと思い勇気を出して参加してみました。
寂しいのは皆同じと知り、一人でも友人が出来ればと思っています。
皆様宜しくお願いします。


息子の結婚を機に一人暮しの生活になり

お独り様になって、8年経ちました。
3年位前まで息子と同居していましたが、息子の結婚を機に一人暮しの生活になり、やっと一人の生活にも慣れ、週 2 回のヨガ、空いた日は筋トレと日々忙しい毎日を送っております。
お友達も何人かいるのですが、グループで月 1 回位のランチ~ディナー等を出来ればと思い入会しました。
春には、ハイキング等~グループでワイワイ言いながら森林浴をしながら、心も体も健康になればいいと思います。私どもの年齢になりますと、ハードな運動は逆効果らしいです。
ゆっくり、ゆっくり、頑張りすぎない様に少しだけ頑張って、スローライフを大勢の方々と共有出来ればと思っております。


お友達が欲しいと思っていた時に

初めまして
お友達が欲しいと思っていた時にテレビで偶然この会が有るのを知り、NHKに電話を掛けて連絡先を教えて頂きました。決心するまでに一ヶ月以上掛かりました。
私は今、清掃の仕事を一日4時間半程度しております。
70 才が定年なので、70 才まであと少し、頑張って働こうと思っております。
皆様達の思いや考え方等を聞いて、見聞を広めたいと思っています。
楽しい一時を共有出来たらと願っております。
どうぞよろしくお願いします。


主人をガンで亡くし丸7年が過ぎました

9月10日道新にてお独り様会があること知り、そして皆様の明るいいきいきした写真を見て申し込みしたいと思いました。
私も主人をガンで亡くし丸7年が過ぎました。
私が60歳で主人と 2 人これから旅行したりして楽しもうと話していました。
8ヶ月の闘病で旅立ってしまいました。
でも悲しんでばかりいられません。
気持ちを切り替え、現実を受けとめて、近頃はおひとり様生活も上手に出来る様になり、望んだ自由ではないけれど、その自由を生かし今は習字、卓球、水泳、菜園と上手ではないけれど自分なりに楽しんでおりますが……
田舎で生まれ、そして結婚。都会で生活したことがありません。
これを機会にいろんな人達と出会い、交流を持ち、友人をつくることが出来たらうれしいです。
いろんな行事にも参加してみたい。
早くオフ会に参加し皆様とお会い出来るのを楽しみにしています。
よろしくお願い致します。


一人暮らしに慣れなければと

一人暮らしに慣れなければと自分に言い聞かせての生活ですが心細く思います。
同じ境遇の方々と交流を持ち、孤立しないようにつながり、支え合っていけたら心強いと思い入会しました。


何て書いたら良いのでしょう

何て書いたら良いのでしょう。
あまり自分の事など、他人に解ってもらおうと努力した事等無かったので、この会に入って文章を書く自分がおかしくって それでいて嬉しくなっています。

この会を私はテレビで知ったんです。

夫を亡くし、五年が過ぎ、なぜか10kも体重が増え、涙でむくんだなんて事無いし、言い訳としてはストレス太りかな。
笑い合う相手が欲しいです。私ってチクット笑わせるの得意なのです。

そうですね、自己紹介から始めます。
年令は七月で 65 才になりました、B 型の蟹座。身長 151cm、体重とウエストは省略。
足の大きさ24cm、眼鏡を掛けています。色白の方で、声が大きいですね。好奇心旺盛です。

あーもう書く事なかったかしら
好きな物は果物と落語それと歌。
苦手な事はカメラ、写真が上手くとれないんです。パソコンが出来ません。
ケータイのメールが出来ます。

そうだ、子供のこと書かなくってはね。
三人います。長男と暮らして居ます。下に娘が二人、嫁いでいます。
孫が三人います、私はバアバと呼ばれています。

生活スタイルは 夜七時にベットにはいり、朝は三時半頃に目覚めます。
起床してから前夜のビデオをみます。私はラジオっ子です。
植物は好きですが畑はありません。季節ごとプランターと鉢で楽しみます。

生き物は好きです。それを生業としていた時がありましたから。
あの頃は大変でした。生活するのに精一杯で子育てはどうしたのか。子供たちが可哀想でした
今、思うところ、そのことが後悔です。もう猫の仔一匹もいりません。悲しい事が多すぎましたもの。
高校を卒業して民間の大手に就職しました。

結婚しても、その会社で働きたかったのですが、寿退社してくれとの事で公務員試験を受け、運良く受かりました。
でも長くは勤めませんでした。札幌冬季オリンピックの頃です。


いずれ仕事を辞めたらきっと寂いだろうなぁ~

私は現在一人で暮しており、子供がいなく、仕事人間ですが、いずれ仕事を辞めたらきっと寂いだろうなぁ~と以前より思っていましたところ、道新掲載「おひとり様の会」を読みまして、説明会を聞き入会を決めました。
これといって特別な趣味はありませんが、映画を観たり、本を読んだり、たまには食事しながらアルコールを飲んだりしてきましたが、この会に参加して今まで知り合うことができなかった皆さん方とお会いし、見聞を広げいい歳を重ねていけたらと思っております。
どうか宜しくお願いします。


3年前に夫を、先月ペットのネコを亡くしました

初めて投稿させていただきます。

私は、今仕事をしています。
3年前に夫を、先月ペットのネコを亡くしました。
本当の独りになってしまいました。
仕事のことなどで、喜び寂しさを話すことがかなわなくなってしまいました。
この頃「生きる」意味さえわからなくなることさえあります。
情けないですね(笑)。

一人は自由ではありますけど、その何倍も寂しさがあることを初めて知りました。
いろいろな生き方している人のお話を聞けるチャンスは、そうないと思いペンをとりました。
かなり迷いましたけど・・・。

まずは
前に進まないことには結果が出ませんものね。

拙い文面で申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いいたします。


毎日手さぐりで生きている状態です

初めまして。

死別 13 年目に成り日々毎日手さぐりで生きている状態です。
目標を見つけ出す事も出来ずに挫折の毎日でした。

友人にお独り様会を紹介していただきました。

人間は 1 人では生きて行けない。必ずや誰かに支えられて生きているのであれば、キズのなめ合いじゃなく前向きに生きていける仲間創りの輪が出来たら幸せなのにと思うようになり、参加を決めました。
“皆んな幸になあれ”が私の合言葉です!

今後共宜しく御願い致します。
皆様に合える日を楽しみにしています。


退職してからは、人と話す機会も減り

この会を知ったのは、5 月 6 日の道新の記事でした。
「お独り様会」設立の文字が気になりながらも入会できずにいました。
そんな時、NHK の「おはよう北海道」で会の皆様の笑顔を見て入会する決心が着きました。

去年退職してからは、人と話す機会も減り寂しく思っていました。
この会に入会して世代を超えていろいろな方と知り合い、お話しできる事を楽しみにしています。
出かけるのは、大好きです。

夫は八年前初孫が生まれて二十五日後に亡くなりました。
折しもその日は夫の誕生日でもありました。


五年くらい前に突発性難聴になり

私は五年くらい前に突発性難聴になり、耳鼻科に数件行ったり、私なりに色々と努力をしましたが、両方、特に左側が聞こえづらく今に至っています。

以前は聞いたりお話をするのが好きで、講演会に出かけたり、ボランティア活動をさせてもらったりして、楽しく有意義な毎日を送っていました。

今の状況を受け入れないとと思いながらも、私の事を知っている娘や妹と会うだけで、本当に消極的になってしまいました。
聞こえづらくなってしまったという私なりにつらい体験を今も継続中ですが、それ以外は、いたって元気でおります。

私以上に苦しまれている方も、お独り様会にいらっしゃると思います。

ある面積極的になれない私から脱皮をして、色々な方達とお会いしたり、お話をしたりし、背中をおしてもらったり、押したりして、涙が出るくらい笑いあったり、時には泣いたりし生かされている事に感謝ができ、心だって明るく優しい日々のためにも元気でいたいです!


入会の目的

入会の目的

① 70 歳までにヨーロッパ旅行(ドイツ、ライン川、クルーズ)に行きたいので、同様の目標のある仲間と出会いたい。

② 独身の老女は地域の暮らしの中で軽く見られたり、小さないやがらせを受けたりしてストレスがたまる・・・辛抱辛抱と言い聞かせて前向きに生きてるが・・・上手にかわすヒントがあれば、事例をあげて教えていただきたい。

③ 春のお花見、秋のもみじ狩り、新年会、焼き肉パーティなど皆で集まって楽しい時間を共有したいです。


エ! 20歳から100歳まで? 急がにゃなるまい

エ! 20歳から100歳まで? 急がにゃなるまい。
誕生日が来る前に。四捨五入で100歳。それ!
ペンを取れ。お独り様会、といっても、集まれば多勢会でしょ。入れて!!

私は、書くのが大好き(特にラヴレター)なのでさっそく始めよう。
さて、自分のこと。正直に。意地悪で気が強い。実は祖先は“舌切り雀”のおばあさん。
そのせいか欲張り、やきもち焼き、と性格悪し人間。
でもこの性格自分では気に入っている。今更変わらんでしょうし。

アルツハイマーも初期で、失敗だらけの毎日。
骨スカスカ、目ショボン、耳オタオタ、手足よろよろ、腹ブヨブヨ、シミ、シワ、シラガ、神経痛にシモヤケ、まあ、こんなもんさ!
人前には出たくない。といって引き籠もりでもなくせっせと出歩く。
街も公園もスーパーもね。軽く一日一万歩。

好きなもの
月。海。アイスクリーム。赤ちゃん(よその)、コスモス、大根おろし、四ツ葉のクローバー。

嫌いなもの
どっさりなのでパス。

羨ましいもの。
金持ち、土地持ち、美男美女。

憧れの人
ショーンコネリー、チャン・グンソク(ミーハーでしょ)。
そして最後に私の娘。娘に憧れるなんて変な話かも。
でもあの人最高!いい線いってる。気立て優しく力持ち。登山大好きの薄味好み。
私が男ならとっくに口説いている。振られたりして…。
一緒の時間は温かく包まれて幸せ一杯になるの。

まぁ、今日のところはこの辺で。こんなこと書いたけど、大丈夫かな。心配になってきた。以上。

追伸 今秋の“十五夜さん”曇りで残念、無念。
ススキ摘んできて飾ったのに…チェッ!願い事あったのに。


寄稿トップへ