30代未婚の独身男性の本音

30代の未婚独身男性からいただいた本音です。
別の独身の方々の本音を読みたい方はコチラ

女性との思い出~30代未婚独身男性

別れました。価値観が近い事、精神的に支え合える事、助け合える事の尊さ、また、それらが合わない事の苦しさを痛感しました。

昔から人付き合いが苦手で、気が付いたらこの年になってしまいました。
それでも20代の頃は彼女や友人がいました。30代になってからは彼女と別れたり、友人とも疎遠になったりしてしまい、休日はほとんど一人で過ごしていることが多くなりました。
30代になるとなかなか新しい出会いがありません。

学生時代に知り合い、互いに初めての相手で長く交際した女性がいました。でも、社会的身分や経済力に理解を得られず、次第にいろいろな考え方の違いが広がっていきました。私は非正規雇用です。

現実や将来を思えば、私の方が未熟だった事は否定のしようがありません。当時の私は真面目に勤続年数を重ねる中、そこで明確に線引きされ、強く拒まれる事への抵抗や悔しさを抑えきれませんでした。

お付き合いしている女性がおりますが、今少し距離をおいております。
もっと友達や知り合いをたくさん作って、魅力的な男になってほしいと彼女から言われています。
今、転職活動中で、なかなか自分磨きや友達づくりなど気持ちに余裕がなかったこともあり、このままでは自分の成長はないかなと感じておりました。

現在の会社に入社してから、同期が数度、女性との交流の場を設けてくれはしたのですが、いざ参加してみると、ノリがまるで学生飲み会のようなものに毎回なりました。
とても先々のこと等を話し合う雰囲気になるものではなく、単なる「遊び」としての位置づけでしかありませんでした(場を設けてくれたこと自体には感謝しております)。

いろいろあって結婚を考えていた相手と別れ、前向きになれず、今に至ります…。

結婚への思い~30代未婚独身男性

子どもの頃から両親の不仲を見てきて結婚に気持ちが向いてきませんでした。
35歳も半ばを過ぎた頃から、自然と結婚したいと思うようになりました。

本気で結婚したいと思っています。

現在婚活しています。
婚活市場は盛り上がっているようですが、結果が伴っている方はどれくらいいるのでしょうか。
調べてみると、本当に少ない結果となっているとのことでした。

婚活に参加するとよく感じるのは、婚活システムのようなものに動かされている様な気がします。
それなりに楽しむことはできますが、同時に時間を消費しているとも思います。
市場に取り込まれていく消費者でいることを、望んでいるわけでもありません。

これまで、ごく普通の交際を重ねてきましたが、自分の中では、交際と結婚はまったく別のものと思っています。
気がつくと、年齢も40才の大台に乗りそうです。

性格~30代未婚独身男性

弱い自分に関ってくれる人達がいながらも、人間関係や自分の在り方に悩み苦しんだ結果、友人や知人を裏切り、自分の罪から死のうと考え、実行もしたが死ねなかった。
以降、人との関係を持つ事が恐く、自分が生きていて良いのかも分からず、自信も失った。だけど、一人の友人につながり、そのつながりから更につながり、今、何とか生きることが出来ている。

内向的で人見知りの上、かつての経験なども重なって自らの本音や価値観に引け目を覚え、表に出せずにきました。
誰かと思いを共有したい気持ちを抱えつつも、受け入れられない事への怖さや不安から一歩を踏み出せず、様々な思いを心に溜め続けてしまいました。

人付き合い、サークル、飲み会などといったものに馴染むことが出来ずに、何となく避けてきました。
友人と呼べる人間もなく、休日は読書か資格取得の勉強ばかりして過ごしていましたが、この歳になって、こんな調子では…と暗い気持ちになることが多くなりました。

年少の頃から人付き合いが下手で、現在でも友人がなかなか出来ません。

孤独・不安~30代未婚独身男性

ふと自分の周りを見てみると、かつての友人は皆、家庭を築いているわけで、私は未だ独り身です。仲間と遊びに行くという機会もなかなか作れなくなってきました。

兄弟、友人などが結婚し、独身でいることに少し生きづらさを感じ始めています。

長い間、一人暮しをしています。親友も亡くし、孤独です。

周りが結婚していくなか、独身のままは不安でどうしようかと思っています。

学生時代の交友関係も、いつの間にか無くなってしまい、年齢が進むに連れて、寂しさが増してくるようになりました。

一人親の実家住まいです。異性の友人がいません。

将来に対して漠然とした不安があります。
不安を解消し、また、同じような思いを持った方の力になりたいと考えています。

家庭不和の中で育ちました。
学生時代や思春期において家庭の状況によりいろいろ制限され、自分を騙しながら生活していた気がします。
家庭の問題もおさまり、気が付いたらもうこの歳でした。

行動範囲の狭さ~30代未婚独身男性

仕事で転勤してきました。
休日など1人でいることが多く、誰とも話をしないで1日が終わり、さびしい日を過ごしています。

就職して以来、およそ10年間、真面目に働いてきたのですが、家と会社を往復するだけの生活になってしまいました。
社内の人とは円滑な人間関係を築けているのですが、やはり友達というような関係を築くことは難しいと思われます。

ほぼ家と会社だけが世界になってしまっているので、新しい人間関係を開拓したいと思っています。同世代と話す機会が普段なかなかありません。

会社関係の人以外のコミュニティを持っていません。

人生の前半は、進学や就職などの環境の変化を通して出会いの機会があり、ある意味、受け身でも新しい人との交流がありました。
しかし、年を重ねるうちに、プライベートで知らない人と話をする機会がぐっと落ちてしまったと感じています。

去年転勤となりました。
同僚も親切で、丁寧に接して頂いており、平穏な毎日を送っています。
ただ、気軽に話せる友人がいません。

土日は気晴らしに出歩くものの、誰とも話をしない休日が続いており、空虚に感じる事が続いております。今の仕事と生活に満足している一方、私生活でも少しずつ人間関係の輪を広げたいと思っています。

幸せ・願い~30代未婚独身男性

アラフォーと呼ばれる世代ですが、人生100年時代と言われる中、まだ半分も過ぎてません。これからの人生を充実させるためには、様々な人との雑談を通して、新しいネットワークを積極的に作っていくことが大切だと思うようになりました。

人と打ち解けるのがそんなに得意な方ではありません。
色々な方と出会うことで自分自身の見識を広げ、豊かな人間性を身につけたいとは思っています。

お互い一緒にいて居心地が良いと感じらるような友人が作れたらと思います。

何でも話せて気の合う人っているのかな?
日々ぶち当たる喜怒哀楽の経験と感情
それら胸の内を素直に明かせて励まし合えたり、喜び合えたり出来る人がいたらと思います。

20代の頃にお付き合いをしていた方を自死で亡くしました。
10年以上、彼女のためにと思って1人でいたのですが、自分が幸せになったほうが亡くなった方のためにも、自分のためにも良いと思うようになりました。

一人で~30代未婚独身男性

友人がほぼおらず一人での行動が多いです。

長く一人暮らしをしていますが、ふと、これまで長い時間が経ったのだと気づく機会がありました。
婚活というようなこともかなり前から考えたこともありましたが、実行できずにおります。

薄給ゆえに、休日はいい歳をこいて家でひたすらゲームか、一人温泉とか一人旅なんかしています。それはそれで楽しい事もありますが、ちょっとマンネリ化してきた感があります。
ふと我に返った時、時間的な余裕があり自由ではあるけれど、常に一人であることに妙に寂しい気分に陥ることもあります。

自分はいつも映画に行くのも、どこかに遊びに行くのも、買い物に行くのも、何をするにも1人です。

出会いの手段がない私は、SNSなどの利用も試みましたが、うまくいくはずもなく、平日の仕事後および休日などは、1人で行動せざるをえない状況です。
将来を共にできる伴侶を見つけ、家庭を築きたいです。

学校にいた時は仲の良い友達がいました。
でも学校を卒業してからは友達関係は消滅し、いつも1人行動です。
やっぱり友達がいないのは寂しいです。

1人で過ごす時が多いです。
自分から話しかけることも苦手で、相手から話しかけられなければ会話することもありません。
話しかけられた相手がもう話しかけて来なくなれば、自然にその人との友だち関係が消えてしまいます。

自宅と職場を往復するだけの日々。
今は母・妹と一緒ですが、正直、寂しい。
1人が苦にならず、むしろ、集団が苦手なのに、この数年は旅先や出先で自分だけがポツンと1人な事に気づき、慣れているはずの孤独に辛さを覚えることが増えました。

仕事~30代未婚独身男性

転職しました。給与明細を見てため息をつくという生活の真っただ中におります。
でも、以前の仕事よりも時間的な余裕も生まれ、自分にとって「これはこれで正解だったかな」なんて思っている次第です。

転職し、某外資系企業の営業職に就くことができ、給与・労務面等の不自由は特に感じておりません。住まいは単身者向けの賃貸アパートです。
趣味といえるのは、現在は「車」であり、単身ながらトヨタのアルファードを所有しています。でも女性との出会いがありません。

将来、大学に残りたいという意思が次第に薄れていたにも関わらず、惰性でそれにしがみついたが故に、進路の方向転換が遅れました。そのために、不本意な職に就くことになり苦しみました。
石の上にも三年という格言はありますが、悩んだ挙句、一年も経たないうちに退職を決意します。このままでは、死を迎えた時に自分の人生の空虚さに恐れおののくことになる、そう考えると恐ろしくなりました。

仕事に没頭するあまりに体調を崩し、仕事を辞めざるをえなくなりました。
30代から誰ともお付合いすることなく、気がついたら40歳にもうすぐなります。

体調を崩したせいで友達とも連絡をとることがなくなり、疎遠となってしまいました。
また、社会から自分が遊離していく感覚を感じるようになりました。

介護職員として働き始めたのは4か月前。
それまでは別の場所で介護とは全く関係のない仕事をしておりましたが、ある日、体調を崩し実家で静養をしたのち今に至っています。
今では体調も良くなりましたが、慣れない環境と人間関係の中、悪戦苦闘しながらの毎日です。

5年ほど前までプログラマーとして働いていたのですが、病気により事務の仕事をしています。
仕事を頑張っていた時は平気だったのですが、今は独りで過ごす時間が寂しいと感じます。

変わる決意~30代未婚独身男性

10年、20年と時間を重ねた上に、今の自分の価値観や考え方があるのだと思います。
年齢を重ねる度に人生の難易度は上がり、変更は不能なっていきます。
でも、学校が、会社が、社会が、親が…と外に原因を作らず、自分の人生の責任を自分で引き受けることができる中年になりたいと思います。

結婚経験もなく、まもなく40代に突入し、考え方を改めることも増えてきました。
人は一人では生きていけません。
肩の力を抜き、今後の生き方のヒントや新たな出会いを楽しみたいです。

この世で本当に恐ろしいことは、何かをした実感のないまま、あっという間に100歳になっていることです。100歳で今わの際を迎えた時に、自分で考えて自分の人生を選択したという納得感を持っていることが、幸福な人生だと思います。
「結果は誰にも分からないから、悔いが残らないほうを自分で選べ」という考え方です。

あと数ヶ月で36歳なのですが、ついに婚活を始めます。
結婚できなければ「あぁ、自分は哺乳類のオスとしてこの程度なんだな…」という人生の落とし所(エビデンス)を得ることができ、できることとできないことの境界線は、今後の人生の指針になってくれると思います。

今独身なのは、結婚が嫌だとか、独身を望んできたわけではないです。
あまり器用ではなく、一つのこと(例えば仕事)に力が入りすぎてきたのかもしれない。でも、今、それを少しずつ変えているところです。

一定の友人としかつながりが無くなりました。
自分の殻に閉じこもってしまっていた自分を変えたいと思っています。

人の思いや人間関係を大切にできていなかった自分に気付きました。
人間を形成するという意味において、出会いの重要性を思い知らされています。

いい人との出会いは、それ自体が楽しいことだし、仕事にもいい影響を及ぼしてくれる、とこの年齢になって思うようになりました。

お独り様会会員様の寄稿から抜粋しています。

お独り様会
独身の「友達」を作ることから始めませんか

独身者限定で、同性・異性の友人作りを目的とした会です。

未婚・離婚・死別の方々が「友達をつくりたい」「結婚相手を見つけたい」「同じ独身の方と気持ちを共有したい」などの目的で入会し、会報、LINE、オフ会、オンラインコミュニティサロンなどを通して日々交流しています。

会費:月額1,980円
20~34歳の女性は無料
詳しくはお独り様会