40代の未婚独身男性の本音

40代の未婚独身男性からいただいた本音です。
別の独身の方々の本音を読みたい方はコチラ

40代未婚は出会いがなかった

立場上、経営者の集まりによく参加します。
43歳で独身というと「いいなぁ」など、からかいのネタ
世の社長というのは、まだまだ年配者が多く、「いくら晩婚の現代でも、40代半ばまで独身とは」と真剣にあきれる方も。口の悪い人にかかれば「あいつは男として欠陥があるのでは」「ゲイじゃないのか」というのも(笑)
そうした諸先輩の中で、未婚の私は「独身」の代名詞のような扱いになります。

一方で、死別・離婚による「独身」は、少なからずいらっしゃいます。
結婚というステップを通過した点では、未婚の「独身」とは異なります。
死別・離婚でもお子さんがいらっしゃる場合は、「独身」といっても実際に独りではない場合もあります。

不安定な経済情勢の中で、社員を養い、親の面倒を見て、さらに伴侶と彼女の実家、子供の養育。
それをすでに若くはない今からこなすのかと思うと正直、気が遠くなります。
結婚式、新婚旅行…その辺から早くもつまずきます。

子供は好きなので、結婚はしたい
しかし誰でもいいとは今さら考えられない状態に陥っております。

転勤であちこち全国を周っていたうちに気がつけばこの歳(40半ば)になっていました。
もちろん友人は結婚したりして音信不通ばかり(泣)。
今はようやく戻ってきましたが、数年前に父が亡くなり、仕事が休みの日は同居している母の買い物等の面倒をみる生活です。

あまり結婚願望もなく、この年にまでなりました。

なかなか出会いもなく、この歳まで来ました。

職場で26歳の後輩が結婚して、天下をとったようなことを口走ったり、定年で再雇用の人が病気(ガンのうわさ)で長期休職したり、何かと考えさせられることが多いです。
ところで、上記の二人、私に向かってそろいもそろって「早くいい人みつけて、一緒になりなさい」という助言? 暴言? 放言? を言うのには参りました。

結婚したいという思いを持ちながらもご縁に恵まれず、この歳まで未婚で来てしまいました。

あっという間にこの年齢になってしまいました。

40代未婚男性の婚活・結婚

女性と付き合い、具体的に結婚に至りそうなところまで来たことはありますが、様々なタイミングが悪く、断念しております。
その繰り返しに億劫になってきたこともあります。
独り暮らしに不自由さを感じないのも、独身生活が続いてきた要因かと。

望んで今まで独りできたわけではありません。
二十代の頃には、普通に結婚したいと思っていました。
四十代になってからは結婚情報サービスにも登録し、お見合いパーティーにも何度か参加しました。

気づけば50代目前になってしまいました。若い頃から結婚願望は少なく生きてきました。だが、常に孤独との戦いだったような気がします。
昨今の単身者の増加と孤独死問題は人ごととは思えません。7年前、従兄弟を孤独死で亡くしました。自分が発見者で警察の事情聴取も受けました。未だにその一日は鮮明に覚えています。
死後の処理は誰がやるのだろう。この部屋の葬儀や納骨、遺品整理や死後事務など依頼するしかないのかと考えることがあります。

結婚相談所に登録していますが、なかなか良い出会いがありません

インターネットのサイトで恋活していましたが、つらい片想いに終ってしまいました。

10年前にやや遠距離だったためか、惜しくも結婚は成就しませんでした。
以来、独りのまま、仕事に没頭し現在に至ります。

ある結婚仲介業者に電話で入会を申し込んだところ、年収等のありきたりのことを尋ねられ、ありのまま答えると、「あなた(アンタといったか?)みたいな人を紹介するなんていい加減なことできない」とガチャン。
私は結婚の経験はありません。世間とはこういうものなのでしょうか。時代は変わっても、旧い(ふるい)価値観は残っているものなのでしょうか。私にはわかりません。

私の両親は健在です。年々、年老いてはいます。私は一人っ子です。私が両親の面倒を見ても、私の面倒を見てくれる子供はいないと、ふと考えることがあります。
ならば結婚すればいいと私も思います。これまでも多くの方々のお世話になり、お見合いをしてきました。婚活パーティーなどは積極的に参加してきました。が、この人という女性とは出会えませんでした。

いろいろな方と交際しましたが、結婚することができませんでした。

一人暮らしで周囲の人からは結婚の事を言われるのですが、なかなか良い人に恵まれずに現在に至っています。

孤独感は結婚によって救われるのでしょうか?他の独身者は独りでいるとき、何をしているのか、何を考えているのか気になります。

40代独身男性の幸せとは

人はなぜ生きるのか?それは幸せになること。これに尽きると思います。
傷つき傷つけられ、それでも生き抜くには人との関係が必要です。どうせ生き抜くなら、少しでも楽しい方がいい。先ずは楽しむこと。温もりが欲しいです。

趣味の合う人が周りにおらず、1人では楽しめなく、寂しい思いもしています。
仕事にやりがいを感じたいのですが…難しい。
せめてプライベートを充実させて、仕事のモチベーションを上げていきたいと思っています。
幸せって何だろう、と思う日々が続いています。

現在グループホームで働いています。ケアマネージャーと認知症実践者研修修了等の資格があります。
仕事内で昼、夕と利用者様や職員と食事をしているのですが、やはり家庭を持ち家族で食事をしてみたいと思っています。

40代独身で彼女ができない

41年生きてきて、学生時代から今に至るまで、人間関係に恵まれませんでした。今から11年前より、仕事以外にも人間関係を広げようと、サークル、セミナー、ボランティアと参加しましたが、どうしても上手くできませんでした。
過去に3人の女性と交際しましたが、3人とも1ヶ月もたずの破局に終わり、異性の人間関係にも自信が持てません
両親も高齢ですし、将来は孤独死するかと、毎日不安な日々を過ごしています。

今まで、女性とお付き合いしたことが、ほとんどありません。

今から 5 年前、当時交際していた婚約者が去っていきました。それがお独り様生活の始まりでした。その頃は、とても寂しい生活だと思っていましたが、今ではお独り様生活にも慣れてしまいました
特に趣味もなく、休日は思いつくまま気ままに過ごしていました。そういった時間の過ごし方も、それはそれで大切な時間なのですが、やはりそれだけではどこか空しいと感じています。

自分自身、年々、人と話す事(特に女性と)が苦手になってしまい、さすがにこのままではまずいと思っています。

40代未婚で仕事ばかり

無趣味な事もあり、仕事以外の人との交流があまりありません。

普段は自宅と会社の往復で過ごすことが多く、会社以外の人との関わりは希薄になりがちです。漠然と「このままでいいのかな?」と感じています。

仕事ばかりに時間を取られ、自身をかえりみることを怠ってしまい、気がつけばこんな年齢になっていました。

大学を卒業して社会に出てから、毎日の仕事をこなして何とか形にすることだけで精一杯でした。友達や恋人を作ったり、人間関係を何とかしようとする心の余裕も無いまま過ごしてきました。
色々なメディアや接する人の中で、人間の嫌な部分を見ることがよくあるのですが、そういう時は、「もう一生孤独でもいいかな…」などと思うこともあります。ただ、そう決めて考えてしまうのもいま一つ「つまらないな」という意識もあります。

現在43才で、転勤で来て約半年になります。
ようやく環境にも慣れて、趣味を始めたりと生活も落ち着いてきましたが、会社以外の人との交流が無い状況です。
会社の方々には良くしていただいているのですが、やはり、会社という環境では、お互いの関係性があるため、気遣いから生じる若干のよそよそしさが双方であるように感じています。

40代独身で遭遇する親の死

仕事や趣味、実家との往復で気づけば歳だけが過ぎていました。
昨年父親を亡くし、今一度、生活や人との関わりを見直そうと考えています。

自分に自信が持てず、この歳まで来てしまいました。仕事以外で人との接点はあまりありません。友人は、いることはいるのですが、たまに会った際に家族やパートナーの話になると、ついていけません
ぼんやりとこのまま「ぼっち」でもよいかと思っていましたが、父が他界、そして昨年、母が倒れた際に「現実問題として一人になるということ」への孤独感が強くなりました。

今まで親や兄弟の面倒をみて生きてきました。父親は自分が若い頃に亡くなりました。その分、身内の苦労を背負って頑張ってきました。
最近、自分自身の家庭や家族が欲しくなって、すごくさみしい時があります。

10年程前から認知症の両親の介護問題が始まり、7年前には母を、昨年には父を看取りました。兄弟がいないので、未婚の私は独りとなりました。これで責任を果たしたと言う気持ちになり、これからの自分を考える余裕が生まれてきました。

今の自分を見ると、ドライブをしようと思えば車もあり、パソコンもあり、もったいない様ですが、父と母が他界し、今後を考えると、どうしても1人であるという現実があります。
同年代の既婚者に話したら、「昼は弁当持参で 1 日 300 円の小遣いよりはいい生活」という様な話をされましたが、それはそれで楽しそうです。

7年前に続けて父母が他界してしまいました。いろいろ親に迷惑かけてしまいましたが、父は最期、ぼくの誕生日に他界しました。日記には一言、ぼくの誕生日とだけありました。母もいろいろ持病があったのですが、働きもので、いつも「帰らないと」と言って、ぼくを心配してくれていました。そんな父と母が他界してしまい、今は一人暮らしです。今までの事をいろいろ思い出してしまいます。

昨年父が他界し、現在母と二人暮らし。元気なうちに安心させてあげたく思います。

大病を患いました。
心筋梗塞で心臓の機能の 97%が失われてしまったことがありました。

それまでの私は自分勝手な生き方をしていました。
毎日がどうでも良いというような生活を送っていました。

病気を抱えてからは考え方が変わりました。
手術は4回して2回失敗しました。普通2回も心臓の手術を失敗した場合は、確実に「死」を迎えると思いますが、なぜか生き延びました。

自分は「生」というものにあまり執着がありませんでした。
父親を19歳の時に不慮の事故でなくし、母親も今から9年前に酔払い運転の車にひき逃げにあい、生きていてもあまり良いことが無いと思っていたからです。

幸いなことに、この不景気の中、仕事はあります。それなりの収入もあります。でも「生」に執着することはありませんでした。

その後自分自身が大病を患いました。
手術の同意書にサインをする度に、「死」は確実に近づいていたはずでした。
しかし「死」は私を避けていきました。なぜかはわかりません。

これは「生きよ」という何か大きな力が働いているのではないかと考えるようになりました。
私は神や仏は信じません。
神や仏がいたならば、父も母も嫌な目に逢わなかったはずです。
私自身も大病を患う事も無かったでしょう。

「生かされた」以上、適当な生き方をしてはいけないと考えるようになりました。
常に真面目に誠実に生きなくてはならないと考えるようになりました。
そしてできれば、この与えられた「生」を社会のために使いたいと思いました。

40代独身男性の親の高齢化

母と二人で暮らしています。私たち兄弟のために一生懸命に働いて、育ててくれました。
たくさん親孝行してあげたいですし、安心もさせてあげたい。そんな気持ちが今はあります。

以前には考えたこともなかった、高齢の親の入院や介護に伴う生活の制約や精神的な負担を最近は感じ始めています。
親とはずっと折り合いが悪く、離れて暮らしていた期間も長かっただけに、こういう状況になって「家族とは何なんだろう」と改めて考えてしまうこともあります。

40代独身はいつも一人

ここ数年、一人でいることが多いです。

去年のクリスマスも一人で、虚脱感に襲われました
このまま一人で一生を終えるのかと思うと、寂しくなりました。

会社員をしながら普通に暮らしています。
出会いなどなく、休みの日は一人でいます。

人見知りの性格ゆえ、人と接するのが苦手です。そんなことで自然と単独行動になってしまいます。一人で旅行やコンサート、動物園に行ったり野球の応援にも行きます。
この年齢になると人恋しくもなり、仲間と楽しそうにしている人達を見ていると、とても羨ましく思います。

1 人で行動することが当たり前になって、休日は殆ど 1 人で過ごしています。

自宅と会社を往復する日々の中、一人で行動することが普通になっていて、仲間と一緒に何かをというのが少なくなったことを実感しています。

趣味はこれといってありませんが、ドライブしたり、たまに映画を観たりして、休日を過ごしております。同性・異性関係なく、いろんな話ができたら楽しいだろうなぁと思っています。

40代独身男性の孤独感

孤独を感じる時があります。
自分と同じような想いの人と知り合い、交流していければと思います。

仕事が人付き合いの少ない自宅作業で気楽でいいやなんて思っておりましたが、40代になりこれからのことを考えると急激な孤独感に苛まれました。

仕事がら、会う人は限られた人ばかりです。
女性との出会いはほとんどありません。
仕事中、本当に孤独を感じます。

希望職でないのに、子供の頃から周囲に気兼ねをして、今の家業をするようになりました。
毎日自分に、昨日も言い聞かせた冗談を言って気を紛らわしています。

若いときは、一人でもさほど寂しく感じたことは無かったのですが、最近は寂しさと孤独感を感じます。

ふとしたことから、言いようのない不安感と孤独感に襲われることがあります。
体調を崩したとき、孤独死のニュースを目にしたとき。

40代独身で友達がいない

この年齢になると友人と交流する機会もなく、休日は独りで過ごし、生活にも張り合いがありません。友人作りが苦手です。

昔から、割と人間づきあいが希薄な生活をしていました。中学生ぐらいまでは普通に、人並みに人付き合いがあったと記憶しているのですが、高校生ぐらいから、どうも人間づきあいをあまりしなくなってしまいました。
かといって、全く気を許す相手が出来ないというわけでもありません。男女問わず心が通じる相手も少しは出来るのですが、あまり深い関係になることもなく、いつの間にか疎遠になってしまいます。

最近、友達ともなかなか会えず寂しい日々です。

今48歳です。この年齢になるといろいろな方との出会いが少なくなってきた感じがします。

40代独身で不安

最近、身の回りで孤独死が起こって、他人事じゃない気がしています。以前はあまり気にならなかったのですが、風邪をひいてひどく具合が悪い時に一人暮らしだと不安になります。
男性の一人暮らしだからでしょうか?女性の方は不安になったりしないのでしょうか?

縁がなかなかなく、この年まで独身のままですが、将来の事を考えると非常に不安です。

いつまでも独身でいることに不安を感じます。一度しかない人生ですから、よかったと思えるものにしたいですね。

40代未婚でつらい

最近、気が短くなってきたように感じています。地下鉄やバスが来ないと、もうイライラ、心の中で叫んでいます。エレベーターもそうです。人にあたるとかの迷惑行動はしないのですが…。
こうなると心理学的な要素で考えた方がよいかもしれません。「加齢による悪い点が出てきた。気をつけましょう」。これでよいでしょう。短気は損気といいますから。

何年か前に自分のルーツ探しをした時から、自分の感情とは全く別の視点からの想いを持ち始めました。
先祖代々続いてきた家系を、自分の代で終らせていいのだろうかということ。更には、先祖から引き継いだ墓地が無縁になってしまったなら、今後誰が守ってゆくのかということについて、私自身の責任として真剣に考えています。
答えは見出せてはいません。でもまだ、家系が存続することを自分から諦めて、放棄したわけではありません。今後、いつかどこかで、良いご縁があるかもしれませんし……、無いかもしれませんし……。

お独り様会会員様の寄稿から抜粋しています。

お独り様会
独身の「友達」を作ることから始めませんか

独身者限定で、同性・異性の友人作りを目的とした会です。

未婚・離婚・死別の方々が「友達をつくりたい」「結婚相手を見つけたい」「同じ独身の方と気持ちを共有したい」などの目的で入会し、会報、LINE、オフ会、オンラインコミュニティサロンなどを通して日々交流しています。

会費:月額1,980円
20~34歳の女性は無料
詳しくはお独り様会