楽しい活動のために

お独り様会三箇条

みなさんに楽しく活動していただくための三箇条です。

1)思いやりの気持ちを忘れずに、笑顔で優しい態度と言葉づかいを心がけましょう。
2)他の方の価値観を尊重しましょう。ご自分と相性の合わない方、ご自分と縁のない方もいます。
3)だれかを頼るのではなく、自分にできることがないか考え、楽しい活動にしていきましょう。

「お独り様会」楽しい活動のためのヒント

これまでの運営の中で出てきたご要望、ご感想などをもとに楽しい活動のためのヒントをつくり、会員さまと共有しています。

人間関係

Q 会員交流会に出たのですが他の会員さまとうまく打ち解けられません。
A 月並みですが、人間関係はまず明るいあいさつから始まると思います。「こちらに座ってよろしいですか?」「私は◎◎といいます。よろしくお願いします」など、自分からごあいさつしていくと、その後お話しがしやすくなるようです。

Q 苦手な人が来るので参加しづらいです。
A 相性はもちろんあると思います。しかし、みなさん楽しみにして参加されているので、少し離れた席に座るなど、さりげなく距離を取ってはいかがでしょうか? 少しの譲り合い、許しあいで、より会の活動もお楽しみいただけると思います。

Q 失礼なことを言われました!
A どのようなことを言われたのか、よろしければ事務局にお知らせください。ご要望されるなら、または事務局で必要性を感じた時は、ご了承いただいた上、お相手に確認を取る場合があります。

Q 何回もメールされて困っています。
A メールアドレスを交換した当初より、お互いにとって、メールのやり取りが予想と異なってくることはあると思います。「あまりにメールを送ってくる頻度が多い!」「全然返事をくれない!」などが考えられます。そのような場合は、メール交換を一時中断するのがお互いにとっていいと思われますので、どちらかから、お相手を傷つけないような形でそのような申し出をしてみてはどうでしょうか。もし、お相手に理解されず、怒りをかってしまうような結果になるなどお困りでしたら、事務局にお知らせください。

ページトップへ戻る

オフ会・交流会

Q 事務局オフ会に参加したいのですが、スタッフが来ないのが心配です。他の参加者の方とちゃんと会えますか?
A 「◎◎(しゃぼん玉ノート内でお知らせします)で予約してあります」と店の人に伝えてください。案内された席に他の参加者の方も集まるはずです。時間になりましたら、みなさんと相談しながら自己紹介を始め、楽しい時間をお過ごしください。他の参加者の方も多かれ少なかれドキドキされているはずですが、たいがいすぐに打ち解け、楽しい時間を過ごされているようです。

Q オフ会で知らない人と同席するのが心配です。
A 参加される方の寄稿を事前に読んで行かれると、会話の糸口が見つかりやすいようです。また、お独り様会はもともと知らない人同士がお知り合いになる会なので、みなさん条件は同じです。ご自身がオフ会に慣れてきたら、新入会の方に声をかけて緊張をほぐしてあげてください。

Q 新しく入会したのですが、既に仲の良いグループがあるようで入っていけません。
A 仲の良い会員グループが、いくつかできているようです。既存のグループに入っていくのが難しく感じられることもあるかもしれません。でもどのグループの方も、新しい会員さまに好意的で、お会いできるのを楽しみにされています。また、どの会員さまも当初はドキドキされたとおっしゃっていますので、そんな不安感も共感してもらえるはずです。あいさつしながら話しかけてみてください。事務局もサポートします。

Q 自分のお気に入りの店や、自分の好きなスポーツのオフ会を開催してもらえませんか。
A オフ会へのご要望はいつも受けつけ、なるべくご希望通りのオフ会を開催できるように努めていますので、ぜひお知らせください。でももしよろしければ、ご自身が幹事となって開催されてみてはいかがでしょうか。幹事さまが在籍するオフ会は、事務局オフ会とは異なるニーズを満たせます。

Q 呼びかけたのに人が集まりません。
A 新しいオフ会がすぐに軌道に乗るとは限りません。日時・場所・内容などを見直して再度開催してみてはいかがですか? 事務局でもご相談に乗ります。
 

ページトップへ戻る

Return Top