FAQ・よくある質問

※質問をクリックすると答えが開きます。

Q お独り様会で出会った方とおつきあいや結婚することになってもいいのでしょうか。
A
はい。お独り様会は結婚相談所ではなく、結婚を奨励する会でもありませんが、会員さまそれぞれのお幸せを心から願っております。パートナーとの出会いや結婚を希望される会員さまも多くいらっしゃいますし、実際に結婚された例もございます。
なお、おつきあいに関しては報告義務はございませんが、報告していただければ大変嬉しいです。
ご結婚の場合には、独身ではなくなりますのでご退会いただきます。成婚料は当然ありません。

(2017年11月)
Q お独り様会に匿名性はありますか?
A
あります。会員さまについては、会員番号と下のお名前(ファーストネーム)だけを、ひらがなで開示していただきます。お名前ではなくニックネームにしていただくことも可能です。

(2018年1月)
Q お独り様会の目的はなんでしょうか。
A
「同性の友達が欲しい」「結婚したい」「結婚は考えないが異性の友達が欲しい」「同じ独身者の気持ちや経験を読みたい」「書いた文が確実に文集に掲載される楽しさを味わいたい」など、会員さまそれぞれの目的に応じられる仕組みです。
独身者同士が緩やかにつながり、同性異性の友人を作りやすい地域社会の創造を目指しています。

(2011年7月)
Q お独り様会は「結婚相談所」とは違うのでしょうか?
A
違います。結婚相談所との違いをご覧ください。

Q 年齢や就業形態、所得による制限はありますか。
A
20歳以上の独身者が対象で、年齢上限はありません。無職・非正規雇用の方、年金受給者も大歓迎です。身分証明書等は不要です。親や子どもと同居していても、ご自身が独身であれば入会できます。

(2011年7月)
Q 入会できるのは北海道または東京都居住者だけでしょうか?
A
日本全国どこにお住まいの方も入会できます。会員さまの多い地域でオフ会を開催します。

(2011年5月)
Q 入会時に、なぜ原稿(寄稿)が必要なのでしょうか?
A
寄稿を会報誌に載せる仕組みにより、以下が期待できます。

  • 他の会員さまの思いや経験、人柄に効率的にたくさん触れられる
  • 自身のことを他の会員さまに理解してもらいやすくなる
  • 同性異性問わず相性のいい相手を見つけたり、相性のいい相手に見つけてもらいやすい
  • 多数の独身者の存在を感じることが、励みになる
  • 自己開示を経ることで、会員さま同士が打ち解けやすい
  • 自身について書くことがストレス解消になる
  • 自分の書く文が確実に掲載され、印刷物となって会員さま全員の元に届けられることが嬉しい
  • 書いたり読んだりすることが、楽しいひとときになる
  • オフ会開催前に、会話の糸口を見つけておける
  • オフ会で一人ひとりがゼロから長く自己紹介する必要がなく、旧知の友のように話ができる
(2014年9月)
Q 会報誌を読んで、またはオフ会や交流会で出会った方に連絡を取ってみたい場合、可能でしょうか。
A
「手紙転送サービス」があります。同性でも異性でも、気になるお相手に、事務局を通してメッセージをお送りできるものです。詳細は北海道と東京の事務局で異なりますので、入会後にお届けするブックでご確認ください。

(2018年1月)
Q お独り様会はいつ始まりましたか?
A
お独り様会は2011年4月に北海道でスタートしました。北海道庁の補助事業に認められたことで、当初2年間は主に補助金で運営しました。多くの方に喜ばれ、仕組みに対する強いニーズを感じたため、2013年度からは自主事業として続けています。2017年11月には東京でもスタートしました。

(2018年2月)
Q 会報誌等は「お独り様会」と書かれた封筒で届きますか?
A
封筒には「お独り様会」とは記載していません。北海道の会員様にはNPO法人ボラナビ、東京の会員様には合同会社エラと印字された封筒でお届けしますので、同居されている方に会のことは伝わりづらいと思います。

(2018年1月)


ページトップへ戻る