30代の未婚独身女性の本音

30代の未婚独身女性からいただいた本音です。
別の独身の方々の本音を読みたい方はコチラ

30代になると出会いがない

何度か婚活イベントと呼ばれるものに参加した事はありますが、まだお独り様状態です。
年齢もそれなりになってきて、若い人達が中心のそのような活動にも縁遠くなりつつあり、だからと言って普通に仕事をしているだけでは出会いもなく…。

年齢と共に、周りは結婚していたり子供がいたりでリズムが合う人を見つけにくくなっているように感じます。また、正直寂しい気持ちにもなります。

最近フリーの仕事になり、今まで通っていた職場というものがなくなりました。
友達はいるので、決して寂しくはないのですが、新しい人と知り合う機会が減ったように思います。

転職を機に引っ越してきて、生活にも仕事にも慣れていました。
なにぶん小さな会社のため、ごくごく限られた人としか話をしない毎日が退屈に思えてきたところです。
出会いももちろん(笑)全くなく、このご時勢で会社がいつつぶれてもおかしくない、正体の見えない閉塞感の中、心にぽっかりと穴が開いた気がします。

毎日、職場と家の往復で全く出会いがありません。

30代未婚のままで不安・孤独

独身でどんどん自分の世界が閉じていってしまうことに寂しさを覚えています。

生まれつき足に障害が有るため、親に心配をかけないように自立して生きるということだけを目標に今まできました。
一人っ子だしこの先のことを考えていたら無性に不安になるときもあります。
ただ泣いている毎日は嫌だなと思っています。

自分だけが独り寂しく、悩みだらけなんだろうか??
と考えてしまい、更に悩んでしまうというエンドレスな悪循環の中にいました。

30歳を超えてから、家族も友人もいない見知らぬ土地で暮らし始めました。
「お独り様」には慣れているものの、もちろん孤独を感じることもあります。

家族と同居していますが、将来の事を考えると独りでは不安になります。
私は身近に気軽に相談できる親しい友達もいません。

さみしさや孤独感で不安です。
老後に自分はどうなってしまうんだろう、このまま両親の介護がきて、両親が他界して、そのあと自分は…と考えると、いてもたってもいられなくなります。

地震の時、頼れる人が近くにいなくて、とても不安な日々を過ごしています。

仕事をしている時は独身でもとくに問題を感じなかったんですが、病気になったりすると、親のことや経済的なことなど不安に感じることが多いです。

私は最近孤独を感じます。
友達は結婚していき、なんとなく連絡を取らなくなり、ひとりぼっちです。
寂しい、苦しいと思いながらも毎日が過ぎていきます。

社会や人とのつながりを持っていないわけではないにもかかわらず、時折ひどく孤独を感じます。
足るを知る」ことができない自分が駄目なように感じ、自分の中の何かを変えていく必要があるのではないかと薄々分かってはいます。
あまり深く考え込まずに、楽しく人と関わることができるようになりたいです。

30代未婚女性の婚活

20代の頃から結婚を目的に活動することを望んでおらず、婚活や合コンにはあまり前向きな気持ちになれませんでした。

両親の心配を減らしたいと思い、現在婚活中です。
ひとり婚活していて孤独を感じることもあり、時には独身に不安を感じてネガティブになってしまうことがあります。

自宅と仕事の往復の毎日で、気づくと30歳になってしまいました。
年齢を重ねると誰にも相談できないこともあり難しいと感じます。

数少ない友人も結婚や遠方へ引っ越していきました。
誰かに何かを相談や楽しく笑いあうことがなくなりました。

私は学生です。
年齢的にも経済的にも結婚を考えていますが、学生の身分で婚活は難しく、どうすればよいのか…。

20代後半から婚活を始めました。なかなかうまく行かないことが多いです。また、30代過ぎてから未婚の友人が極端に減ったことから、寂しく感じるようになりました。

20代の頃はずっと独身でいたいと思ってきましたが、30代の半ば頃から結婚してもよいのではないか、子どもがいてもよいのではと思うようになりました。
婚活はしてみましたが、うまくいきませんでした。

30代に入り、仕事も少し落ち着き、周りの勧めもあり婚活を始めてみました。
ただ、婚活をしていく中で、そもそも自分が結婚したいのか、子供が欲しいのか分からなくなっています。

30代独身の今考える結婚

気になる人をもっと知りたいから付き合い、好きな人と生涯を共にしたいから結婚するのだと私は思っています。
結婚する為に相手を見つける婚活に疑問や疲れを感じ始めました。

結婚願望があり、結婚したいなと思ってはいますが、思っているだけではなかなか出会えません。

小さい時は自然と結婚できるものだと思っていました。
でも、未だに独身です。
このまま生涯独りで生きていける強さだったり、社会で生きていける力は私にはありません。
やっぱりお互い支えあっていける大切な人が隣に居てほしいと強く思います。

20代は仕事や学業に打ち込んでいましたが、将来のことを考え、現在は真剣に結婚を考えています。
いい出会いがあればいいなと思っています。

20代の頃、当時独身の友人(女性)が家族連れを見て「早くそっちに行きたいよね」(早く結婚して家族がほしいね、という意味)と言っていたのを共感できなかった私が、その想いに共感できるようになりました。

結婚相談所主催の会で紹介された方と、先日お会いしてきました。
正直、難しいなと思いました。
結婚以前に、お付き合いする相手を見つけなくてはいけないのですが(笑)
一緒にいて居心地のいい人を見つけるのって難しいですね。

30代未婚独身で考える幸せとは

たくさんの老若男女と出会い、その中でたくさんの人を励まし、なぐさめ、温かい“愛”を与えたい、また与えられるよう、自分自身も常に内側を磨きたいです。
それを通して私も喜びと感謝で過ごせればうれしいナと思っています。

家族がいる人もみんな独りで、独身の人ばかりが独りというわけではないと思います。
でも、独身は一人でいる時間が長いから、やはり人とのつながりを求める気持ちがあるのでしょう。
私も人とのつながりを求めています。

平凡だけど幸せって実は奥が深くて難しいのだろう…って歳と共に感じます。
周りの友人はもう落ち着いています。

10代20代ときて、やっといま、面白くなってきたと感じています。
マイペースなのか、内面が未熟なのか、 結婚生活というイメージが自分にはピンと来ません。
しかし、独り暮らしのなかで些細な幸せを感じたとき、分かち合う人達がいてくれたらと思うことはあります。

人には、誰かのためになりたい、必要とされたいという思いが潜在的にあるような気がします。
ただ自分だけが楽しい、満足という思いだけではずっと生きていけないのかも知れません。

結婚願望がないまま38歳を迎えました。
「一人のほうが自由に時間が使えて気楽」と生活してきました。
でも最近は、「不便もあるかも知れないけど、誰かと時間を共有しながら生活するのも悪くないかも」と変化しています。
今までは、仕事以外の時間はすべて自分のために費やしてきたけど、そろそろもういいかな…という心境です。

一人で楽しめる時間も好きですが、気の合う友達と楽しい時間を一緒に過ごすのは何より幸せと感じます。

今まであまり結婚願望がなく過ごしてきましたが、友人達の結婚や出産を見て、家族っていいなぁと思うことが増えました。

自分が幸せな状態とは何か?と、これまでの自分とこれからの自分を考えた結果、とりあえず、このままではいけないと感じました。
決して急ぎ足になったり、無理はしたくありませんが、これからはゆっくりと自分の歩く早さで、少しでも人の輪に入って、自分の世界を広げることができたら…と思っています。

一人一人が、その人らしい本来の笑顔で輝けるように、そして自分自身もそれを通して笑顔で日々に感謝しながらたくさんの人と関わり過ごしていきたいです。

最近、図書館で、ふと目が止まり借りた本が、マザー・テレサの「愛という仕事」という本でした。
人間にとって一番辛いことは、自分を必要としてくれる人、気にかけてくれる人がいない孤独という海に冒されること…と書いてありました。
普通に食事ができて、眠るところもあり、会話をして笑い合える存在がいることが当たり前と思って生きてきたかもしれません。
自分自身の「怠け者」の改善と、人のために小さなことから行動していくこと…を目標に生きたいです。

30代女性が感じる周囲の結婚

仲の良い友人や親戚が次々と結婚し、子供が生まれ家族になっていく姿を見て、うらやましさと、話についていけなくなった寂しさを感じています。

気が付いたらあと 3 年で40歳になります。
私と同年代の友人たちの多くは、結婚して子供と一緒に暮らす生活で、私だけ取り残されたような寂しさを感じるようになりました。

30代も半ばをこえると、友人もいとこも既婚者や子持ちが多くなります。
子供さんと会えたり子育ての話を聞けたりというのはそれなりに楽しいのですが、やはり自分で子育ての体験がないので話題に十分入りこめないというか。
ちょっとお互い話が盛り上がらないところに淋しさを感じたりします。

独身時代の友人もほとんどが結婚してしまいました。
最近になり、「このままずっとひとりかもしれないけど、パートナや自分と同じ環境の友人や知人ができればもっと人生も楽しくなるかもしれない」と思うようになりました。

今年32歳になる者です。
残念ながら今までご縁がなく、独身で恋人も長年いません。
ふと気が付くと周りの結婚と出産をただ見ているだけになりました。

昔からの友人は子育てに追われていたり、遠方に嫁いだりで話が合わなくなってきてしまいました。
ざっくばらんに話が出来る仲間が欲しいです。

独身の友人が相次いで結婚し、急に寂しい気持ちが生まれました。
私も誰かと一緒に人生を過ごしたいと思うようになりました。

結婚して子供が増えて…家庭というものを普通に築けると思っていました。
どんどん周りに取り残されているなと年々感じます。
友人の年賀に家族だったり子供の写真があって、今年こそは私も仲間入りできるように…って思って何年経ったでしょう。

30代未婚で彼氏が欲しい

以前ある著書で、「人は自分のためだけには生きられないもの」という一文を読んだことがあります。
その時は言葉の意味をよく理解できませんでしたが、最近はその通りかも知れないと感じます。
たとえば料理ひとつにしても、食べてくれる人がいるなら作り甲斐があるけれど、自分だけだと簡単なものになってしまいます。

人生で辛い悲しいことは楽しいことより多いですけど、それを半減して吹き飛ばしてしまうぐらいの心強い、お互いにとっての唯一の理解者でいたいです。
時に喧嘩をしても、翌日には仲直りを普通にしているような。
夫婦であったり兄妹や友達のようであったり、何か尊敬できるものがあって、揺らぎない信頼があって、いつまでもありがとうと言える感謝の気持ちを忘れない二人でありたいです。
綺麗ごとになってしまいますけど、やっぱりお互いに対する思いやりの気持ちを持ち続けることなんだろうなと思います。

未だに結婚したいとは思えないのですが、互いの本質を理解し合えるパートナーを求める気持ちはある、矛盾した心境です。
ひょっとしたら私は、考えの甘い人間なのかも知れませんね…。

大切な頼りになる優しい旦那さんがいて可愛い子供がいて…アラフォーの年齢の私には厳しい現実ですが、月並みにそうゆう家庭を築きたいです。
温かい幸せな笑いの多い家庭。

ずっと家と職場の往復の毎日ですので、新しい友人ができたらうれしいですね。
恋人は…これは自然の流れに任せたいです。
日々を充実させた結果、ついてくるものなのだろうと思っています。

結婚前提では無いけれど、真面目にお付き合い出来る方を探しています。

人の話しをゆっくり聞くタイプで気配りはできると思っています。
プライベートではわりとぼんやりしています。優しく誠実な方と仲良くなりたいです。

1人で生きていきたくない。
でも、結婚の為にどうでも良い恋愛はできない。

五年ほどお付き合いしていた方と別れました。
次にお付き合いする方とは結婚を前提に真剣なお付きあいをしたいと思っております。

30代未婚でつらい

絵と読書が趣味です。
でも、友人や職場など周囲は結婚して子どもがいる人が多く、自然と、自分の趣味の話をせずに人の話に合わせて過ごすことが多いです。

一人でいることは好きですが、たまに空しくなる時があります。
その気持ちを何かで埋めようとしても、うまくいかないことに気づき、今はその気持ちを変えようと頑張るのは止めました。

自分のまわりに壁を作っていて、その壁は人間関係の煩わしさから身を守るのと同時に、心が固くなってくるような感じもします。

気づけば回りはほとんど結婚していて子育て真っ只中。
クリスマスや誕生日などのイベントを一緒に過ごす仲間がいなくなっていました。

日々へこんで暗くなっている気分がありますし、失敗して恥をかきたくない、トラウマを作りたくないと守りに入りっぱなしです。

30歳に対する世間の目は厳しく、独身でいることを告げると周りに気を使われてしまいます。

機能不全家族を生き抜いて色々がんばってきましたが、血縁者や旧友を多く亡くし、さらに生きづらい世界になりました。
少しでも新しくいい人間関係を…と思っても、同性からは愚痴や相談をされるばかり、異性からは不倫やセフレへのお誘いばかり。
「明るい」も「しっかりしている」も全然いいことじゃない…と、ひとりでいることが増えています。

素敵な人がいても、薬指に指輪がなくても、既婚者だったり、恋人がいたり…。

婚活サイトで知り合った方には前の奥さんがやっぱり好きだと言われ、元彼には今大切な人がいると言われ、何かが少しずつ削られているように思えます。

30代独身で振り返る「彼氏」の思い出

十代の頃から病気に苦しんでおり、この年になるまで男性と縁がなかったです。

一度お付き合いできた方がいましたが、その頃視野が狭く、その方の気持ちが重いと感じ、自分から別れを切り出してしまいました。

結婚を前提としていた方と、先日お別れしてしまいました。
周りの友人たちは殆ど結婚してしまっているので、出会いがありません。

婚約者が急逝しました。
彼とは10年弱交際し、3年前から同居していました。
心臓の発作で急逝したため、今でも信じられない思いでいます。
彼がいなくなってしまった今、今までの何でもない毎日がとても貴重なものだったと思い知らされています。

30代未婚独身で自信がない

同年代の友人に小学生ぐらいの子供さんがいたりすると、何というか地に足をつけて生活しているなあという感じがして、自分をかえりみて反省してしまったりしますね…はい。

結婚はおろか、異性とのお付き合いも一度もしたことがないオクテです。
13歳頃からある病と付き合いはじめ、「恋愛や結婚は、自分で自分のお世話(病気のコントロール等)が出来るようになってから。でないと、パートナーに迷惑が掛かる」、そう思いながら、なかなか成長せず、気が付けば歳月ばかりが過ぎていました。

自分に自信がもてるようになりたいです。
小さい頃から結婚して子供を持つのが夢で、20代前半で結婚できるものだと思っていました。でも、その頃、結婚を前提に付き合っていた方と別れてしまい、その後ご縁がありません。

幼い頃から父の転勤であちこちをまわり、一人っ子ということもあり人との距離感が難しいと感じる日々です。
仕事場では自分の意見をしっかりと伝え、積極的に話しかけるよう心がけていますが、それがいつも裏目に出てしまいます。

いまだ彼氏というものができたことがありません。
気になる人が全くいなかったわけではありませんが、恋愛の仕方がよくわからず、自分からアプローチすることができなかったのです。

30代独身女性の仕事観

普段は仕事、休みの日は通信制大学の勉強に夢中になっていたら、プライベートの交流がほとんど無くなってしまいました。

安定した仕事に就けるまで長い年月を要し、落ち着かない日々を過ごしていたため、同性であれ異性であれ、知り合いを作る余裕がありませんでした。

仕事をまずは頑張りたい気持ちの反面、できればよいパートナーにもめぐりあいたいと思っています。まだまだ仕事も人生もあきらめたくない。

食べる為には好き嫌いに関わらず仕事をしなくてはいけません。
仕事に全てを捧げる気でやっていかないと、妙齢の女性などは直ぐクビになります。
仕事を最優先にしていると、気が付けば、異性は当たり前ですが同性ですらほとんど居ない状態に…。

平日は多忙で残業もあり、プライベートの時間もほとんどなく、人と交流する機会はありません。

20代の頃、がむしゃらに頑張って、好きな分野の仕事に就く事が出来ました。
収入も生活も安定して来て、ふと、寂しさを感じることが多くなり、休日を持て余す事が増えて来ました。

毎日激務の中、休日は外出する気力もなく、身体を休める事で精一杯。疲れを理由に何もせず、毎日同じ事の繰り返し。嫌気もさしておりました。
このまま身体を壊してもいけないと思い、思い切って会社を辞めました。
自分を見つめ直すよいきっかけにもなり、もっと外に出て、色々な方と出会い、色んな考えを聞き、色んなことにチャレンジするのもいいのではないか?と思い始めています。
自ら何か行動しなければ、何も変わらない事に気がつきました。

30代独身でいつも一人

人一倍、気持ちだけは好奇心旺盛で「あれがしたい、これがしたい、あそこに行ってみたい…」と、ひとり勝手に楽しい想像をふくらませるばかりで、自分ひとりだと、つい外に出るのがおっくうになってしまいます。

ひとりでも行動が苦ではない性格が災いし、ひとりで趣味を楽しむようになり、と悪循環に陥っています。

休日も1人暮らしの為、食材の買い出しに料理の下ごしらえ、掃除、洗濯、身の回りの片づけ。いつもそんな休みです。

気づけば「独り」という感じでしょうか。
転職をしたことでより孤独を感じるようになりました。
今までは長く同じ仕事をしてきて、ある程度自信もあり、日々充実していましたが、事情があっての転職。
今は慣れない仕事の上、少人数なこともあり、一人きりで過ごすことも多く、誰とも話さないという日も少なくありません。
誰かと関わりたい、話したい、というのが本心です。

30代独身を楽しみたい

仕事はやりがいがあり、友達といる時間も楽しいです。
ただ、休みが不定期な為、家に1人の時、ふと物凄く孤独になる瞬間があります。
どうせ生きるなら楽しく生きたいです。

30歳の誕生日を迎えました。
(勝手で個人的な考えですが)「30 代になると責任が色々と重くなる」等のイメージがあり、20代の頃は年を取りたくないと思っていました。
ところがいざ30代に突入すると、良い意味で肩の力が抜け、仕事も経験を積んで面白くなってきたように感じます。
これからはプライベートもより充実させたいです。

この4年ほど、一つのことに打ち込み続けてきました。
この夏、それが一段落した時、気持ちにも体力にも時間にも余白が出来ました。
今まで組織の中にいたので、一人で休日を楽しんだり、なかなか会えなかった懐かしい友人と会ったり、楽しくて穏やかな日々を過ごしています。

気が付けば30代、婚期も逃しつつあり、今後もどうなるか分かりません。
しかし、人生を楽しみたいという気持ちが強くなりました。

年齢が上がってきて辛いということもなく、毎日楽しく暮らしています。
全く寂しくないと言えば嘘になりますが、自分自身の趣味を楽しみつつ暮らしていけていると思っています。
以前と比べてみても、段々楽しいことが増えてきたように感じます。
もし、一緒にいろんなことを楽しめる方がいれば、2倍楽しいかも!?と思います。

30代独身の今は友達が欲しい

30代になり学生時代の友人は、仕事・結婚・出産など各々ライフスタイルが変化し、気軽に付き合える友人が少なくなりました。
一人で過ごす休日は、気楽ですが少し寂しく感じます。
話の合う友人が少なくなってきたので、新しい友人を作りたいです!

恋人とまで高望みはしませんので、せめて安否確認し合える友達が欲しいです。
孤独死自体は仕方ないけれど、腐乱死体になって周りに迷惑かけるのは嫌だなあと。

将来結婚するかしないかは、まだ分かりません。
でも私が今、一番必要としているのは、休日に色々な所へ一緒に行き楽しく過ごし、時には悩みを相談し合える仲間や友達だと思います。

友達の結婚や出産で、だんだん会える人が減り、寂しい気持ちがあります。
環境や気の合う方とのんびりまったりお話ししたいです。

30歳をすぎてから、なかなか新しい友達が出来なくなっています。

休日はなんかむなしくて、趣味もあまり楽しめなくなってきました。
もしずっと独身でも、仲間さえいれば楽しく生きていけるのではと考えています。

最近まで1年半、自宅療養生活を送っていました。
その中で、人との繋がりについて考えさせられました。
人間関係も変化し、今までの人間関係が利害関係やライバル意識にウエイトが置かれたものだったかなと感じられる出来事もありました。

健康だった頃は「自分は独りで生きていける」という傲慢(ごうまん)な考えがありました。でも、この療養生活を支えてくれた人達の中で、「人は独りでは生きてゆけない」と言う事を思い知らされました。

前までは、一人でご飯、一人でカフェ、一人旅も平気でしたが、最近はつまらなく、味気なく感じます。
気持ちのどこかで、誰かを求めている表れだと思いました。
お互いに大切と思える相手が欲しいです。
趣味の仲間、友達も欲しいです。

30歳を過ぎてからまわりの友達はほとんど結婚してしまい、なかなか遊べる友達も少なくなってきました。

今まではずっと「ひとり暮らしバンザイ!! 」と思って過ごしてきたのですが、最近ふと「たまには誰かとごはん食べたりおしゃべりやカラオケしたり、街をぶらぶらして楽しく過ごしたいな…」と思うことが多くなりました。

30代で一人は不便

ゴールデンウィークは、家族連れやカップル、団体が多くて、一人でふらっと歩くと浮いている気分で悲しくなります。
お寺巡りやショッピングが好きなので勇気を出して外出したら、人の多さで楽しめず。
混んでない日にリベンジして、楽しみたいと思ってます。

田舎ほど、お独り様を容認しないような気がするのは気のせいだろうか…。
地元では絶対に一人で喫茶店や食堂に入ることはない。
地元の情報誌でヒトカラ歓迎とあったのは嬉しかったが、時間帯を見ると平日の昼間という。無理じゃん…。

先日、映画を観てきました。一人で。(泣)
すごく良かったのです!
が、本当はその後にお茶でも飲みながら「あ~でもない こ~でもない」と話せる友達と一緒ならもっと楽しんで映画を観ることができるのになぁと感じました。

この年になると既婚者や子どものいる人がほとんどで、同性でも声をかけづらい。
出かけることは嫌いではないが、休日が土日で家族連れが多いので、食事は気がひける。
二人だと大丈夫だが、食事どきの混んでいるレストランに一人で入るのは勇気がいる。おかげで食事は一人でも差し支えないファストフードに限られてくる。

30代未婚独身女性の願い

まだまだ独身者は半人前という固定概念のはこびる世の中において、独身者でも一人前の社会人として生きていけることを強くアピールしたいです。

仕事を辞めて学生をしています。
そのため、以前とは真逆な質素な生活を送っています。
でも仕事をしていた時のイライラ感はなく、「お金は少ないけど心は豊か」な状況です。
同時に、仕事をしてお給料を得ることの有難さも再認識しています。

「不惑」になる頃には、文字通り惑うことなき一人前の人間になっていたい。こんな目標を持っていました。
実際はまだまだ惑ってばかりの情けない私です。

非正規雇用で働いています。
職場に既婚者が多く肩身が狭い思いをしたことのある方や、子孫を残せない悲しみやあきらめの思いを抱いたことのある方などとお話がしたいです。

30代独身の心境の変化

職場と家の往復の毎日で、ハンカチを落とすことも無ければ白い馬に乗った人とすれ違う事も無く過ごして参りました。
しかし最近、両親の老後の事、自分の今後の事を考えると、比較的前向きな性格だとは思いますが、多少の不安を感じるようになりました。
自分の小さな経験だけで転ばぬ先に悩むより、人と交流して更に前向きに過ごしていけたら良いな、と思い始めています。

ひとり、一人、独りが好きだけど、歳を重ねるにつれ、ゆるやかに繋がりが欲しいと思うようになりました。

おひとりさまにもそろそろ飽きたかも?
会社と家の往復の日常に喝(かつ)!を入れたいです。

震災でも痛感させられましたが、人は一人では生きていけないというのは本当だなぁと感じました。
一人暮らしであっても他の誰かと会って話したり、楽しみを共有したり、少しずつ理解しあったりして、古い友人と過ごしたり、新しい友人をつくったりすることは人生を豊かにする上でとても大切なことだと思いました。

家族を持ったり転勤で離ればなれになったり、環境が変わったことで仲の良い友達との関係もその時々で変わっていくことがあると思います。
でも、とり残された気持ちになるのではなく、新しい人間関係を築くチャンスだと思い、新しい人々との出会いを楽しんでいきたいと思います。

40歳目前となった今、仕事人生の節目と思える出来事も重なって自分の置かれている立場や今後のことを真剣に考えるようになりました。
仕事が忙しいことを言い訳にして大切な事を置き去りにしていた気がします。
結婚もせずにここまで来てしまいましたが、これからは、少しずつで良いから人との縁をあたためていけたら素敵だなと思うようになりました。

30代独身だから広げたい

6年前から転勤で一人暮らしを始め、なかなか友達や恋人も出来ず、人間関係で行き詰まっています。

仕事一筋で来ました。
余裕ができた今、趣味や新しいことを一緒に共有できる新しい友人、仲間やパートナーを見つけたいです。

30代最後の歳を迎えてしまい、気持ちばかりが焦り、つまらない日々を過ごしています。

無理はしたくありませんが、これからは、自分が歩ける速度で、少しでも人の輪に入っていき、少しでも今の自分の世界を広げることができたら…と思っています。

私はすごくさみしがりやなのですが、慎重です。
新しい安全な人脈を広げられる出会いがほしいです。

大人になると積極的に何かに参加しなければ、なかなか新しい出会いもないものだと実感しています。

結婚願望は昔からあまりありません。
現在は社会人を経て学生生活をしており、今の環境では繋がりがない同世代や上の世代との交流を求めています。

気づけば何んとなく過ぎて、色味が無い毎日。
休日も家で読書をして過ごすことが多くなりました。
それも良いのですが、もっと外に世界を広げたいです。

都内でアルバイトをしながら、演劇の活動をしています。
同じような職の方ばかりと接しているため、他業種の方とも出会いたいと思っています。

仕事で引っ越してきたのですが、仕事関係の方としか繋がりがないと感じています。

一人ひとり自立した人が、他者に依存したり支配したりすることなく、健康的につながることのできる絆、そのような絆・仲間がたくさんいれば、たとえ家族が不在な存在であっても、生活が豊かになるような気がします。

以前は、ボクササイズを習い、その方々と一緒に御飯を食べたり、会話を楽しんだりしていました。でも、ボクササイズを習っていた所が閉鎖してしまい、それと同時に疎遠になってしまいました。新しい居場所を探し続けて、今にいたっています。

お独り様会会員様の寄稿から抜粋しています。

お独り様会
独身の「友達」を作ることから始めませんか

独身者限定で、同性・異性の友人作りを目的とした会です。

未婚・離婚・死別の方々が「友達をつくりたい」「結婚相手を見つけたい」「同じ独身の方と気持ちを共有したい」などの目的で入会し、会報、LINE、オフ会、オンラインコミュニティサロンなどを通して日々交流しています。

会費:月額1,980円
20~34歳の女性は無料
詳しくはお独り様会