60代の離婚 独身 女性の本音~出会い、婚活、再婚、親の高齢化、子育て、仕事など

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

60代の離婚独身女性からいただいた本音です。
別の独身の方々の本音を読みたい方はコチラ

出会いが欲しい

フラワーアーティストの友人が「今年の花は何もかも早い」と嘆いていました。そういえば街のあちらこちらで見かける紫陽花の蕾も大きく丸くふくらんで、もう色づくばかりですね。そんな季節のうつろいを、いっしょにおはなしできる方々に会いたいな、と思っています。

11年程前に離婚してから、生きることに精一杯でした。今年、兄夫婦が息子の所へ引越してしまい、頼る人もいなくなり、心細く寂しくなりました。支え合えるパートナーが側にいてほしいと思う様になりました。また、趣味などいろいろなお話ができる友達ができればと思っております。

友だちが少ないので性別を問わず 友だちがほしい。心から信頼できる人に出会いたい。一人では出掛けることもしないので、一緒に楽しめたらと思っています。
心が通じるパートナーに出会えたらなお嬉しいです。
本音を話せる友だちに出会いたい。信頼できる人に出会いたい。

わたし、結婚はもう懲り懲り(こりごり)。
性の別なく一人スタイルで生活する方とお友達になれたら、豊かな交流ができるかなと期待しています。
事業を起こし、運営しながら、男性社会の義理人情に包まれ、同年代の男性による女性を卑下する態度に憤慨することもあります。けれども、仕事を続けなければ食べてはいかれないし、将来の年金額にも影響するからますます忙しく仕事をします。

結婚・婚活・出会い

離婚しまして、今現在小さなマンションにおります。となりに住まわれている方がどなたか分からない、ポツンと一人での室で住んでます。鍵をかければたずねて来る方もおりません。友人がほしいです。
パークゴルフしたり、映画を見たり、魚つりに連れて行ってくれたり、自分の趣味に近い方がおられればうれしいです。
私は太っていますので、体型に要望を希望されてない方いらっしゃればいいな!縁組の神様に時には頭を下げております。願いがかなえばいいな!!と…。

20年前に離婚してから男性を意識することなく、一人生活することで精いっぱいでした。気にかけていた子供たちもそれぞれそれなりに独立しました。今は自分の老後に大変危惧する毎日で、異性の友達をしきりに意識するようになりました。
男性とのお付き合いは全くがなかったのです。男性でお友達になってくださる方を希望しています。

私が別れたのは遠い昔の話です。精神的苦痛に耐えかね、家を出る事になりました。
生活の為、子供達を置いて行かなければならなかった事を思い、一生子供たちと同じ苗字で過ごそうと決心し、以後、心癒せる人と巡り会い、理解のもと暮らしてきました。
しかし、信じられない出来事の為にその人と共に歩んで行く事が出来なくなり、その事による心痛で仕事も続ける事が出来なくなり、最近退職いたしました。
まだ、心の整理もつかない自分自身を前向きにするため、いろんな人生を歩んでこられた方の話をお聞きしながら、自己回復が出来ればと思っております。

40代で離婚してから 仕事と子供のことで遮二無二やってきました。何人かの方とお付き合いもありましたが、相手に合わせたり結婚のことがあったりで、めんどくさいな、と。でもたまには食事や映画に行ったりしたくなる方がいると楽しいだろうなと思ってます。

私は現在64才。長年勤めた会社を定年後、二年間嘱託で働き63才で退職をしました。夫とは離婚をして二十年位になります。仕事を辞めてからは趣味の卓球と週に三日位三時間のパートをして、独身の息子と生活しています。
私は波乱万丈な人生を送ってきて、定年後は静かに穏やかに第二の人生を長く付き合ってきた方と過ごすはずでした。でも、お決まりのコースでしょうか。突然、別れを切り出されました。
今、私は離婚した夫には抱かなかった、別れた後の寂しさ、空しさ、ぽっかり空いた心の穴をどう埋めるのか、自分と戦っています。
「ひとり」を肌で実感して、こんなにも寂しいものかと涙しています。
パートの仕事で失敗したり、何か悩み事がある時、今までは、話を聞いてくれ、相談に乗ってくれ、アドバイスをしてくれ、何とか生き抜いてきたのに、今は、ひとり。存在が今更ながらありがたかったと、又・又、悲しくなる。
世間には、「お独り様」が何と多い事でしょう。皆、じっと我まんして、自分と戦っているんですね。
何のわだかまりもなく、心が通じ合える人、優しく話を聞いて下さる方、そういう方とのふれ合いを私も求めております。
恥ずかしげもなく、自分の思い、心の内を文にしたためた次第でございます。

5月で60才を迎えました。8年程前に協議離婚し、今に至っています。
近年の世の流れを見て毎日考えます。無性に寂しさ、孤独、とりとめのないむなしさ。心臓がどきっどきっと肩にひびく程、高なります。外から帰って話す相手もなく、を出す事も何日もない日が続く事もあります。「寒いね、おはよう。おいしい? おいしいね。大丈夫?頑張ったね! ありがとう」など、何気なくかわす言葉があるという事、人の気配を感じられる事、生きていくのにとても大切で尊い事と感じます。
ふっと横を向いた時、あたりまえのように人のぬくもりを感じられる事の何と心強く思える事でしょうか。この先、まだ生かされるのであるのなら、生きなければならないのならと考える時、同じ思いでいる方に縁があり、めぐり会いたいです。

長年住んで居た地から、3年前に移って来ました。定年までと思っていた職場(病院で看護助手)が閉鎖してしまい、この年では就職もなく、悩んだ末に決心して来ました。こちらで就職も出来、なんとか都会にも慣れて来た所です。
こちらで友達でもと思っても、出会いもなく、隣近所と思っても、なかなか声を掛ける勇気もなく、家と職場の繰り返しです。このまま年を取って行くのも寂しいかなぁと思っています。多くの人達と出会い、視野を広めていけたらと思います。

同じ立場の人と出会いたい

一人暮らしは気楽です。でも、うちとけて話しあう人がいないのは寂しいことです。サークルの人たちには家庭が有り、環境が違います。気がねなく話しあえる仲間に会いたいです。

息子が1月に転勤し、マルチーズの“まる”と暮らしています。今は年金生活でボランティアや趣味のことをして楽しんでいます。若いお母さんやお父さんのお手伝いができたらと思います。
国勢調査で1人暮らしが1位とのこと、そういう方たちと知り合いになり、助け合って、いい絆を作りたい。お互いに寂しくても暗くならず、楽しくすごしましょうネ。

若い頃から一人で旅をしたり映画をみたりするのは抵抗がなく、いろいろな趣味を楽しんできました。しかし、最近は一人で行動するのに一抹の寂しさを感じるようになり、友達や仲間を増やして、豊かな人間関係の中でこれからの人生を楽しみたいと思うようになりました。
同じく独身で同じような思いの方達とお話が出来たら嬉しいです。

“お独り様”に成って2年に成ります。同性のお友達はそれなりにいますが…。
“お独り様”という共通の身の上の方と、家に閉じこもらないように出掛けるチャンスが有れば、出掛けるようにしたい。
自分は何を目標にこの先、生きて行けばいいのか、交流しながら答えが見えたら良いなと思います。

一人暮らしは気楽で結構楽しいですし、満足もしていますが、時代を共有してきた人たちと話のわかる(いろいろ説明しなくても)会話を楽しみたいと思っていました。
そんな人たちと自然をめでたり、おいしい物を楽しんだり出来たら、時間が充実するのではと思っています。

20年前にひとりになりました。子どもたちは、それぞれ自立しています。
自営業などをしていたので ひとりが普通の生活をしてきました。
やはり、家庭をもっている方とは生活のパターンが違って、嫌いなのは休日と盆と正月でした^^;気兼ねなく楽しい時間をすごせたら良いなと思います。

60代、離婚して思うこと

60代になり、この先の”終の棲家” を考え、高齢者マンションの説明会に行ってみた。しかし、暮らす事を考えた時、同じ人達と暮らすのを好と出来ず、今の場所で一人で生きたいと結論を出しました。

離婚して17年。気がついたら、友達もなく、何かの行事に出席したこともなく、ほとんど子供達3人とだけ。この年齢に何かをしたい、でも何をしてよいか分からず。

退職してから外出しない生活が多くなり、テレビを見る時間が増えました。特にNHK総合、教育テレビです。これがなかなかおもしろい。侮れない。知識の宝庫です。
以前はカルチャーセンターでしか学べなかった事が茶の間で体験出来るのです。語学はもちろん、料理、歴史、哲学、芸術、パソコンなど何でもアリです。

61歳です。5年前に離婚して、現在一人暮らしです。パートの仕事をしながらの生活にも慣れ、今後どう生きるかと模索中です。

孫6人中、一番下の子が中学生になり、一緒に遊びに行く事も少なくなると思うと寂しく、胸の中に隙間が出来た感じです。でも、頑張って大人になって行く孫達を応援して行きたいと思っています。今後も愛犬トイプードルとの生活をエンジョイします。

私が確か保育園の頃だったと思うが、周りを見渡すと皆が親と一緒に野原でおにぎりを食べているのに、私は一人ポツンと淋しくおにぎりを食べていた。愛情深い母でしたが、たぶん仕事で遠足にこられなかったのでしょう。その時「一緒に食べない?」とにこにこしながら誘ってくれた子がいた。私はとってもうれしく、今でもその子の親切を忘れない。人には親切にする事をその子から教えられたのだ。
初恋は小5の頃、クラスの席替えで一緒に座ることになり楽しい毎日。普段明るく自信にみちて頭も良い男子。だが、体育の時間になると、いつも一人ポツンと見学している。私はそれが不思議でしたが、ある時はっと気がついた。その子は小児マヒだったのだ。わたしはその現実を目のあたりにしても、声もかけられず、ただただ自分の無力さを知ったのでした。
人の性格はよく10歳までに作られると言うが、歳を重ねても私はこの二つの出来事が自分の心の原点だと思っている。親や学校で教えられたこと以上に。

親の高齢化や他界

母が急死して父がひとりになりましたが、妹家族が側に居る為、父に会いに行くのは月1度、それも日帰りになりました。
毎日、心にポッカリ穴があいたとはこの事か。家の中にいて、新聞と本と会話していては淋しいままです。
食事も楽しい、おいしい物にしたい。けして量や質では無く、が健康でなければ、体も健康にはなれないと思う日々です。

子供は二人います。夫とは離別です。現在一人暮らしで年金生活者です。
88歳の実母が昨年、脳梗塞になり、軽かったので完治しました。二日おき位に実家へ行き、話し相手や食事を作ってきます。互いに支え合っていると感じています。

離婚して両親の元に戻り、老いた両親の介護をしつつ仕事をして来ました。両親を見送り、ふと家族も居ない、私はひとりかと感じ、寂しい日々を過ごしています。まだ仕事もしていこうと思っています。

昨年、夏も終り頃に母が旅立ちました。後悔は無いと思うものの、する事がゆっくりとなり、自分の老いを考えるともなく… 過ごしていますが…旅には行って来ました。
旅友の声掛けで北欧のオーロラを見に行き、観る事が出来ました(私が行きたいと希望していた)。その雄大さ、動きが脳裏を離れません。また、その時の方達のCDを見る楽しみ、感動で日々が過ぎていきます。
今年も予定がありますが…。この一年も素晴らしいものしていきたいと思います。

約30年前位に離婚をして、両親に助けられ、二人の子供も無事独立しました。父は他界し、母は89歳で療養入院です。仕事もあと数年で退職となります。
友人も少なく、独りで旅行やレストランなど行く勇気も出ませんので、自立した老後生活の為にもお友達を作りたいです。

私は20代で母とそりが悪く家出、結婚、出産、離婚を経験し、それ以降ずっとお独り様を通してきました。子どもが独立しても、独りは気楽で自由だと思ってきましたが、一線からリタイヤして先日母を亡くしてから、何となく、いい歳して未成熟だと感じるようになりました。

感謝の気持ち

離婚して30年が経ちました。今振り返って思う事は、良くここまで頑張って来たと。子供が居た事と、多くの人達の支えがあったから、どんな辛い時も、子供たちと乗り越えられて来たと思います。皆様に感謝です。

私の人生は波乱万丈。生まれた場所は馬小屋と聞かされ、親はキリストマリア様と言われました。小学生まで信じていました。
私も自分の子供、娘には山、息子は川と言い、親子2代してふざけています。親兄弟は早く亡くなりました。生まれて来た事と娘と息子の母になれた事に感謝します。
無我夢中で、20年間一人で育てて来ました。私の子にしては良い出来です。孫二人にも恵まれ、祖母になれた事に感謝します。
若い時から自分でお店を持つのが夢でした。40歳前に食堂を始め、6年で体を悪くして辞めて、入院通院の生活が6年続き、仕事に復帰できた時は本当に嬉しかったです。私にとって仕事は生きがいと初めて分かりました。60歳になりましたが今も現役で仕事をしております。

幸せ

月1回以上旅行に行っていて、と思いますが、日々の生活にもう一つ何かが欲しい…欲張りですかしら。

理解あるご主人やお孫さんに囲まれて幸せな日常を聞かせてくれる友人はおりますが、私の今の日常を聞いてはもらえません。
ストレス発散したいときに泣ける映画を観て涙流し、スッキリした?なんて解ってもらえるかな…。

昨今、高齢化が社会問題になっており、相当、深刻化してます。少子化と同時に高齢の方達の行き場所、活き場所を国が真剣に考えてほしいと思っているのは私だけでしょうか?

梅が咲いたら一緒にお花見に行って下さい。お弁当は私に作らせて下さい。ウデは落ちましたが、またはりきって作りますよ。

私がお独り様になったのは25年前です。この間に沢山の人達から心の引出しの中に財産を頂きました。それは会計事務所を経て、店の経営、いろんな人達とのふれ合い、言葉を頂き、体験してきた結果だと思っています。

人は誰でも心の中に不安を抱き、幸せを求めていますが、「ひとり」であればより一層の悩みもあるかと思います。そんな時、悩みを打ちあけ、同じ気持ちを一瞬でも分かち合えば、心に多少の余裕を持つ事ができるのではないでしょうか。

「人間は一人(ひとり)で生まれ、一人で死んで行く」。その過程の中で、人生の後半に納得のいく生き方ができれば、どんなにか素敵な事でしょう。人生の先輩は勿論の事、若い方々からもいろいろ学び、教えられる事が多々あります。

まず出会いがなければ何も生まれません。気の合う方との出会いを大切に、前向きに明るく楽しく歩んで行きたいと思っています。

今年の夏は、愛犬が急性膵臓炎と病名が付き入院致しました。退院し、完治と診断されて一安心致しております(^^)。入院させてしまった事で、とても寂しい7月でした。一人で部屋に帰りづらくて、愛犬を考えない時間を、と出かけようとしたが気が進まず、何も手につかず落ち込んだ生活をしていましたよ~。
いつも爽やかで明るい仲間から、励ましのメールを頂いたので、御礼メールの返信の時に聞いてみましたら、「元気なのは意識をしているから」とのこと(^^)。人の中で暗い顔をするか?明るくするか?は本人次第ですよね…。私も意識をして暗い顔にならないよう気を付けたいと思いました。
その後は、愛犬の面会でも明るく爽やかに元気良く行って、帰ったら室内のペパーミントオイル芳香剤をチェックし、愛犬が元気で帰ってくるのをたのしみに♪何も手につかないのに無理することはないと決めました。今は愛犬が目の前でくつろいで居る安心感で書いておりますよ。

家事をお手伝いして頂いている方との会話の中で「お独り様は、時間という何よりも贅沢な御馳走だと思っていますよ~」と言われ、私はハッと!! しました。見方を変えたならば、なるほど、と共感を致しました。各自様々な時間を過ごし、今、お独り様という立場になり、家族とは付かず離れず。自分自身の<時間>生活をチョイスし、楽しみ、糧として、何よりも贅沢な時間の御馳走を楽しんで居る。
おかずのおすそ分けするようにはいかない!! プレゼントにもならない!! 何にも代える事が出来ない時間、私はこの言葉がとても好きです。皆様は、どう感じますか!?楽しみましょうネ。

人との交流を通して視野を広げ、会話や行動力を培いたい。目標を持つことで、自分の生き方や考え方を向上させたい。生活の励みを得たい。自分の殻に閉じこもらず、孤独感から脱して、生き生きとした生活を送りたいと願っています。

60才の時に離婚しました。辛い時もありました。
四年が過ぎて、毎日少しでも明るく暮らしたいと思っています。

離婚して30年近くなります。いろいろな事がありました。親の介護、人とのかかわり方。いつも相手の立場で考え、自分が疲れて心の中で泣いていました。自分を大切に、自分のための人生を送りたい。

離婚経験

十数年前、決断しました。離婚を――。悩み苦しんだ末の決断です。
育ち盛りの娘二人、身を粉にし働き続け、育て上げ、結婚も済ませ、…そして今は一人暮しです。
その間、無理をしたのか病気となり、数ヶ月の入院もし、今なお、薬を手離せません。体を酷使した罪です。
当時の決断は間違っていないと思っていました。自分は一人でやって行けると思っていました。娘達もいずれは理解してくれると思っていました。でも、娘の子育てで悩みが有る時、「あの時はつらかった」「どうして私達子供の事を考えてくれなかったの」「勝手だよ、お母さんは」―― と言われた時、私の信念がくずれていきました。娘達は自分の味方だと思っていたけれど、逆に苦しめていたのだろうか、さみしい思いをさせていたのだろうか…と娘達と泣きました。
二人の娘が幸せに暮らしている今、これからは自分自身を大切にしながら、友達の輪を広げて、明るく、元気に前を向いて歩いて行こう…と思っています。

(事務局注・離婚成立前にいただいたもの)
離婚調停に再度入り、子供達の連絡もなく、ただ仕事とアパートの往復で、心の中にポッカリと穴があいています。今は理解ある弁護士の元で、もう少しの離婚の時まで頑張っています。
長い間、経済的な暴力があったり、若い頃にDVがあったり、嫁、姑、小姑の争いがあり、合わない家庭にいて、大変子供達(長男、長女、二男)に迷惑をかけました。37年目にして、けじめをつける為に調停にまた立つ身です。
仕事をしながら暗いアパートに帰宅するのは、とても抵抗のある毎日です。まだ完全に1人身になっていない訳ですが、子供達が来るのを待ちながら1人で歩き出しています。
来るべき、お盆、お正月に1人で過ごす事は嫌です。似たような境遇の方と語らい、お茶を飲み、食事が出来、歩き、温泉に泊まれる。少し、あたたかなお酒を飲んでみたり、心から、あたたまりたいです。

最近お独り様になりました。還暦を過ぎてからの熟年離婚です。それだけに淋しく思い、心の中がカラッポになってしまったような気がして、これからどうしたらいいのか、何かしたらいいのか考えても思いつきません。これからの人生は、いろいろな方と関わり視野を広げて、自分自身も成長しながら、第二の人生を楽しんでいきたいと思っています。

アウトドアスポーツに入れ込んで給料をもってこなかった夫と別れ15年。子どもの教育ローンをようやく全部返しました。いきなり話がなまですねぇ。
趣味の時間はなかなかとれませんが、住み心地よくなった部屋にお気に入りの家具が増えるたびに「あぁ良かった、今が楽しい」と思います。
3人に2人の離婚率がイギリス。でも日本では、周囲を見ても離婚したお友達がいないのは寂しかった~。年ばかりいってますが、人生これからです。

健康

神経内科に月1回通院しています。以前は入院していました。ある日ベッドから起きたら認知症になったかと思い、病院でMRIをとったらなんでもないといわれ、いろいろありましたが、現在にいたっています。病名は進行性非流暢性失語。頭でわかっているのだけれど、言葉に出来ない。声は出る(小さいけど)。

もうすぐ66歳になります。41歳の時、離婚しました。子供は3人。現在一人暮らししながら働いております。
気楽におしゃべりできる友達が欲しいです。取り柄は真面目で責任感が強い。身体はチビだけど健康。欠点は、人間関係で一度イヤになったらひき戻り出来ないです。

健康に注意し、美味しい物を食べて旅行したり、オシャレして外出したいですね。あまり友達作りは得意ではないです。お友達になれたら良いなぁ~と思うのですが…。
仕事ばかりでいつの間にか月日が流れてしまったので、これからはゆったりした気持ちで過ごしたいです。

スマホのサークルで勉強中です。習えば習うほど奥が深く、感心して帰って来ます。当然、全部は頭に入っていませんが…(笑)
家族は愛犬一頭のみ、毎日の朝夕の散歩が健康法です。

子供がいない離婚後

日々の生活に忙しく、気が付くと亡くなった母の年令をすぎていました。少し気持ちにゆとりが出来、周りを見まわして見るとそれぞれ子供や孫が居る人ばかりです。
お正月、お花見、お祭り etc.世の中の人達が楽しんでいる時に、何時も一人で過ごして来ました。パート仲間ではそれぞれ忙しく、仕事以外の付き合いは出来ません。

お独り様歴○○年です。ずっと仕事をしてきて、仲間との付き合いもそこそこあり、今のところさほど寂しいとは思っていませんが、定年になってからの自分をとりまく風景を思うとゾッとします。
一人暮らしの人はまわりにたくさんいますが、彼女らには離れて暮らす子どもや孫がいます。休日を一緒に過ごす家族がいます。でも、14年前、共に暮らした母を看取った今の私は究極のお独り様なのです。
これまで一人暮らしの気楽さ、自由、etc.十分に享受してきました。これから誰かと暮らしたいと思っているわけではありません。趣味もあり、自分を認めてくれる多くの仲間もいます。経済的に困窮しているわけでもありません。でも何か足りないのです。
私の人生はあとどのくらい残されているのかわかりませんが、心の隙間を埋めてくれる人と出会えたら、そっと寄り添ってくれる人と出会えたら、私の人生はどんなに豊かで彩りにあふれたものになるでしょうか?

子育てを終えて

最近、息子が結婚しましたので、子ばなれです。

20年程前に離婚いたしまして、子供達の行く末が一番心配でしたが、それぞれ合わせて孫5人となり、上は中学生、下は1才と、にぎやかな家族になりました。
60代半ばになり、体力的にも精神的にも年令を感じます。

一人娘の体が弱く、主人と口論になりながら25年間育てて参りましたが、娘が自立したのを機に18年前に離婚。娘は結婚し、孫が1人おります。小さい頃は私の手が必要でしたが、孫も4年生。しっかり自分の道を歩んでおります。私が「ハッ」と気づいた時は、1日中話し相手がいない日々。

子供が男一人、女二人、各々に孫が一人ずつおります。皆、家を出まして、私自身は一人暮らしです。

一人になって15年。子供も結婚して離れ、仕事が楽しく頑張って来ましたが、最近、仕事から帰ると一人が寂しくなることが多いです。仕事以外でお会いして、食事に行ったり、旅行に行ったりする方が見つかったら良いなと思っています。

子供3人は独立して、それぞれ自分達の生活を楽しんでいます。私は仕事をしながら、近くの施設に入居している87才の母をサポートしている日々です。時々淋しさを感じています。

友達が欲しい

会えるのが楽しみな仲間や友達が出来たらと思います。お互いに会えて良かったと思えたらとても嬉しいです。

子供二人は独立して、仕事もあと1年です。子育て、仕事だけで64歳になりました。一人暮らしの寂しさや不安。子供がいても結局は一人。毎日、無事に楽しく暮らしたいと思います。お友達を作りたいです。

昨年まで病院勤務をしていましたが、心臓の手術をして今はまだ体力回復に専念している状態です。アウトドア派では有りませんが、旅行やドライブ等が好きです。運動の代わりに社交ダンスを始めましたが、初心者のまま3年が過ぎました。何をするにも一人ではつまらないし、同年代の方とお話ししたり、楽しい時間が過ごせたら…と思っています。

自分一人でつっぱって生きていたような。何年かのあいだ。
人は一人では生きられない。誰かの支えになったり、支えられたり…。私の仕事もある意味支える?
今の季節は特に夕ぐれも早いし、なんとなく物悲しさがつのります。支え合って繋がっていける人間関係ができたらと思います。

この年齢になりますと中々友達作りが難しくなります。同性・異性を問わずお友達がほしいです。

母子会に入会していたこともありましたが、友達つくりはできませんでした。
ずっと働いてきて、仕事と子育てで、気がついたら一人ぼっち!

離婚をして30年、一人娘も結婚をして独立しています。今、1人暮らしで、それなりに暮らしていて、旅行など1人参加をしていますが、どなたか友人が増えればと思っています。

65歳の誕生日に友達100人作りたいという気持ちです。

離婚後、仕事を始め9年になり息子と住んでいます。呑み会大好き。遊び仲間がほしいです。

66才、バツイチ、娘2人、孫2人の1人暮らしです。二人の娘、二人の娘婿とも、とても上手く行っています。
日々の生活もスポーツクラブへ通い、ジムとプールで体力をつけ、夕食のビール一杯を美味しく飲む時に幸せを感じています。じゃ~それで満足ですか?と聞かれると、心の中に寂しさを感じている自分がいます。
将来、子供達は一緒に住もうと言ってくれますが、子供には子供の生活があり、邪魔をしたくないのが半分、邪魔されたくないのが半分で、自分の若い頃を考えても、やっぱり親はけっこう荷物になるのでは?と思うと、ため息が一つ…。
これからの人生でこの隙間を満たし、趣味や食事、旅行等一緒に楽しめる人がいると、更に充実し幸せを感じる事ができるのではないかと思います。

離婚して12年。子供は41才、37才の女性2人です。年金とパートで生活を支えています。
趣味もあるし、好きな仕事にも恵まれており、孫2人、次女、実母と5人での生活で淋しくはないのですが、精神的に物足りなさを感じています。安心して話せるお友達がほしいと思います。

寂しい

一人は寂しく、わびしい思いがあり、何かが足りない…と日頃から思います。

一人行動の為か、親しい友が得られずにいました。年々、一人生活が心細くなってきております。

離婚してから10年以上になります。
娘も(5年前に)結婚して出て行ってしまいました!夏には帰省しますが、後はいつも1人です。お友達を作りたいです。ひとりはやっぱり淋しいです。

娘夫婦と孫と一緒に生活し、現役で月に10回ほどお仕事をしております。仕事仲間もおり、いまは元気でいますが、同級生が入院したり寝たきりになり、寂しく思っています。新しい自分の世界のお友達と元気に楽しく過ごし、前向きに人生をエンジョイしたいです。

シングルライフを謳歌しているつもりでおりましたが、近年なぜか寂しさを感じるようになりました。一人で楽しいと思う事も誰かと共感できたら、分かち合えたら、もっと楽しいのではないかと思うようになりました。

独りで寂しいからお話しをしたいです。食べることが好きなので食事をしながら、おしゃべりをしたいです。

60代離婚女性の仕事

仕事に追われるようにして、アッと言う間に過ぎていったこれまでの年月を振り返り、また、自由に使える時間が増えるこの先の人生について、いろいろと考えを巡らしている。

定年退職をし、しばらくは休息時間と思い、日々をゆっくりと家の片付けなどをして過ごしていました。そのうち時間を持て余すようになり、短時間のパートをしましたが、あいにく体調を悪くしてしまい、1年位で辞めました。
仕事を辞めると外に出る機会がすっかり減り、外出といえばスーパーへの買い物位になり出不精になってしまいました。これでは“イケナイ”と思っています。

母も居なくなり、娘の手助けも不要となったら、自分は何もすることが無くなります。仕事も、あと2年位でしょうか。
独りで二人の子供を育てあげたが、仕事オンリーで還暦を迎えてしまった。あ~しまった、「自分の事を忘れていた」。最近のつぶやきです。退職に向けて、社宅にある不要な物をまさしく今、断捨離続行中の自分であります。

退職について

現在62歳、会社員として勤務をしておりますが、あと三年の任期を残し5月で退職予定です。
周囲からは反対の意見が多数あり、私自身も揺れ動いた時期もありましたが、40年以上働いてきたのだからもう休んでもいいのではないか…自分自身の結論に達し、昨年末に決断しました。
この先あと何年元気でいられるかと考えた時、残された時間が、とてつもなく貴重に思えたことと、このまま仕事だけで人生を終えてしまったら…一体私は何のために生きてきたのか等々。今まで頑張ってきたのだから、余生は好きな旅行や趣味、やりたくても出来なかった事に挑戦してみたいという夢がどんどん大きくなってきたのです。
今回の事を含め、これまで何度か人生の岐路に立った時、何故か私はいつも困難な方を選択してきたように思います。苦難もありましたが、後悔したことは一度もありませんでした。これからも常に前向きに前進して生きていく決意です。
長い会社人生において、特に交友関係は狭い範囲に限定されがちです。様々な人生観を持った方、似たような境遇の方、同じ趣味の方、年代の違う方と出会うことで、交友関係を広げ、心豊かに生きていきたいとの思いです。

趣味はエアロビックスです。ストレス発散に丁度良い程度にはまっています。仕事はまだ続けていますが、去年定年を迎え、現在はパートで同じ仕事をしています。自分の中の仕事に対する意識は微妙に変わってきています。

仕事退職して、これからが自分にとって本当の1人歩きになると思われる。いろいろな人とか、物とか、事に出会って、見聞を広めたいと思います。

自宅と会社の往復で、御近所とのおつき合いもできないまま5月に退職しました。心身共に疲れ切った状態でしたのでホッと一息ついて、これからはのんびりと過ごそうと思ったのですが、旅行をするにも外食をするにも一人では気持ちが動きません。
没頭できる趣味はあるのですが、一日中家にいると体調も悪くなるし、ただ時間が過ぎていくだけの日々を今後続けていくのか。何をするにも自分の考え、感じるままの生活で良いのかとの疑問もあったり。やはり人との出会い、話をする事がいつまでも自分の成長に繋がるのではないかと思いました。
未婚、離婚、死別など独身であるゆえの悩みと知恵を共有したいです。

仕事を辞めてから人との交流が少なくなり、孤独になりがちで、淋しくなりました。

2年半前まで長いこと働いていましたが退職しました。日々のからだの調子も良くなりました。いろいろ行動したりお話しをしたりと視野を広げ、楽しみを広げたく思います。

退職してから人との会話のない日も多くなりました。しゃべらない日も有ります。楽しい日を一日でも多く、一年でも多く作りたいと思いました。

ずっと働き、子育て、親の介護、子どもの独立、親の看取り。
2年前に会社を退職して、自分の好きな趣味とか旅行等しています。

一人は不便

ドイツとイギリスに行きたいと思っています。宿泊先はそれぞれ知り合いがおりますので、 そちらを利用するつもりです。1週間から10日位の予定です。イギリスは若いころ英語留学で少し長く滞在しておりました。格安の航空券を利用しようと思っています。
今まではどこでも一人で旅行していましたが、 どなたかおひとりだけご一緒に行けたらと思っています。やはりのせいですね。

友人、知人がほとんど無く、外食するのも一人で遊びに行くのも一人というのが困ります。先日もサイクリングに出たのですが、河原でバーベキューのグループを見て、うらやましく思いました。

気が付けばほんとに一人…。一人でいる方が、少しの責任はあっても自由で…好き。趣味なども、例えば旅行も、「旅なんて一人でするものよ!」なんて…ね、言っていました、つい数年前までは。
それが、来年で仕事も終わるし…と考え始めたら、好きなことが自由にできるはずだったのに、体力の衰えが意識され、興味や関心の幅がとても狭くなっている自身の姿。旅も一人じゃ次第に味気なくなり…。
大変!時間はあっても行くところがない! お喋りしたい!
友人も遠くにいる人が多いです。夫もおらず、孫もおらず(娘はいても、私が反面教師らしく…お嫁に行く気はなさそう)、よその奥様方とでは話題が続かない。どうしようか?

私の少ない趣味の1つに海外旅行があります。若い時は全てに余裕がなく、休暇の度に優雅に旅行する会社の同僚を羨ましく思ったものでした。一息つける様になった今、まだ元気なうちに急いで沢山、出掛けたいと思うのですが、一人旅だと楽しさも半減しますし、何より多額の追加料金を支払わなければなりません。毎月コツコツ節約して旅費を貯めているのに…友人の少ない独身女の悲哀(?)を感じる時です。

一人では生きていけない

人生長く生きてまいりました。それにどういうわけか健康で、まだまだ生きるような気がします。これからは思いやりのある言葉掛けや会話で幸福度が違うと思います。
一人で長く生きていると、一人よがりの考えや狭い考え方から抜け出すことができません。みなさんで分かち合い、楽しみを共有することができれば、きっともっと充実した生活ができるでしょうね。

離婚して4年目。人間一人では生きて行けない。本当ですね。少々の仕事をしているとは言え、余る程の自由な時間、好き勝手な行動、自由人といえば自由人です。しかし、現在64才、これからの人生どう生きようか?これからまだまだと思ってはみても、間違っても若くなる事はないのです。自分の中で世界が段々小さくなっていくような気がします。

震災におきましても、お互いの安否を気づかいあえる多くの友人も必要だと思いました。日々、誰かの事を思ったり、思われたり、人との繋がりは重要です。

先日、66歳になりました。昨年、40年近い結婚生活にピリオドを打ちました。
今は資格取得して介護ヘルパーの仕事をしております。家賃分を働いております。息子が気をつかい、自分が飼っていた犬を連れてきて…新しい家族になりました。結婚生活で無くなりかけた自分を取り戻すべく、今、生活しています。
離婚して、一人で生活して知ったことが沢山あります。無性に話がしたくて、隣に居る人の肩と肩をたたきながら笑い合いたくて、いま飲んでいるコーヒーを誰かと飲みたくて…人の輪の中へ入りたいと思うようになりました。他人を見るたびに「楽しそう」と思う気持ちを「私も楽しい!!」にしなくちゃと思うようになりました。
介護の仕事を通して、結婚、離婚を経験した以上に人の心にある何かを学んでおります。人は一人では生きていけない、ということを実感している日々です。同じ悲しみや苦しみを持った人同士が寄り添ってどうなるの?という人がいますが、解り合えることは大事なことだと思うのです。境遇が似ていることは解り合える一歩だと…。

一人暮らしに慣れようと頑張ってきましたが、災害などがありますととても不安になり、淋しさを共有できる方がいたらいいなぁと思うようになりました。
心を開放できる場と仲間がいたら、これからの人生を心楽しく送れるのではないかと思います。

前向きに生きたい

小さい頃からの夢を仕事にして、ひたすら走り続けてきましたが、バブル崩壊後、数多くの企業が余儀なく事業を縮小したり、倒産に追い込まれたり。私の走り続けてきた仕事も例外ではなく、十二年ほど前に二度目の倒産という結果に合い、とうとう終わったという思いでした。
そんな頃、ガラス彫刻に出合い、ガラス彫刻の魅力にすっかりのめり込み、この楽しさを多くの人に知ってもらいたいと教室を開催しました。美術館で展示会を二度、そして体験会を一度。少しずつ知ってもらう事も出来るようになりましたが、まだまだ難しさを感じています。

仕事だけの毎日で、たま~には、いつもと違った時間を持つ事って大切でないかな~と思っています。

ゲートキーパーを知っていますか?自殺予防の門番です。無事、修了証書を手にしました。
何故か?うつ病や心を病んでいる方がいらしたことと、私自身孤独です。自殺されている方が毎日います。SOSを出しているのに気づいてあげられずに…。
残念ながら、私はゲートキーパーの器では無い人です。気づき、耳をかたむけ、つなぎ、見守る等、私自身がゲートキーパーを必要として居る位です。

趣味で太極拳の初段を取りました。が、その後は、ひとりで練習しています。もし、興味のある方がいれば、室内で少し練習してから、公園等、野外で出来る仲間作りをしたいです。又、英会話にも興味のある人がいたらと思っています。
ただ、私自身、疲れやすく無理出来ないので、月1~2回程度の趣味の会として長く共有出来たらと思っています。

映画を見たり、絵画を見たり、星空を眺めるのも好きです。暖かくなったら、花や木を眺め、鳥のさえずりに耳を傾け、散策もいいですね。一歩ずつ前に向かって歩み、有意義な今後を過ごせたらと思っています。

15歳で社会人になり、62歳まで無我夢中で働いて来ました。
子供達三人(男二人、女一人)を社会に送り出し、これからは少しゆっくり、のんびり、残りの人生を歩もうとしていましたが、夫と考え方があまりにも違い、別々の人生を生きて行く事にしました。
23年前に胃を全摘手術、卵巣摘出手術、盲腸と病にかかり、とても辛い日々でした。母、妹、子供達、友人に支えられ、今は幸せな日々を送っています。人間は一人では生きて行けないものですね。特に妹(看護師)には、術後のアドバイスを受け、心強い限りでした。
その妹も、同じ病で余命3ヶ月と伝えられ旅立ちました。現実を受け止め、前向きに生きて行こうと思った矢先の5年前、長男(35歳)が突然遺書を残し、自ら命を絶ち旅立ちました。
何も考えられず、毎日涙が止まりませんでした。親として、どうして気付けなかったのか、自分を責める毎日でした。
不幸は続き、今度は次男が不祥事を起こし、警察のお世話になり、3年半の実刑になり、何で、何でと言う事しか考えられず、精神的ショックでうつ状態になりました。何度、長男の所に逝こうと思ったことか。ただ、娘には私と同じ悲しい思いをさせたくなく、これ以上の悲しみ、悪い事は続かないよねと娘と二人で話をして、「これからはいい事ある。いっぱい」と言い合って過ごしています。
娘の元気、勇気、笑顔に助けられ、今は幸せに日々を送っています。平凡な毎日が何にもありがたい事と日々感じています。これからは微力ながら社会に恩返ししていこうと思っています。

離婚後の暮らし

2人で居て淋しいより、1人で淋しい方が良い、と1年の調停で離婚いたしました。次女は3才でした。
専業主婦の私では何も出来ない、とすぐ後悔したことも有りましたが、若さで頑張るのみ。3人の子供に助けてもらい働きました。
次女が中学生になった頃から、試写会に通う事がとても楽しみでした。朝カレーを作り、仕事が終ったら走って街まで。映画を観て、学ぶ事が沢山有りました。何より泣いて、笑って、スッキリ。特に、子供の前で決して泣かないと決めていたのですから。多い時は試写会で40本観た事も。昔はスポンサーの抽選会が有り、それも楽しみでした。全員に戴いた事も有ります。
子供達も自立して、ひとりぐらし8年目に入りました。楽しかったのは最初の2年位でしょうか?映画三昧、休日は日帰り旅行とウキウキ!ワクワク。でも大好きな料理を作ってもひとりでは食べきれず、何も美味しくないのです。考えていたのとは大違いでした。

長男が6歳、長女が2歳の時、離婚をしました。それから25年近く、一人で働きながら2人の子どもを育ててきました。1人で不安なときもありましたが、仕事も忙しく、子育てもあり、毎日忙しく追われていました。定年退職になり、今は午前中だけの仕事をしています。
時間にゆとりができた今、仕事と子育てに追われ、自分がやりたいことを何もやって来なかったなと寂しい気持ちでいます。何かしたいと思い、卓球をやったり洋裁をやったりしましたが長く続きませんでした。何か生きがいになることをしたい、とボランティアをさがしていますが、自分がやってみたいボランティアも中々見つかりません。
長女が今一緒に暮らしていますが、それで気が紛れていると思います。長女が長い時間、外出して帰って来なかったりすると、淋しくなります。また、長女がいても淋しくむなしくなることがあります。何人かいる友だちと電話で話したり、会って食事をしながらおしゃべりをするのが唯一の楽しみです。

職場、友人、知り合いの人達の中で、私の離婚を告げたのはごくごく少数です。離婚を知る事によって気を使わせるのではないか、そして、うわさの種にされても等々考えて、結局、本当に信頼できる友人にのみ知らせました。
食事に行っても、職場でも、相手によっては言葉を選びながら話さなくてはならず、時には無口になり、いつか一人行動のほうが気持ちが楽になり、一人で出かける事が多くなりました。本を読むことが好きになったり。

長年、事務職として働いてきました。退職し60才になったら、シニア割引で沢山映画を観ようと思っていました。でも、実際にそうなったら見たい物が少ないのです。だんだん眼も疲れるようになってきたので、思うようになりません。
今、24時間全部が自分の時間です。朝起きたら一時間位、新聞を読みます。その後、お茶類を飲み、観葉植物、ゼラニュームに水をやります。インパチェンス朝顔はそろそろ花が終わりそうです。柿、金柑、枇杷も育てています。果物を食べた後の種を植えたものです。
テレビのニュース、連続テレビ小説もかかさず見ています。「きょうの料理」も毎日見ています。作れそうな物は作ります。皆に食べてもらうのも楽しみの一つです。
友人、知人、近所の人と話をしますが、他愛のない話題で物足りません。音楽や映画や旅行の話をする相手がいないのです。
同世代の人達と語り合いたいのです。特に冬期は家にこもりがちになるので。

60歳で退職し、その後(2年前)離婚し、それぞれの人生を歩むことを選択しました。日々、コーラス、書道、国内外の旅行、ボランティアなどもして、趣味に忙しくしております。他に好きなことは、カラオケ、麻雀。ひまがあると運動をして身体を動かすようにしています。

お独り様会会員様の寄稿から抜粋しています。

お独り様会
独身の「友達」を作ることから始めませんか

独身者限定で、同性・異性の友人作りを目的とした会です。

未婚・離婚・死別の方々が「友達をつくりたい」「結婚相手を見つけたい」「同じ独身の方と気持ちを共有したい」などの目的で入会し、会報、LINE、オフ会、オンラインコミュニティサロンなどを通して日々交流しています。

会費:月額1,980円
20~34歳の女性は無料
詳しくはお独り様会
  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー