2014年3月23日 北海道新聞朝刊

「お独り様」会話楽しく~札幌で60人が交流会

画像の下に文字起こしがあります。

クリックすると拡大

独身者の孤立を防ごうと出会いの場を提供している「お独り様会」のオープン会員交流会が22日、札幌市北区の札幌エルプラザで開かれ、未婚者の他、離婚・死別などの理由で独身となった男女約60人が交流を深めた。

同会は札幌市のNPO法人「ボラナビ倶楽部」(森田麻美子代表)が主催し、会員は札幌や近郊に住む20~70代の男女約140人。有料会員制で、月1回の会員交流会のほか、月4回程度、ボーリングやカラオケなどの「オフ会」を行っている。

この日は初めて会員以外にも開放し、非会員の独身男女約30人も無料で参加。自己紹介の後、5、6人のグループに分かれ、約20分ごとに席を変えながら会話を楽しんだ。

17年前に夫と離婚し、初めて参加した札幌市厚別区の事務職員の女性(47)は「明るく前向きな方々と話しているうちに、私も頑張ろうと思えました。また参加したい」と話していた。
(大城道雄)