子どものいない40代以上の独身女性の集まり(共同募金会助成)

子どものいない独身女性の声や体験談~寂しい・後悔・前向きに

今後、約3割の女性が子どもを産まないと言われています。

子を生んでいない女性の割合をみると昭和 28 年生まれが 40 歳の時は 10.2%だったが、世代を追うごとに上昇傾向にあり、46 年生まれの者は 29.4%となっている。それ以後はほぼ横ばいである。

厚生労働省人口動態統計特殊報告 令和3年度「出生に関する統計」


40歳以上で子供がいない女性の方は、同じ立場としておしゃべりを楽しみ、友達になりませんか。
人数が増えたら、世代別・地域別に集まるのも楽しいかもしれません。

子供や夫のいない人生について語るのもいいでしょう。
または、子どもや夫というキーワードに触れない多様な話題もいいでしょう。

いずれにしろ、誰からも子供や夫の存在をうかがわせる話は出てきませんから、その点で気を使わず、気を使わせることもなく、女性同士でおしゃべりをより楽しめるのではないでしょうか。

希望される方が集まり次第、2022年度よりオンラインやオフラインでおしゃべりできる場を設けていきます。

2022年6月に東京で、子どものいない40代以上の独身女性ランチ会を開催しました。

2022年7月に赤い羽根助成金が決定し、より積極的に企画していくこととなりました。詳細は「子どものいない40代・50代以上の独身女性の集まりについて」をご覧ください。


お独り様会会員様の寄稿から、お子様がいないことに触れたものをいくつかご紹介します。

目次

40代女性独身で子供がいない

40代未婚~浅はか・後悔・申し訳ない・「子どもがいないくせに」

結婚していたら、子供がいたら、どんな人生だったんだろうと想像したりします。
自分が取り返しのつかないことをしたのではないかと、恐ろしくもなります。
とてつもなく大切なものを、自分の浅はかさで放棄してしまったのではないかと。
 
人間関係など煩わしいだけだと思ってきました。
当たり障りのないことだけを話して、適当に愛想笑いでもしておけばいいんだと。
この寂しさは、今まで誰とも真面目に向き合ってこなかったことの報いなのでしょう。

今まで、独りでいることは不便とは感じなかったけれど、子供は産みたかったと後悔することがあります。
理由は 2 つ。
 
1つめは自分が生きていたことの証しがないから。
子供がいたら生命のバトンと言うか、こういう人だったと後世に語り継がれることができるから(偉い人でもないけど)。
 
2つめは、おじいちゃん・おばあちゃんにしてあげられなかったこと。
小さい頃から共働きをしていた両親。
子供が好きな両親は時間の余裕ができ、孫ができたら、わが子とは違う子育てを楽しみたかったのではないかと思います。申し訳ない。
 
そして、40 代後半になると、好きな人ができても子供が欲しい・子供が好きという異性とは付き合えないなぁ・・と異性との関わりにも変化が生じるようになりました。
 
ただ、あまり深く考えると、今まで生きてきた自分の人生を否定してしまうことになるので、日常の忙しさで隠していますけど。

今年48歳になります。縁が無く、この歳になるまでずっと独り。
 
せっかく両親から命を授かったのに自分は子供を持てなかった事を寂しく思い、40代の若さで亡くなった父を想うとなおさら申し訳ない気持ちになります。
 
幸い兄は家庭を持ち、甥が昨年母に初ひ孫を抱かせてくれました。
現在は母と私の二人暮らしです。

気がついたらシングルです。
これまで子育て支援のボランティア活動や、親の子育て相談などの場をつくってきました。本業に追われる中で、不十分ではありますが、自分自身も含めて、一人ひとりの人(特に子どもたち)が自分の人生に思いきりチャレンジできるよう応援したいと思って、ささやかながらも活動をしてきました。
 
しかし、残念ながら「自分自身は子どもがいないくせに」とか「やっぱり、親の経験がないから細やかさが足りない、親の気持ちはわからない」などの反応に出会うことがあります。
 
自分が元気な時には、そういうおかあさんたちの怒りや不満も受け止められるのですが、疲れているときなどは、最近、少々つらくなってきました。

40代離婚~不妊治療・おひとりさま・マイペース・強がり・同居・悪あがき

20代で結婚。流産、そして不妊治療…子供に恵まれないまま30代後半で離婚しました。
父は私が幼い頃に亡くなり、長年入退院を繰り返していた母も亡くなりました。
娘でも、妻でも、母でもない。自分の役割が何もないことに寂しさを感じます。
これから迎える50代以降の時間をどんなふうに使っていくか考えたとき、同じように一人で生きている仲間と交流していけたら、心強いのではないかと思いました。

両親と同居をしています。
私は、一人っ子で子供もおりません。
望むと望まないのに限らず、将来は正真正銘の「お独り様」になるんだなぁと、ふと思う日々です。

10年前に短い結婚生活も終わり(子供なし)、親の家に居候状態。
まわりの友達は結婚・出産・育児と、幸せな人生を歩んでいることに、とっくに気が付いているけど、仕事しかないマイペース人間です。

離婚してから早10年が経ちました。子供はいません。
離婚後は一人暮らしを始め、仕事が忙しいことを口実に、自分自身と向き合うことをなんとなく避けていたような気がします。
本当は一人で寂しいこともたくさんあるのに、親や周りには強がって見せてきました。

現在は母との2人の生活。
母はまだ元気なので、時間があれば2人で食べ歩き、旅行と出歩き、気持ち的にも寂しさを感じることはありません。
でも、自分が母の年齢になった時、あらゆる不安、寂しさを味わうのだろうと思います。

お独り様歴11年のおばねえさんです。
おばねえさんとは名実共におばさんなのですが、どこかでそれを認めたくない悪あがきから生まれた言葉です(笑)。

今年の春に思いがけなく入院することになり、両親や兄弟、友人のお世話になりました(今は退院して元気に過ごしております)。
その時、私が感じた事は「人は独りでは生きて行けない」ということです。
単純ですが、健康を損なって初めて、人の優しさや温かみが身にしみて感じたのです。
子供がいなければ、誰だって孤独死する可能性はあるのです。
友人、知人の横の繋がりは、生きて行く上で必要不可欠なものであると私は思います。

40代死別~出来なかった・再婚・他界

東京の短大に行ってから、東京の暮らしが25年にもなっていました。結婚し、子供は出来なかったものの、趣味からフリーの物作りの仕事を得ました。
イタリアンのシェフだった主人と一緒にお店をという夢もありましたが、主人は3年前、職場で倒れ、その日そのままかえらぬ人に。48歳という若さで突然死とは信じられない事でした。

私は両親の勧めで実家に戻ることに。しかし、私にとっては住んだことのない街なので慣れません。たまたま、高校の同級生などがいたものの、皆、子育てや仕事に忙しくなかなか会えません。私も仕事の為もあり、今は両親と少し離れたところで一人暮らしを始めました。

たまに仕事で東京へ行ったり、仕事を通して色々な方に会い、それはそれで楽しいけれど、どうしても夫を亡くした喪失感や寂しさからは抜け出せないでいます。どうしたらいいんだろうと…。

一人暮らしで、仕事は介護施設でリハビリ担当をしており、毎日楽しく働かせていただいています。
結婚は2度しています。30代に、結婚5年で離婚しました。その前の20代の時に、結婚2年で病気で死別しています。
2、3年前までは親や周りが心配し、再婚を勧められましたが、私にその気がないので縁もなく、今は好きなように生きたらと言われます。正直、一人で年を重ねていくことは不安な面も多々あります。

夫を亡くして、今は両親と三人で暮らしています。
結婚生活は3年ほどで子供はおりません。

私は一人っ子なので、両親が他界したら本当に「独り」になってしまいます。
そのことを心のどこかで不安に感じつつ日々を送っています。
私自身もですが、それ以上に両親は私の将来について心配をしていると思います。

以前は友達付き合いもありましたが、周りの友達は幸せな結婚生活を続けている人ばかりなので、自然と距離をおくようになりました。
結婚している人や子供のいる人とは、どうしても話が合わないし行動範囲も変わる気がします。

そんな中で早く再婚をしたいと思いながらも、なかなか上手くいきません。
いわゆるネットの出会いは不安が付きまといますし、そうかと言って、日常生活では出会いなど全く無い状態です。
同世代で再婚をした方には「どこで出会っているのか不思議でしょうがない」というのが正直な気持ちです。

また、出来るかどうか分かりませんが、子供は欲しいです。
結果的に子供が出来なければ、夫婦二人の生活を楽しめたらと思います。
こればかりは、神のみぞ知るという感じですね。

こういう時代なので「絆」を求めている人は沢山いることでしょう。
それぞれが抱えている不安や懸念が少しでも軽減されると良いですよね。
似たような境遇の方とお知り合いになれたらと思っています。

50代女性独身で子供がいない

50代未婚~孫・定年

同級生からの年賀状に、今年初めて『が誕生しました』と書かれていました。
子供のいない人生を寂しく感じています。
この思いを共有できる方と友達になりたいです。

定年という文字も意識するようになって、私と同じような未婚(子供なし)で仕事をしてきた女性の方々と同じような心配悩み事について、意見交換やためになるようなお話がきけたら嬉しいです。

50代離婚~寂しい・浮気・愛犬・介護・自分だけ・さみしさ・最期・話し相手

若いうちに結婚と離婚を経験し、子供もいませんでしたので、仕事や趣味を思いきり楽しんでいました。
今まで寂しいと感じたことはないのですが、同じような生き方をしている人たちと一緒なら、より楽しいだろうなあと思い始めています。

同じ道を誰かと一緒にのんびり歩きたくて、遅ればせながら結婚。彼も初めはそのつもりだったようですが、気がつけば、他の女性と歩いていました(笑)。
結局一人が一番!と思い至り、「おひとり様歴」はや6年目。
一人で判断し、一人で決着をつけることは、しがらみもなく気楽なようですが、その反面、指摘されないことで、自分勝手な判断が正しかったのか、或いは他者の意見を知る機会をなくしているのではないかと、不安を感じることもしばしば。

離婚した後、生活や仕事にも慣れてきていたのですが、最近、家族同然で子供の様にかわいがっていた愛犬が病気で急死しました。
でも、悲しんでばかりもいられません。
少しずつ現実を受けとめて気持ちも切り替え、新たな生活を始めなければと思うようになりました。

私はある会社の事務員としてパートで働いています。
会社と自宅の毎日で、なにかしようと思いながらここまできてしまいました。

旅行が好きなので、たまには出かけます。
は親の老後の面倒を見るだけかな?なんて思えてきて、人生なんだったのだろうと思っています。

わいわいするのは大好きです。
ただ周りにそういう人がいないだけ…。

現在母(80才)と暮らしています。
離婚して日が経つにつれ、今、母に死なれたら、私は天涯孤独になり、精神的に頼る人がいなくなってしまうと思います。
独身、独居の淋しさにたえられず、また、持病もなかなか治らないで働く事も出来ず、元気や自信も無くし、落ち込む毎日です。

約1年半前から心身のバランスが崩れていき、さみしくて仕方ありません。
血縁も社会のつながりも希薄のせいもあり、自分だけが孤独だと思ってしまう程です。
歩いている人たちでさえ、幸せそうに思ってしまいます。

私の毎日は本当に単純です。
公営住宅に住み、近くのパートに出かけ、帰って適当に夕食を取り、お風呂に入って本を読んで寝る…の繰り返しです。
自分にとって恵まれた環境だと分かっていても、時々さみしさやむなしさに押しつぶされそうになります。

5月末に叔母が家族、姉妹に見守られながらあの世へ旅立ちました。
孤独死が多いと云われている今、叔母は病との闘いは大変でしたが、大勢の人に見送られ幸せだったと思います。
自分の時はどうだろう…と考えてしまいました。

50代前半の女性です。
子供もきょうだいもいなく、唯一の家族の母は施設に入っています。

離婚して10年以上が過ぎました。
その後、おつきあいもしましたが今は一人です。

普段ペットの文鳥と暮らしています。
動物や自然が大好きです。
ただ、やはり一人で家にいることが多いため、話し相手もいず、孤独を感じます。

セカンドシングルになって13年、仕事をめちゃめちゃ頑張り、趣味も楽しみました(子育ては未経験です)。
5年前から介護が始まり、切なくしんどい日々が続いています…。
ここから、自分の後半の人生を、穏やかな気持ちで、笑顔で幸せに過ごせるような良縁を得たいと思います!

50代死別~病気

30代で主人と死別、子供はいません。
実家へ帰る選択もありましたが、親元へ戻ったら甘えてしまって自分が駄目になりそうだったので、再就職をして一人で生活してきました。

しかし、数年前に病気が見つかり、約1年闘病している間に会社から解雇され、やっと体調が戻ったと思ったら、今度は親の介護が始まりました。
今現在、猫数匹と一緒に実家へ戻って両親と3人暮らしです。

死別の辛さの記憶に扉をして、気がつけば10年以上…。
最近になって、もう少し自分の世界を広げて色々な方とお話してみたい、と思うようになりました。

60代女性独身で子供がいない

60代未婚~子供が欲しかった

家庭を持って、子どももたくさん欲しかったのですが、結婚に至る縁が遂に訪れませんでした。

不動産管理の仕事をして、気がつけば60を超えていました。
好きで選んだ仕事ではありませんでしたが、家業でもあり、精一杯やってきました。
年齢の自覚もなく、まだまだ若いつもりが、まわりをみると孫がいる年齢らしいと気がつき、人生、これでよかったのかと思う気持ちになりました。

60代離婚~幸せ・仲間

離婚して両親の元に戻り、老いた両親の介護をしつつ仕事をして来ました。
両親を見送り、ふと家族も居ない、私はひとりかと感じ、寂しい日々を過ごしています。

理解あるご主人やお孫さんに囲まれて幸せな日常を聞かせてくれる友人はおりますが、私の今の日常を聞いてはもらえません。
ストレス発散したいときに泣ける映画を観て涙を流し、スッキリした?なんて解ってもらえるかな…。

ずっと仕事をしてきて、仲間との付き合いもそこそこあり、今のところさほど寂しいとは思っていませんが、定年になってからの自分をとりまく風景を思うとゾッとします。

一人暮らしの人はまわりにたくさんいますが、彼女らには離れて暮らす子どもや孫がいます。
休日を一緒に過ごす家族がいます。
でも、14年前、共に暮らした母を看取った今の私は究極のお独り様なのです。

これまで一人暮らしの気楽さ、自由、etc.十分に享受してきました。
これから誰かと暮らしたいと思っているわけではありません。
趣味もあり、自分を認めてくれる多くの仲間もいます。
経済的に困窮しているわけでもありません。
でも何か足りないのです。

私の人生はあとどのくらい残されているのかわかりませんが、心の隙間を埋めてくれる人と出会えたら、そっと寄り添ってくれる人と出会えたら、私の人生はどんなに豊かで彩りにあふれたものになるでしょうか?

60代死別~孤独

友人は離婚して20年。
長年一人で「嫌いなダンナと別れて、せいせいしている。のんびりしているよ」と言って笑っています。

しかし、私のように子どものいない人と、一人でも実子のいる人は、同じ一人でも微妙に行き違った心があると見えて、心の底まではわかりません。

私は孤独感から脱しない限り、今後の人生も危い感じになっています。
元来、元気で行動的な婆さんでしたのに、主人が亡くなっただけでどうなるか不安。

私より年上で元気な人は沢山いると思います。
そんな人達に逢って、自分なりの元気をとり戻したいです。
そして、自分が力を取り戻したら、誰かのために力になりたいです。
虫のいい話ですが、人の輪に入ってこれからのエネルギーをもらいたいです。

夫が亡くなって22年が過ぎてしまいました。
親、兄弟も子供もない私は、仕事にのみ張り合いを見つけて過ごして参りましたが、辞めた後は何をするでもなく、外へ出ることがオックウになり、1人で引きこもってしまう様になりました。
これではダメだと思っても、お友達やパートナーが欲しいと思っても、どうしたらいいか中々考えられません。
このまま一人で淋しく暮らして行くしかないのかなぁ~、悲しくなってしまいました。

夫に突然先立たれてから2年半経ちました。
兄妹も子供も無い私は、荒野に一人置き去りにされたようで、ただただ半年間泣き暮らしておりました。
夫の姉妹夫婦と私の昔からの友人に助けられて、なんとか自分をとりもどしつつあります。

都会の友人に、そんな淋しい田舎に住んでいないで出ておいでと言われ、すぐアパートを借り、いつでも出かけてこられるようにしてから気持ちが明るくなりました。
いずれ自宅を売却して転居するつもりです。

70代女性独身で子供がいない

70代未婚~人生・ウツ・天涯孤独

長いようで短かった45年余りのお勤めも終わりとなると、寂しいような、ホッとしたような複雑な気持ちでいっぱいです。
もう人生が終わったような気持ちでした。
勤めていた時は会社とのつながりがもてて、あまり寂しさがなかったように思います。
今は毎日家の中に一人ポツンといて、話す人もなく「うつ」になりそうです。

テレビ体そうをして、毎日朝早く散歩に出て、リスを見かけたり鳥の声を聞いたりして少しホッとしています。

残された人生、心豊かに充実した毎日を送るために、人と人とがつながることで暮らしを楽しもう。
社会とつながるためには自分からドアをたたかなければと思いました。
残る人生、有意義に独身者同士が緩やかにつながることで、今を前向きに楽しめるように生活をしていきたいと思っています。

2年前に母が亡くなり、仕事一筋に働いて来て、我身を振り返った時、天涯孤独という環境に怖さを感じました。

会社勤めが長かったので、友人も少なく、心淋しく思っていました。

職場の50年来のお友達と、退職後も10数名で趣味、旅行にお茶会、食事会等々と楽しく過ごしておりましたが、昨年一人が病死し(2月)、悲しみがいえぬ11月、中(なか)2日置いて(18日・21日)、2人の友が亡くなりました。
人生でこれ程、残酷な事があるのかと。

しばらくの間、何も考える事も行動も出来ず1年が過ぎ、今は少しですが外向きに行動しなければと思っています。

70代離婚~年金

文書は苦手ですので簡単に書かせて頂きます。遅婚で四年間の結婚生活で離婚しました。原因は夫のギャンブル狂です。子供はいません。

わたくしは営業車に乗車して生計を立てました。ハイヤー会社に入社して、運転職員として働きました。その間、仕事のやりすぎでたびたび身体を壊しました。運転は十六年間位しか出来ませんでした。

そのかわり、念願のお家を建てることが出来ました。ハイヤー会社の月給は低額で、家のローンを支払うのは大変なことです。今現在、年金暮らしですが、又これも低年金で大変な生活ぶりです。あまりの苦しさに人生につかれる時もあります。

趣味の家庭菜園は今年で十四年目です。百三十坪を借りていろいろな野菜を作って楽しんでいます。身体が健康な限り、続けて行きたいと思っています。

70代死別~同居

2年半前に夫と死別し、子供はなく、86才の実姉と同居しています。やはり何か寂しさがあります。もっと友達がいたらと…。
いろいろな趣味はしておりますが、サークルの人達とはお話はゆっくりしません。

多くの方にご入会いただけることを願っております。

お独り様会

独身の「友達」を作ることから始めませんか

独身者限定で、同性・異性の友人作りを目的とした会です。

未婚・離婚・死別の方々が「友達をつくりたい」「結婚相手を見つけたい」「同じ独身の方と気持ちを共有したい」などの目的で入会し、会報、LINE、オフ会、オンラインコミュニティサロンなどを通して日々交流しています。

会費:月額1,980円
20~34歳の女性は無料

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次