結婚相談所との違い

カテゴリー
内容
お独り様会なら「イエス」
結婚相談所なら「ノー」
出会い
たくさんの出会いがある 会員は多様な交流会やオフ会に何度でも無料で参加できる。 参加回数は制限されている、または有料である。
同性のお友達を作れる 同性も異性も、想いや経験を分かち合える大切な仲間。 同性はみなライバル、または自分とは関係ない人。
異性のお友達を作れる 異性と、友達として付き合うのは禁止。相手にも迷惑になる。
仲間の存在
仲間を「よく」知ることができる 毎月送られてくる会報誌や、オフ会・交流会で互いを理解できる。 年齢、年収、学歴、身長、顔写真など数字と見た目で判断される。
仲間と不安を共有できる 毎月届けられる会報誌に寄稿したり、オフ会で仲間に話したりすることで、独身に関する不安や寂しさ、日常の小さな喜びなどに共感や同意を得られる 後ろ向きな話題は極力避けられている。
仲間と楽しみを共有できる 仲間としての交流の機会はない。
異性を寛大に受け止められる 「誰にでも個性がある」と異性を寛大に受け入れられる。 配偶者として有りか無しか、シビアにふるいにかけてしまう。
常に仲間の存在を感じられる いつも会報誌やオフ会で、仲間の存在を感じられる。 仲間や友人はできない。
自己の変化
自分に自信が持てる 素敵な同性や異性と友達になり、日々にハリがでる。 配偶者として「なし」とふるいにかけられて、自信を失いやすい。
会員さんがイキイキしている 寄稿で思いを書いたり、オフ会に参加したりでイキイキする。 結婚にたどり着かないことで、自分が否定されていると感じる。
自分に適した楽しみ方が見つかる 寄稿したり、インドアやアウトドアのオフ会に参加したりできる。 結婚紹介所に在籍していることを楽しむのは難しい。
その他
結婚を希望しない人も入会できる 「結婚は(もう)しない」という方も独身者だけで交流できる。 結婚を希望しない人は入会を断られる。
会費が手ごろである 北海道で月1,980円、東京で月4,000円。34歳以下女性無料。成婚料無。 大手AもBも入会金が必要で10万円以上+毎月1万円以上。成婚料有。
入会しやすい 独身であることだけが条件。誰でも入会を歓迎される。 女性で若くない方、男性で年収・学歴・身長の低い方にはハードルが高い
個性が表れやすい お花見、クリスマス会、小旅行を企画したり、協力したりできる。 自発的企画は不可で、個性が見えづらく、嗜好を反映できない。
趣味のサークルや友人同士の集まりなら
  • 夫婦で仲良く参加しているところを見せつけられたり、配偶者自慢を聞かされたりすることがある。
  • 既婚者もいて、心無い言葉で傷つけられることがある。「どうして結婚しないの?もう出産できなくなるよ」「奥さんを亡くされて、大変でしょう(僕の奥さんは元気だけど)」「一人暮らしは寂しいでしょうね(一人暮らししたことないけど)」
  • 自分は独身で、相手が既婚者なら、話題を選ばなくてはならない。

Return Top