「おひとりさま」という言葉の意味について

おひとりさまとは-イメージ

私たちが何気なく使っている「おひとりさま」という言葉。
よく考えてみると、対象者やその時々によって、その意味合いが異なっています。

「おひとりさま」の語源や意味について、当会の名称に使っている「お独り様」とともに、改めて考えてみました。

「おひとりさま」の意味や語源について

「おひとりさま」 辞書の意味は

Weblio 辞書による「おひとりさま」
①飲食店などに一人で訪れる客を指す表現。主に店側が用いる言い方。
②婚期を逃した女性を指す言い方。いわゆる「行かず後家」のことであるが、独身を謳歌しているというニュアンスを込めて用いられることもある。

①の飲食店での表現は、確かに、1人でレストランに入店した時、「おひとりさま、お席にご案内します」と案内されます。
これは、独身、既婚に関係なく、漢字を使うと「お一人様」になるのではないでしょうか。

②については、「おひとりさま」は女性に対して使うというイメージを持つ方もいるようです。
②の後半、「独身を謳歌している」というイメージは、男女に関わらず「ひとりの時間」を楽しむという意味で、広く使われているように感じます。私が持っていたイメージもこれに近いです。

自立した女性を指す「おひとりさま」

おひとりさま-岩下久美子著
「おひとりさま」という言葉は、フードジャーナリストで日本のストーカー研究の第一人者だった岩下久美子さんが提唱したといわれています。

2001に出版された著書「おひとりさま」(中央公論新社)で以下のように定義しました。

(1)「個」の確立ができている大人の女性
(2)“自他共生”していくための、ひとつの知恵
(3)仕事も恋もサクセスする為の、身につけるべき生き方の哲学
(4)individual
(5)通常は、1人客に対する呼称

引用:図解で納得 活況!おひとりさま(毎日新聞)

岩下さんは、1999年に「おひとりさま向上委員会」という団体を設立。その後、「おひとりさま」という言葉は2005年、流行語大賞にノミネートされるなどし、広まっていきました。

岩下さんが提唱した言葉には、独身、既婚に関わらず「自立した女性」というポジティブな生き方や哲学が込められていると思います。

「おひとりさまの老後」等の「おひとりさま3部作」の著者・上野千鶴子さんは、岩下さんの提唱した「おひとりさま」について、以下のようにインタビューで答えています。

「おひとりさま」はネーミングの勝利です。「お」と「さま」をつけるだけでイメージは変わります。

引用:おひとりさまが楽しく過ごすコツ…上野千鶴子さん「さみしいと言えることが重要」(DANRO)

ドラマでも使われた「おひとりさま」

以前、テレビドラマでも「おひとりさま」というタイトルの番組が放送されていました。
33歳の独身女性が主人公です。

「おひとりさま」は、2009年10月16日から12月18日まで、TBS系列の金曜ドラマ枠で放送。主演は観月ありささんでした。
主人公の女性教師が、10歳年下で「草食系男子」と呼ばれる一人の男性に惹かれていく、いわゆる「格差恋愛」にスポットを当てたラブコメディです。

参考:TBSおひとりさま オフィシャルサイト Wikipedia(おひとりさま)

お独り様会の「お独り様」について

当会の名称「お独り様会」は、「おひとりさまかい」と読みますが、お独り(おひとり)という単語を使い、当会独自の意味を込めています。

この「お独り様」は、独身者のことを指しています。
独身者は、男性、女性に関わらず、未婚の方、離婚された方、配偶者と死別された方が含まれています。
独身者といっても、さまざまな立場の方がいますが、「独身」という共通点をもつ方たちが、イベントや会報誌の交流を通して出会い、想いを共有し、同性や異性の友達を作ることを目的としています。

一般的には、「おひとりさま」を当会の「お独り様」のように、「独身」という意味で使っている方も少なくないと思います。

まとめ

以上をふまえて、「おひとりさま」という言葉は、大きく以下の意味にまとめられるのではないでしょうか。
異なった使い方が4つもありますが、場面や使う人によって変わってくると思います。

  1. 独身、既婚、男女に関わらず「ひとり時間」を楽しむ人
  2. 自立した女性
  3. 独身者(未婚、離婚、死別の全てを含む)
  4. レストラン等でお客様を案内する際に使う